映画『ノイズ』からのクリスマスプレゼント!? 藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が特別コメント!日常の崩壊、緊迫の本編映像が解禁!過激すぎてセリフの一部をピー音に修正!

pick-up オススメ 映画


藤原竜也×松山ケンイチ、神木隆之介が殺人の共犯に!?
絶海の孤島に入り込んだ≪サイコキラーの死体≫を隠しきれるのかー
驚愕の〈新感覚サスペンスエンターテイメント〉

投稿を表示



日本のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇る鬼才・筒井哲也のコミックを廣木隆一(『ここは退屈迎えに来て』『彼女』)が映画化。藤原竜也・松山ケンイチW主演、神木隆之介共演で描く新感覚サスペンス映画『ノイズ』が2022年1月28日(金)に全国公開される。

この度、平和な島の日常が狂い始める、緊迫の本編映像が解禁。そして映像の前後には、親友 3 人を演じた、藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が過酷な撮影を振り返る、ここだけの特別コメントも披露された。



『ノイズ』本ポスター












藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が壮絶な現場を振り返る特別コメント!
全てはここから始まる、平和な島の日常が狂い始める「本編映像」が解禁!
緊迫の1カット撮影。過激すぎてセリフの一部をピー音に修正!






今回解禁となったのは、親友3人が殺人を犯してしまう、という物語が大きく動き始める超重要なシーン。

服役していた凶悪犯の小御坂睦雄が、主人公・圭太たちが暮らす猪狩島に降り立つ。
圭太と彼の幼馴の猟師・田辺純、新米警察官の守屋真一郎の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、圭太の娘の失踪を機に、誤って小御坂を殺してしまう。
平和な日常は終わりを告げて、悪意のノイズが島中に伝播、彼らは死体隠しに奔走することになるが…。


©筒井哲也/集英社©2022 映画「ノイズ」製作委員会




本編映像の前後には、親友3人を演じた、藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介のここだけの特別コメントも収録!
凶悪犯・小御坂を演じた渡辺大知との撮影現場での過酷なエピソードも振り返っており、1カットでの緊迫のシーンの誕生の裏話を存分に聞くことができる。

そして、本編内の小御坂のセリフがあまりにも過激なため今回の解禁映像にはピー音を入れてお届け!
凶悪犯・小御坂の狂気に満ちた姿の全貌は劇場で確かめていただきたい!


©筒井哲也/集英社©2022 映画「ノイズ」製作委員会




本作のメガホンを取った廣木監督といえば緊迫感・緊張感を表現するために1カット&長回しが多いことでも知られるが、今回はソニーのVENICEという最新型のカメラを使用。
レンズを含め非常にナマっぽい画が撮れるというこのカメラで、親友3人が小御坂を殺害してしまうシーンを撮影した。

本編ではこの廣木流の長回しカットが効果的に多用されているが、それは日本を代表する役者たちの確かな演技があればこそ。
引きの画で表情をはっきりと読み取れなくてもキャラクターの感情が濃厚に伝わってくる。


果たして彼らは無事死体を隠し通すことができるのか、そして次々と増える第2、第3の死体とは?
たった一滴のノイズが、平和だった島の日常に崩壊の連鎖を巻き起こす。
<死体バレたら終わり>の新感覚サスペンス、その驚愕の結末は是非劇場でご覧頂きたい。









INTRODUCTION



原作は「予告犯」「マンホール」やフランスでACBC賞、国内では文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞している「有害都市」などを手掛け、日本のみならずヨーロッパでも絶大な人気を誇る鬼才・筒井哲也が2017年から2020年まで集英社「グランドジャンプ」で連載し、<鬼気迫る緊張感、衝撃のサスペンス!>と絶賛された全3巻のコミックだ。


ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




本作の舞台、猪狩島・復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太(いずみけいた)役を藤原竜也
そして、圭太の殺人を隠ぺいすべく死体隠しに協力する幼馴染の田辺純(たなべじゅん)役には松山ケンイチ
圭太と純の幼馴染であり幼い頃からの夢だった、故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官の守屋真一郎(もりやしんいちろう)役を神木隆之介がそれぞれ演じる。

そのほか、圭太の妻・泉加奈役に黒木華、島に突如訪れたサイコキラー:小御坂睦雄(こみさかむつお)役に渡辺大知、圭太たち幼馴染3人を追い詰める県警の刑事・畠山努役に永瀬正敏など、日本を代表する俳優陣の圧倒的な演技合戦に早くも多くの期待の声が寄せられている。






STORY


絶海にぽつりと浮かぶ孤島“猪狩島”――過疎化に苦しむ島だったが、島の青年・泉圭太(いずみけいた)が生産を始めた“黒イチジク”が高く評価され、島には地方創生推進特別交付金5億円の支給がほぼ決まり、島民たちには復活という希望の兆しが見えていた。そんな平和な日常がある男の登場によって一変する。男の名前は、小御坂睦雄(こみさかむつお)。圭太と彼の幼馴染の猟師・田辺純(たなべじゅん)、新米警察官の守屋真一郎(もりやしんいちろう)の3人は小御坂の不審な言動に違和感を覚え追い詰めていくが、その日の夕方、圭太の娘の失踪を機に、誤って小御坂を殺してしまう。 島の未来、そして家族の未来を守るため、3人はこの殺人を隠すことを決意。しかし、小御坂の足取りを追って県警が大挙に押し寄せて静かな島は騒然とする――。なんと小御坂は元受刑者のサイコキラーだったのだ。圭太たちの殺人、警察の捜査、島民たちの結束、そして次々と増える第2、第3の死体…。果たして圭太たちはすべてを隠し通せるのか!?凶悪犯が持ち込んだ一滴の悪意<ノイズ>が、染みのように徐々に広がっていき、平和な島を飲み込んでいく。そして、あなたの想像を裏切る衝撃の結末が待ち受ける―。











《映画『ノイズ』概要》

ティザー・ポスター



主演:藤原竜也 松山ケンイチ
出演:神木隆之介 黒木華 伊藤歩 渡辺大知 酒向芳 迫田孝也
鶴田真由 波岡一喜 / 寺島進 / 余貴美子
柄本明 / 永瀬正敏
原作:筒井哲也「ノイズ【noise】」(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ 刊)
監督: 廣木隆一
脚本: 片岡翔 音楽: 大友良英

企画・プロデューサー:北島直明
製作・企画: 日本テレビ放送網 制作:クレデウス
配給:ワーナー・ブラザース映画
©筒井哲也/集英社 ©2022 映画「ノイズ」製作委員会
公式サイト: noisemoviejp 公式 Twitter: @noise_movie #映画ノイズ
撮影期間:2020 年 10 月~11 月




2022年1月28日(金)全国ロードショー








【原作コミックス/Amazon Kindle】


ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




ノイズ【noise】 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




ノイズ【noise】 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 1 =