浦沢直樹×手塚治虫『PLUTO』が初のアニメーション化!<制作決定 PV>が公開!2023年Netflixで独占配信!

pick-up アニメ・コミック インタビュー・コメント オススメ



<漫画の鬼才>浦沢直樹と<漫画の父>手塚治虫
国内外の漫画賞受賞の『PLUTO』がNetflixで初のアニメーション化



エンターテイメントに特化した世界最大級の動画配信サービスを提供するNetflixは、この度、漫画『PLUTO』をアニメーションシリーズ化し、2023年に独占配信する。





『20世紀少年』、『YAWARA!』、『MASTERキートン』(脚本:勝鹿北星・長崎尚志)など数々のヒット作を生み出している鬼才・浦沢直樹が漫画の父と称される手塚治虫が生み出した『鉄腕アトム』の一篇『地上最大のロボット』(1964年)を原案に、長年作品を共につくってきた長崎尚志をプロデューサーに迎え、葛藤しながら描き上げた傑作『PLUTO』(2003年)。


PLUTO (1) (ビッグコミックス) 



人間と高性能ロボットが完全に共生する近未来で起こる上質なサスペンスドラマは、手塚治虫文化賞マンガ大賞をはじめ、2011年アングレーム国際漫画フェスティバルにてインタージェネレーション賞を、その他ACBDアジア賞を受賞するなど国内外高い評価を得た。2015年に舞台化され、2018年には好評につき再演を果たし、日本はもちろん、イギリス、オランダ・ベルギーと欧州ツアーも敢行された。多くのファンに映像化を待ち望まれていた作品がついにアニメとして表現される。

誕生から20年となる『PLUTO』がアニメ化されるにあたり、原作者の浦沢直樹は「今回のアニメ化に挑むスタッフの皆さんの勇気に心から拍手を送るとともに、新たな「心の作品」の誕生に心躍っています。今こそ手塚治虫さんのメッセージが世界中に届きますように」と自らの創作時を振り返りながら、世界へ「PLUTO」を届けることに期待を寄せた。

さらに原作プロデュースを手掛けた長崎尚志は「『PLUTO』はその手塚哲学を受け継ぎ、ただ反戦を訴えるのではなく、そこには痛みがともなうこと……それでも平和しかないということを世に問いたい作品なのだ」と物語に込められた想いに触れた。

そして、父・手塚治虫の意思を引継ぎ本作の監修を務める手塚眞氏は「これは新しい浦沢アニメであると同時に、新しい手塚アニメでもある。アニメの進化形をどのように見せてくれるか、とても楽しみだ」とアニメの新たな1ページに期待を寄せた。

アニメ化にあたり、制作プロデュースをジェンコが、アニメーション制作をスタジオM2が担当。映画『この世界の片隅に』で国内興行収入27億円を記録し、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞や第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞など数々の映画賞に輝いた、企画・プロデューサー陣が再集結。エグゼクティブプロデューサーとして真木太郎、丸山正雄が名を連ねる。真木太郎は(株)ジェンコを創設以降、プロデューサーとして25年に渡り日本のアニメビジネス全体を牽引してきてきた人物。「PLUTO」についても「鉄腕アトム」同様、日本アニメ史に残る1作だと確信している。そして丸山正雄は、かつて手塚治虫が設立した(株)虫プロダクションにてキャリアをスタートさせ、その後マッド・ハウス(「ワンパンマン」、「ちはやふる」)やMAPPA(「呪術廻戦」、「坂道のアポロン」)など業界屈指のスタジオを設立し、これまでの浦沢直樹原作のアニメ化作品のプロデューサーを務めてきた人物。手塚治虫と浦沢直樹、2大クリエイターの才気に間近で触れてきた丸山が原作の魅力を120%引き出す。









『PLUTO』<制作決定 PV>が公開!




合わせて、本作の制作決定PVも公開。物語の主人公であるユーロポールのロボット捜査官・ゲジヒトと、彼が追うある事件に関わるアトムとウランという二人のロボットも登場。いったいどのようなドラマが描かれるのか期待が高まる映像となっている。

そして、映像に登場したキャラクターたちを演じるキャストも明らかに。ゲジヒト役にはスパイ映画の金字塔『007』シリーズや映画『ナイブズ・アウト』シリーズで好演を博したダニエル・クレイグの吹き替えを担当している藤真秀が、アトム役には「SHAMAN KING」(2021)の主人公・麻倉葉や「けいおん」の秋山澪など幅広い演技経験を持つ日笠陽子が、そしてウラン役は「マクロスΔ」にてヒロインのフレイア・ヴィオンを演じ、今年歌手活動5周年を迎えた鈴木みのりが抜擢された。

さらに、3月25日(土)と26日(日)に東京ビッグサイトにて開催される「AnimeJapan 2023」に原作者の浦沢直樹が初参加することが決定! 3/25(土)の「BLUE STAGE」にて実施の「ネトフリアニメ スペシャルステージ」に浦沢直樹を始め、手塚眞、日笠陽子、鈴木みのりが登壇。アニメ化解禁後初となる、公の場にて浦沢直樹の口から何が語られるのか? 是非ご期待ください。また、「PLUTO」以外の2023年配信開始となる期待の新作発表も予定。(「ステージ応募権付入場券 」の販売は2月23日(木・祝)まで)

手塚治虫から浦沢直樹、漫画というエンターテインメントの中で読者へ問われたのは<争いへのアンチテーゼ>とも言える。争いの先にある勝利とその虚しさ、アニメーション「PLUTO」は混迷の時代である今、私たちが刮目すべき作品と言えるだろう。






■コメント(全文)





浦沢直樹

60年前の発表以来、その言いようのない切なさに私の心が揺さぶられたように、多くの人の「心の漫画」となった「鉄腕アトム」の挿話「地上最大のロボット」。
この作品のリメイクがいかに難事業かを身をもって知る私は、今回のアニメ化に挑むスタッフの皆さんの勇気に心から拍手を送るとともに、新たな「心の作品」の誕生に心躍っています。
今こそ手塚治虫さんのメッセージが世界中に届きますように。




長崎尚志

60年前、『PLUTO』の原作『地上最大のロボット』が誕生した。
最強の戦闘能力を持つロボット達が競う物語だったが、これまでのアトムにはこの手の対戦形式の作品はなく、当時の少年達は熱狂した。アトムファンというより『地上最大のロボット』ファンの誕生だ。その渦中にいた私は、この作品が単に誰が強いかを描いた作品ではなく、もっと深い何かを伝えたいのではないか、と感じていた。そして『PLUTO』に挑んだ時、答えが出た。手塚治虫は預言者だったのだ。現代、我々が直面している戦争とは、東西の文化や考え方の違いを理解し、尊重しなかった結果である。『PLUTO』はその手塚哲学を受け継ぎ、ただ反戦を訴えるのではなく、そこには痛みがともなうこと……それでも平和しかないということを世に問いたい作品なのだ。





手塚眞

ついに、やっと、『PLUTO』がアニメになる。いつかこれは映像にされるべきだと思っていた。
何度も企画が立ち上がりまた消えていったのは、その内容の難易度の故だ。確かにハードルが高い。
しかしだからこそ挑戦のしがいがある本物中の「本物」だ。
そしてこれは新しい浦沢アニメであると同時に、新しい手塚アニメでもある。
アニメの進化形をどのように見せてくれるか、とても楽しみだ。






■「AnimeJapan 2023」ネトフリアニメ スペシャルステージ情報

  • 日時:3月25日(土)11:20~11:50
  • 場所:東京ビッグサイト「AnimeJapan 2023」会場内 BLUE STAGE
  • 登壇者:浦沢直樹、手塚眞、日笠陽子、鈴木みのり(予定)
  • お申込み:https://onl.la/dmHNnsUにて

※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。

■関連作品情報:https://www.netflix.com/title/81409869









【作品情報】

【スタッフ】
■原作:『PLUTO』浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション(小学館 ビッグコミックス刊)
■アニメーション制作:スタジオM2
■制作プロデュース:ジェンコ

【キャスト】
ゲジヒト:藤真秀/アトム:日笠陽子/ウラン:鈴木みのり

【配信表記】
Netflixシリーズ「PLUTO」2023年独占配信

【WEBサイト】
■作品公式サイト:https://pluto-anime.com
■Netflix作品ページ:www.netflix.com/pluto

【作品公式SNS】
■Twitter:https://twitter.com/pluto_anime_

【原作コミックス情報】
2003年から2009年にかけて雑誌『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載され、2004年より単行本を刊行(全8巻)。全世界累計発行部数は1,000万部を突破。世界18の国と地域で翻訳出版され、世界中に愛読者を持つ。
人とロボットが共存する社会。世界で最も優秀なロボットが次々に暗殺される怪事件が発生する。
真相を追うロボット捜査官ゲジヒトとアトムは、やがて世界を破滅へと導く史上最悪の憎しみの存在に気づく……『鉄腕アトム』(著:手塚治虫)に描かれた『地上最大のロボット』をもとにリメイクした本作は、壮絶にして悲しきロボット叙事詩となった。
第9回手塚治虫文化賞マンガ大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、第41回星雲賞コミック部門受賞をはじめ国内外で数々の賞に輝いた。




2023年 Netflixにて独占配信!





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − 15 =