浮かれたハロウィンムードをぶち壊す、ハドンフィールドの生存者による真剣スピーチシーンが解禁!40年前の惨劇がよみがえる!?全米 No.1 ヒットシリーズ待望の新作『ハロウィン KILLS』10/29(金)公開!

pick-up オススメ 映画



鬼才ジョン・カーペンターד恐怖の工場”ブラムハウス製作
全米 No.1 ヒットシリーズ待望の新作
『ハロウィン KILLS』10/29(金)公開!



全米で No.1 ヒットを記録した映画『ハロウィン』の続編となる『ハロウィン KILLS』が 10 月 29 日(金)のハロウィンシーズンに TOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開される。(配給:パルコ ユニバーサル映画)

この度、浮かれたハロウィンムードをぶち壊す、ハドンフィールドの生存者による真剣スピーチシーンが解禁された。






公式サイト:HALLOWEEN-MOVIE.JP / 公式 Twitter:@HALLOWEEN_MOV



手ぬぐい付きムビチケカードも劇場などで発売!(くわしくは公式サイトをご参照ください)





Amazonでもムビチケを発売中!

(Eメール送付タイプ。劇場購入の特典は付きません)

『ハロウィン KILLS』2021年10月29日(金)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)










浮かれたハロウィンムードをぶち壊す、
ハドンフィールドの生存者による真剣スピーチシーンが解禁!




ハドンフィールドに暮らす住人たちを巻き込み、前作以上のより大きなスケールで描かれる『ハロウィン KILLS』。

本作には、1978年版『ハロウィン』の惨劇を経験した生存者たちが再び登場する。
この度、そんな生存者の中の一人であるトミー・ドイル(アンソニー・マイケル・ホール)のスピーチシーンが解禁となった。

2018年のハロウィンの夜。
特別な夜を楽しもうと、住人たちはパブに集結。中には仮装をする人もいたり、浮かれた様子が伺える。

しかし、ステージに立ったトミーの表情はシリアスだ。
語るのは、かつてこの街で起こったある惨劇のこと。

「今夜はハロウィン。恐怖を楽しむ夜。マスクを被り別の人間になれる夜。奴は実在するのか?分からん。次の犠牲者は?いつとは知れなくとも、奴は戻ってくる。俺らを殺しに」

『ハロウィン』(78)で描かれた3人の若者が命を落とした悲惨な事件は、40年も前の出来事だが、生存した住人によってこのような形でいまも語り継がれているのだ。




画像のクリックでAmazonの紹介ページとリンクしています

ハロウィン≪4Kリマスター版≫ [Blu-ray]




当時ベビーシッターのバイトをしていたローリーに面倒を見てもらっていたトミーは「だが奴の思いどおりにはさせない。我々は恐怖に屈しないからだ。ローリーに!(乾杯)」と続ける。

ブギーマンとの戦いに覚悟を決めているのはローリーだけではない!

パブで話を聞いている客の中には、40年前最初にブギーマンに襲われた看護師のマリオン・チェンバース(ナンシー・スティーヴンス)や、当時はベビーシッターにあやされる子どもだったリンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)の姿も。

本作では、過去の大きなトラウマを背負う彼らの戦いにも期待が高まる。



(C)UNIVERSAL STUDIOS
(C)UNIVERSAL STUDIOS
(C)UNIVERSAL STUDIOS












イントロダクション

(C)UNIVERSAL STUDIOS




1978 年、鬼才ジョン・カーペンターが生み出した『ハロウィン』(78)は、32 万 5000 ドルの製作費で 4716 万ドルの全米興行収入を記録。映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出し、数多くの作品やクリエイターたちに影響を与え続けている。
その 78 年版から 40 年後を描いた正統な続編『ハロウィン』(18)は、2018 年 10 月 19 日に全米で公開されオープニング興収 7622 万ドルを記録、最終的に全米 1 億 5934 万ドル、全世界で 2 億 5561 万ドルを稼ぐ大ヒットとなった。また、興行的成功のみならず、批評家からや観客からも高い評価を獲得した。


画像のクリックでAmazonの紹介ページとリンクしています

ハロウィン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]




『ハロウィン KILLS』で監督・脚本・製作総指揮を務めたのは、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーン。キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが務め、『透明人間』『ハッピー・デス・デイ』など良質ホラー作品を量産する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム(製作)、ダニー・マクブライド(製作総指揮・脚本)ら、前作からの強力な布陣が再集結。


(C)UNIVERSAL STUDIOS Laurie Strode (Jamie Lee Curtis) in Halloween Kills, directed by David Gordon Green



主人公ローリー・ストロードを演じるのは 1978 年製作の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そしてローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックも続投し三世代でブギーマンに立ち向かう!!



(C)UNIVERSAL STUDIOS











【STORY】


過去を背負う街ハドンフィールドの住人たちが
遂に恐怖に立ち向かう!!

(C)UNIVERSAL STUDIOS



マイケル・マイヤーズは生きていたー!!
40 年におよぶローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)と“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズの因縁の戦いに決着がついたはずだった。
しかし、悪夢は終わってはいなかった。
ローリーが仕掛けたバーニングトラップから生還したマイケルは、過去を背負う街ハドンフィールドでさらなる凶行を重ねる。
恐怖に立ち向かいブギーマンとの戦いを選ぶ者、その恐怖に耐えかね暴徒と化す者。
果たして、ハドンフィールドの運命は!?
そして、物語はついにブギーマンの正体に迫り、新たな展開を迎えるー!!


HALLOWEEN KILLS


ブギーマン VS ローリーと街の住人達。誰も彼もが殺る気満々の“全員 KILLS”な死闘の行方はいかに―⁈








【作品情報】


監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:スコット・ティームス、ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作総指揮:ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作:マレク・アッカド、ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター、ダニエル・デイヴィス
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、トーマス・マン、アンソニー・マイケル・ホール
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2021 年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:HALLWEEN KILLS/106 分/R-15




10 月 29 日(金)、TOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開







【関連商品/Amazon】


『ハロウィン KILLS』2021年10月29日(金)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)




ハロウィン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]


ハロウィン [Blu-ray]


ハロウィン≪4Kリマスター版≫ [Blu-ray]


Amazon Prime Video

ハロウィン II (字幕版)


ハロウィンⅢ

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 6 =