「ガチすぎて、もうドキュメンタリーはいいです…」『三茶のポルターガイスト』公開記念!海老野心&石川翔鈴単独インタビュー&サイン入りポスター・プレゼント!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 俳優インタビュー



ついに本物の幽霊の撮影に成功!
サイゾー・ホラー第4弾、初のドキュメンタリー映画
『三茶のポルターガイスト』3/24(金)公開



信じられないものが、撮れてしまった。『真・事故物件/本当に怖い住民たち』で映画制作プロジェクトをスタートしたサイゾーによるホラー映画プロジェクト第 4 弾、初のドキュメンタリー映画『三茶のポルターガイスト』が、エクストリーム配給で、2023年3月24日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他にて全国ロードショーされる。

この映画の公開を記念して、「cowai」では、本作の舞台となる、いわくつきのビルで“こっくりさん”を行い、心霊現象を体験した女優の海老野心(『真・事故物件』シリーズ)と石川翔鈴(『オカムロさん』)に単独・対談インタビューを敢行!ホラー通の海老野をして「もうドキュメンタリーはいい」と言わしめたホラー・ドキュメンタリー撮影の壮絶な舞台裏を明かしてもらった。

さらに抽選で三名様に、海老野心、石川翔鈴、この後インタビュー記事掲載予定の角由紀子、横澤丈二(本作の舞台となるヨコザワ・アクターズ・スタジオ稽古場の代表)、後藤剛監督のサイン入りポスターをプレゼントします(応募方法は記事の後半に掲載)。

次回の角由紀子、横澤丈二、後藤剛監督のインタビューでは、本映画の原作で、横澤氏の著作「日本一の幽霊物件 三茶のポルターガイスト」(幻冬舎文庫)を三人のサイン入りで、プレゼントします。







信じられないものが、撮れてしまった。
あなたは本物の幽霊を見る勇気ありますか!?
『三茶のポルターガイスト』予告編





これが本物のポルターガイスト! これぞカメラが捉えた世界最高の幽霊映像!
この衝撃の真実をあなたの目で確かめてください。

※この映画の心霊映像には CG、編集など一切手を加えていないという。








「ガチすぎて、もうドキュメンタリーはいいです……」
『三茶のポルターガイスト』公開記念
海老野心&石川翔鈴単独・対談インタビュー


海老野心 石川翔鈴



――海老野さんは『真・事故物件/本当に怖い住民たち』以来、エクストリームというか、サイゾー・ホラーの常連ですね。

海老野心 今回は素の海老野心で出演させていただいたんですけど。『真・事故物件』見てくださった方には、私の悲鳴でその怖さが伝わるかなと思ってます(笑)。

――今回はお芝居ではなく、リアルな事故物件です。

海老野 三茶の危ない所に、若い女の子2人が何も知らずに足を踏み入れて、こっくりさんをやって、聞いてはいけない音を聞いてしまった……という。


©️2023 REMOW




――ホラー・ドキュメンタリーは初めてですか。

海老野 見たりはするんですけど、出演は初めてです。

――どんな作品を見るんですか。

海老野 『ミッシング・テープ』とか。

――またマニアックですね(笑)。

海老野 私あれが好きで。ちっちゃい頃からドキュメンタリーはよく見てて興味があったんです。だから「こうやって撮影してたんだ」とか、出演者側としては裏側も見れてうれしかったですね。

――1回やってみたかった?

海老野 はい、やってみたかったですけど…。やった後は、やりたくなかったです(笑)。

――それは何か理由が

海老野 実際に(三茶で)体験した内容が濃すぎて、怖すぎて……。逆に怖すぎてこれって偽物なんじゃないかって疑いたくなるぐらいの内容だったので……。なんか知らなくていいことってあるんだろうなって思いました(笑)。

――やっぱり本物なんですか?

海老野 本物だと思います。信じたくはないですが。

――これまでの、お芝居をするホラー映画とは違いますか。

海老野 そうです。違う種類じゃないですか、同じホラーでも、こういうのは。『真・事故物件』のような作品として作られるホラーと、リアリティというかドキュメンタリーのホラーって、やっぱり違いますよね。こっちは何か「人間を削ってくるな」って感じがしましたね。

――消耗が激しい

海老野 もう、どっと疲れが来るじゃないですけど。上映時間自体は『真・事故物件』と同じぐらいでしたけど、なんだろう観た後の気持ちとかが違うんじゃないのかなって。劇場で見ると、たぶん疲れると思うので、その後の予定は空けておいた方がいいと思います。





――石川さんは『オカムロさん』でホラー初出演だったんですが、どんな役柄だったんですか。

石川翔鈴 はい。冒頭のキャンプのシーンで、大学生がワチャワチャ、キャンプを楽しんでいる時に、オカムロさんが来て、最初に首を斬られるんです。私は唯一、オカムロさんの姿に気づかないで死ぬ役で、他のみんなは叫んだり、怖がったりって芝居があったんですけど、私は笑ってる時に首を斬られてしまうので。首が転がったときもずっとその笑ったままの表情で頭が落ちるという、ちょっとシュールな画の美味しい役だったんです。

――ホラーはお好きですか。

石川 私、ホラーめっちゃ苦手で。

――海老野さんとは対照的ですね(笑)。

石川 海外のホラー映画は見れるんですよ。ちょっと非現実的な感じがするので。でも日本のホラー映画はずっと苦手でした。
…でも、(海老野)心ちゃんが出てるからっていう理由で、『真・事故物件』を見に行ったらすごく面白くて、私3回も映画館で観たんですよ(笑)。

――ハマってしまった?

石川 はい。もう毎回自分でチケット買って、「私、ホラー好きかも」と思った矢先に、『オカムロさん』にも出られたので、うれしかったんです。

――その『オカムロさん』を経て今回『三茶のポルターガイスト』にオファーがあった?

石川 最初に「今度、『三茶のポルターガイスト』っていう映画を撮ります」ってだけ言われて、それが撮影日の2日前(笑)。

海老野 私も(笑)。

石川 でも「またホラーに出られる!」と思って、何も考えずにルンルンで行ったんですけど……ドキュメンタリーのオファーは今後ちょっと受けるかどうか考えようって(苦笑)。

――やっぱりいろいろ体験されたんですか。

石川 そうですね…。あんまり意識したことなかったのに、あれ以来怖くなりました、街自体が…。
三軒茶屋ってお仕事する時にたまに通ったりとか、何気なく乗り換えで使ったりする駅だったんですけど。なんか…これからは、ちょっと避けたいなって思うようになりましたね。












「半泣きイライラだったよね、「もう帰らせてくれ!」って」(海老野)
「怖さの限界で、「なんでこれやってんの!」みたいな」(石川)





――お二人は撮影二日前にオファーを受けたんですが、台本はあったんですか。

二人 ないない

石川 概要もなくて。

海老野 何をしに行くんだろうって。

石川 「何時に三軒茶屋の駅集合です。こっくりさんをします」だけだったよね。

海老野 はにゃ?って(笑)。

石川 ルンルンで行ったら、これでした。

――こっくりさんはやったことは?

海老野 ないです

石川 初めてですよね。「やっちゃいけないもの」だっていうのを、なんかずっと聞いていたので、やってみようって思ったこともなかったです。

海老野 私も存在は知ってましたけど…やったことはないです。


©️2023 REMOW




――いきなり現場で、こっくりさんを教えられたんですか。

二人 そうです。

石川 始める前に、角(由紀子)さんが「この押さえているコインから絶対に指を離すな」って何回も言ってきたんですよ。だから私達は(絶対に離しちゃいけない。離したら連れて行かれる)ぐらいの覚悟でやってたのに……そこで起きた現象に驚きすぎて、2人とも指が離れたんです(笑)。

海老野 そう。笑えないけど。

石川 あわてて手を戻したんですよ。そしたら角さん、「ああ、離しちゃった…」って言って。でも、すぐに「大丈夫、大丈夫、大丈夫」って(笑)。私、(えっ、何が大丈夫なの、嘘つかないで)って思って(笑)、もう怖さの限界でちょっとイラッとしました。

海老野 どこに「大丈夫」の根拠があるのって(笑)

石川 さっきまであんなに「絶対やばいから」って脅してきた角さんが「大丈夫、大丈夫、落ち着いて」って、もう1回私達に普通にこっくりさんを続けさせるのが意味がわからなくて。

海老野 半泣きイライラだったよね、「もう帰らせてくれ!」って思いました(笑)。

石川 仕事だからやらなきゃいけないけど、でも怖いし、「なんでこれやってんの!」みたいな(笑)

海老野 「もうお帰りください」って早く言って!って。

石川 これ以上怒らせないで角さんって。











「霊感はないと思っていたんですけど…開花したかも」(石川)

「ガチの事故物件に鳥肌。霊媒師さんから数珠をもらって…」(海老野)

舞台となったヨコザワ・アクターズ・スタジオの稽古場 ©2023 REMOW




――海老野さんは、『真・事故物件』のロケ現場でも不思議な体験をされていますが、今回のガチの現場ではいかがでしたか。

海老野 プロデューサーさんから、ビルに入る前に「このビルでは何々が出て」っていう話を叩き込まれたんです。でも内心「どうせ、嘘じゃん」って思っていて。でもビルに入った時、怪しいというか何か違和感を覚えたんです。で、例の部屋に入った途端、すごい異様な空気を感じて、「これがガチなものなのか!」って。
こっちは映画で事故物件を作ってたけど、これこそリアルな事故物件なんだ、本当にやばいものなんだなって感じ取った時に、めっちゃ鳥肌立ちました。なんかもう、ずっと頭が痛くなってきちゃってる。





――石川さんはどうですか。

石川 私もこっくりさんの撮影中に左肩が異常に重くなって……。私、霊感とか一切なくて、少し前まで、霊感ある人に半信半疑でちょっと馬鹿にしてたみたいな感じだったんですけど、あのビルに入ってから、本当に左肩が重くて痛くなって。こっくりさんが始まってからそうなったんですよ。「心…、なんか左肩が痛い…重たい」って。やっと、こっくりさんが終わって「お帰りください」を言った後に、「はあ…」って落ち着いていると、いつのまにか肩が楽になった。肩こりじゃなくって、急に肩が重い痛いって感じて、怖かったです。

――海老野さんはビルに入った時から何かを感じたようですが、石川さんはこっくりさんを始めてからですね?

石川 最初、私、まったく感じなくて。ビルに入った時も、心が「線香の臭いがする」って言ったんですよ。でも私は「何言ってるの?鼻になんか入ってんじゃない?」って相手にしなかったんです。なのに撮影が始まって、こっくりさんしてる時に、肩の重さと共に、本当に途中から線香の匂いがしてきたんです。ラベンダーっぽい線香の匂い。「はっ、わかるかも」って。その話を角さんにしたら、20歳までに心霊体験がない人や、自分の身で感じない人は、20歳以降も感じないよって言われて。私、19歳なんですけど、19歳にして開花したかもしれません。





――20歳までぎりぎりで。

海老野 感じてしまった(笑)

石川 今日、この取材を受けた日から、あと1ヶ月で20歳になるんですけど、そこでもっと何かが起きてしまうかもしれない。

海老野 やばいよ、気をつけな。

石川 慎重に行動したいと思います。映画の公開日(3/24)もまだ19歳なので。

――海老野さんは『真・事故物件』の時、“お清めスプレー”のような除霊グッズを使っていたことを話されていましたが。

石川 うん、“お清めスプレー”買っとこ、買っとこ。

海老野 『真・事故物件』の1の公開の時に、映画の宣伝のお仕事で心霊スポットに行かないといけないことがあって、霊媒師さんも一緒に来てくださって。その霊媒師さんから「あなた、上半身に憑きやすいから、気をつけて」って言われて、お清めのスプレーいただいたんです。
だけど帰り際に、霊媒師さんから「お清めスプレーだけだとなんか不安だから、私が持ってる数珠をあげる」って。

石川 怖っ!

海老野 もう、そんな人に言われたら。

石川 やだぁ!

海老野 結局、数珠もらったんですよ。一緒に現場行ってた、もう1人の女の子は何ももらってないんですけど、私だけ霊媒師さんから渡されて、私も「(震えて)…はい…」って。それからずっと持ち歩いてはいるんです。だからか今のところ大きな被害はないですけど。

石川 鳥肌立ってる…。

海老野 でも怖いのが、その時いただいたお清めスプレーの中に今、“黒い点”があるんです。

石川 なにそれ…。

海老野 このぐらいの(手の親指と人差し指の隙間)。

――けっこう大きいですね

海老野 私、容器の中は絶対開けてないんですよ。調べたら、“お清めスプレーをむやみに使うのは良くない”“使い方もしっかりしてないと意味がない”っていうのを聞いたので、あんまり使わないようにして、テレビの前に置いておいたんです。そうしたら、ある日突然、容器の中に黒い何かが入ってて。

石川 かびるわけないしね

――なんか呪術物みたいな。

海老野 そう、今でも不思議なんです。

石川 今も置いてるの?

海老野 うん、置いてる。

石川 いやぁ…。

海老野 どうしたらいいかわかんないでしょ。

石川 捨てるわけにもいかない?

海老野 勝手に捨てるのもよくないし。

――でも、そのおかげで、こっくりさんが大事にならずに済んだんじゃないですか。

石川 確かに。

海老野 よかった。数珠は持ち歩くようにしてます。

――数珠と除霊スプレーって…若い人が常備するものじゃないですね(笑)。

海老野 そうですね、「あんた、気をつけな」って。霊媒師さんがいきなりここ(手首から)数珠を外して。

石川 いやあ…。

海老野 怖かった。

石川 でも、こっくりさんの時、私、ずっと心の横にいたんで、そのグッズに守ってもらったのかもしれない。

海老野 そうそう。

石川 ありがとう。あの時は、もうなんか逃げたかったんだけどね。

海老野 ほんと今すぐ帰りたかった。早く終わらせてくれって。

石川 映画の中で唯一、悲鳴がずっと聞こえるシーンだったし。
ちょっとうるさいって感じちゃうかもしれないんですけど、多分私達世代の女の子は誰しもがこの現場に遭遇したら絶対こうなると思いますよ

海老野 うん。












海老野「こっくりさんで思わず指を離してしまった時、この世の終わりだと思いました」

石川「死因はこっくりさんで、ニュースに出られたら……」




――一緒にこっくりさんをした角さんは冷静で堂々としていましたね。

海老野 なんか安心感やばすぎて。経験値がすごい。

石川 こっくりさんの撮影の後、真夜中の神社にも行ったそうですよ。

©️2023 REMOW




石川 この作品って、たぶんホラーをあんまり知らない方が見ると、私たち以外、みんな落ち着きすぎてて、ヤラセだって思っちゃうけど、そうじゃないんですよ。本当に現場もガチで。でもそれくらい角さんが常に落ち着いてらっしゃるので、私たちも時々ちょっと冷静に戻れるんですよね。角さんを見て安心できるのもあって。たぶん角さんがいなかったら、私たちは泣きながら「ごめんなさい」って謝って、現場を飛び出していた可能性があるので、本当にありがたいですよね。

海老野 なんかこういう方がホラーを愛し、ホラーに愛されているんだなって思いました。

――逆に、お二人ぐらいのリアクションの方が、一般の人は共感できると思いますが。

石川 あれがリアルな反応ですよね。劇場の大きいスクリーンで見るとお客さんもその空間にいるような、もう叫んでもいいくらいの臨場感があると思うので、ぜひ一緒に来た気分になってほしいですね。うん、なんならスクリーン見ながら指出してもらって、一緒にこっくりさん楽しんでもらえたら、もっと怖くなると思います。

――でも、バラエティ番組でも、こっくりさんやって、本当に指を離した人は初めて見たと思います。

石川 ないですよね。

海老野 ほんと(ため息)。


この後、悲劇が…… ©️2023 REMOW




石川 予想外に動くんですよ。何かの言葉を伝えたいのか、どっちに動くかもわかんなくて……私達もずっと腕がプルプルなんですよ。一時間近くずっとあのコインを指で押さえてやってるので、腕もほとんど感覚なくて、びっくりした時に、思わず離しちゃって。焦って戻すんですけど、もう遅かった。

海老野 うん、時既に遅し。

石川 その時の焦ってる顔も見てほしいです。

海老野 この世の終わりだと思ったよね。

石川 終わり終わり。本当に終わり。

海老野 ああ、もうこういう運命なんだって思った。

石川 うん

海老野 これで自分の身に何が起きても、「自分のせいだ、あの時指を離してしまった自分が悪い」って思いました。

石川 でも、作品に、死ぬ前の姿が残ってるんならいいかなって。

海老野 まあね。

石川 最期の姿を(映像に)遺せて。死因は……

二人 こっくりさん(笑)

石川 ニュースで、死因はこっくりさんで指を離したから…って出してもらえるかな。
今はまだ落ち着きましたが、当時は本気で怖かったです。覚悟しましたよね、あの指を離した数秒で。

海老野 心霊体験とか、エクストリームさんと関わらせていただく前は、私、何もなかったんですよ(笑)。「え?霊感?そんなの思い込みでしょ。お化けなんていないいない。いたとしても、そんなタイミングよく現れるもんじゃないでしょう」って。おかげさまで、イヤになるぐらいいっぱいありました。

石川 私も霊感ないし、そういうのを全く信じていなかったので、もう夢の世界です。だから私みたいに思ってる人にぜひ見てほしい。ちょっと概念変わります。

海老野 逆にもっとちゃんと見えるようになりたいって思いますね、今は。

石川 そう、見えないから怖い。

海老野 中途半端だから怖すぎて……。友達に、真っ黒の影が見える子がいるんですよ。本当、渋谷とか歩いてる人いっぱいいるんだって。透明に見える人とか、頭だけ見える人とか、いろいろ種類があるらしいです。

――頭だけ見えるんですか。

海老野 そうみたいですよ。頭だけとか、顔だけが見える人とか、上半身だけ、下半身だけ見える人、で、真っ黒に見える人がいて。正直、めっちゃ馬鹿にしてたんですよ。「いや、嘘でしょ。どうせ盛ってんだろう」って思ってましたけど、最近はもう見えた方が楽なんだろうなって。今は、見えないがために、音に敏感になっちゃうし。音が本当に怖い。





石川 何かああいう自分の世界が狭くなってる時に、音が近くで聞こえる。

海老野 そう。

石川 すごいもう真後ろとかで聞こえてる感じで、実際にどこから音が鳴ってるのかが定かじゃないからこそ怖くて。でも角さんは「あ、今あそこで鳴った」って状況を把握してたので、やっぱりああいう怖い現場に遭遇したら冷静になることが大事なんだなって学びました。できるかは別として。





海老野 まあ、すごい貴重な経験をさせてもらいましたね。

――この体験が生かされるといいですね。今後やってみたい仕事があれば

海老野 ドキュメンタリーはしばらくいいかな…(笑)。もう、ガチすぎて。

石川 特にホラーはね。

海老野 映画なら…『真・事故物件』の撮影がすごく面白かったので、また違うタイプのホラー映画にも出てみたいなって思いました。それこそ『カラダ探し』とか、ホラーなんだけど、すごい青春が混じってて好きだなって。ああいうかわいいホラーをもっと。私のホラー、どす黒すぎて(笑)。


『真・事故物件パート2/全滅』©2022 REMOW




海老野 でもエクストリームさんにはすごいお世話になってるので、ぜひ今後も貢献させていただければと。これ以上私の身には何も起こらないことを願いつつ、がんばりたいと思います。

石川 私もまたホラーはやってみたいですね。まだ経験が浅いので、ちょっと怖いんですけど、『真・事故物件』のような、血のりを大量に使ったホラー映画の撮影に参加してみたい。『オカムロさん』は、首を斬られるシーンも、血はすべてCGで、現場では本当に血のりを一切使わない撮影だったので。だから自分がホラーの撮影をしたのかもわからない状況だったんですよ。初めて試写を見て「うわっ、すごい血出てる!」みたいな感じで。それはそれで楽しいんだけど、心ちゃんの現場のように、血のりだらけの現場も経験したいですね。

海老野 いや、血のりはもういいよ(笑)。

石川 撮影、大変だったって。血のりが何日も落ちなかったとか。

海老野 大学の授業もそのまま行ったもん。血のりはもういい(笑)。殴られて、口からペッぐらいがちょうどいい量(笑)。

――最後にメッセージを。

海老野 最初にも言いましたけど、こっくりさんの体験が濃すぎて、怖すぎて…。私の悲鳴で、ガチの怖さが伝わるかなと思ってます。
私たちのこっくりさん以外にも、見どころがたくさんあって、今まで見てきたホラー系のドキュメンタリーやホラー映画ともまた雰囲気が全然違うと思いますね。そういう作品が好きな方は絶対に楽しめるし、「本当にいんのかよ」って半信半疑の方もぜひ見に行ってほしいです。
1回見て、何かちょっと違和感を感じたら、2回目で発見があるかもしれない。気づいたことがあれば、何分何秒の右側に注目してくださいとか書き込みしてください。

石川 ホラーが好きって思ってた人も、この作品でもしかしたら苦手になっちゃうんじゃないかなっていうくらい、人によってはトラウマ級の怖さだと思います。帰り道はちょっと周りを警戒しちゃうような、1人じゃなくて誰かと見に来た方がいいよっていう助言だけしておこうと思います。
霊感ないと思ってた人も、この映画を見て目覚めちゃうかも。「なんで、あそこの人たちは反応してないの、えっ、俺だけ見えてんの?」みたいな。霊感ある方はぜひ隅々まで見て、「ここにこんなのがあった」とか教えてほしいなって思いました。

――ありがとうございました。










【読者プレゼント】
『三茶のポルターガイスト』公開記念
海老野心、石川翔鈴、角由紀子、横澤丈二、後藤剛監督の
サイン入りポスターを抽選で3名様にプレゼント!


本ビジュアル


<応募方法>

応募締め切りは2022年4月1日(土)
応募方法は、WEB映画マガジン「cowai」twitter公式アカウント(@cowai_movie)をフォローし、該当するプレゼント記事ツイート(https://twitter.com/cowai_movie/status/1639538607064231936)をRTしてください。


<抽選結果>

締め切り後に抽選を行い、当選された方に「cowai」公式TwitterアカウントよりDMで通知させていただきます。
当選品は宅急便で発送する予定です。(諸般の事情や、災害、キャンセル発生等やむを得ぬ事情で遅れる場合があります)



皆様のご応募お待ちしています!


【応募の注意点】

〇当選後に住所の送付が可能な方のみご応募ください(日本国内のみ有効)。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
〇当選品は映画配給会社よりご提供いただいたプロモーション目的の非売品扱いとなります。このため、傷や汚れ等があっても交換はできませんので、ご了承ください。
※非売品につき転売目的のご応募は禁止とさせていただきます。
〇当選のキャンセルが発生した場合は再度抽選を行う場合があります。
〇抽選結果や抽選経過に関して個別のお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。







次回予告
角由紀子、横澤丈二、後藤剛監督・単独インタビュー
本映画の原作で、横澤氏の著作
「日本一の幽霊物件 三茶のポルターガイスト」を三人のサイン入りでプレゼント











<この映画に収められた、戦慄の 10 大ポルターガイスト現象!!>


©️2023 REMOW



1.部屋中に漂う線香の臭い

2.誰もいない部屋で揺れるカーテンやスケジュール表

3.振動し、点滅する照明器具

4.壁掛け時計が吹っ飛ぶ

5.ドン!ドン!と壁を激しく叩く音や声

6.水を吹き出す鏡

7.居るはずのない人間の声と鈴の音

8.天井から突然投げつけられるボール

9.鏡の中を浮遊する白い人間の影

10.そしてついに!人間が入れるはずのない場所から白い手が我々の目前に現れた!




©️2023 REMOW
©️2023 REMOW
©️2023 REMOW











『三茶のポルターガイスト』チラシ裏面




©️2023 REMOW
©️2023 REMOW
©️2023 REMOW






『三茶のポルターガイスト』 poltergeist.jp

監督:後藤 剛
出演:角 由紀子/横澤丈二/やくみつる/いしだ壱成/海老野心/石川翔鈴 他
制作プロダクション:シャイカー/製作:REMOW/配給:エクストリーム
2022 年/日本/カラー/DCP/サイゾー映画制作プロジェクト
©️2023 REMOW




2023年3月24日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他 全国ロードショー!






【関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − nine =