石田ニコルが4DX体験でゾンビに!初めてのゾンビメイクに「テンションがあがりました!」『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』1/28(金)公開!

pick-up オススメ 映画




1998年9月30日、ラクーンシティ。この日、この街で何が起こったのか?
<アンブレラ社>が秘密裏に行っていた人体実験。
「絶望」がこの街で産声をあげる。



全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲームから生まれた、大ヒットサバイバル・アクション映画『バイオハザード』シリーズ。その「バイオハザード」の原点を描く新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』が2022年1月28日(金)公開される。

この度、ゲーム好きとしても知られるモデル・女優の石田ニコルが、4DX でバイオハザードを体験! 映像とポスターが解禁となった。












【AmazonでもムビチケEメール送付タイプが発売中】

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』2022年1月28日(金)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)











モデル・女優の石田ニコルが4DX体験で「世界一美しくセクシーなゾンビ」に!
初めてのゾンビメイクに「テンションがあがりました!血管に注目!」




解禁となったのは、4DX で映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を体験した石田ニコルが、ゾンビに肩をつかまれると、自身がゾンビになってしまう、という驚きの映像。

女優・モデルと大活躍中の石田ニコルは、ゲーム実況を行うほど大のゲーム好き。そんな石田ニコルが、まるでラクーンシティのど真ん中に放り込まれたような臨場感と恐怖倍増の4DX で“バイオ”体験することで、映画鑑賞後、まさかの「世界一美しくセクシーなゾンビ」へと変貌を遂げてしまう!
「うまそう」と襲い掛かる美しいゾンビ姿の石田ニコルにぜひ注目して欲しい。





また、合わせて解禁となったポスターには、『「絶叫」がこの座席で産声をあげる――。』というキャッチコピーと共に、4DX のモーションシートに座った半ゾンビの石田ニコルが! 跳ね上がるポップコーンと飲み物が、シートの衝撃を物語っている。





石田ニコルは、4DX を体験してみて「座席のシートが想像以上に動き、臨場感がさらに増して楽しかったです!」と、衝撃だった様子。
また、ゾンビメイクについては「初めて特殊メイクをしていただいたのですが、一つ一つがすごく細かくて、完成後にとてもテンションがあがりました! 特に血管の細かい部分に注目していただきたいです!」と、振り返っている。
本作については「ゲームで見た場所が実際に出てきたりと多くの発見があり、わくわくしながら観させていただきました!」と、話している。

尚、今回解禁となった映像は、1月 21日(金)から『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』4DX 上映の映画館で展開される。
*109 シネマズ、コロナシネマワールド、シネマサンシャイン系列、ユナイテッド・シネマを予定











イントロダクション


(LtoR) Avan Jogia and Kaya Scodelario in Screen Gems RESIDENT EVIL WELCOME TO RACCOON CITY




巨大複合企業<アンブレラ社>の拠点があるラクーンシティ。
この街の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールド(カヤ・スコデラリオ)は、<アンブレラ社>がある事故を起こしたことで、街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってきた。
ラクーン市警(R.P.D)の兄クリス・レッドフィールド(ロビー・アメル)はクレアの言うことをありえない陰謀論とあしらうが、やがて二人は街中を彷徨う住民たちの変わり果てた姿を目の当たりにする。
次々と襲い掛かってくる住民たち。
そんな中、二人は<アンブレラ社>が秘密裏に人体実験を行ってきたことを知るが……。





映画『バイオハザード』待望のシリーズ最新作は、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で大ヒットし完結した過去6作品から設定を一新、ゲーム「バイオハザード」の原点を描く。

監督はシャーク・スリラー『海底 47m』『海底 47m 古代マヤの死の迷宮』や、ホラー映画『ストレンジャーズ 地獄からの訪問者』のヨハネス・ロバーツ。
世界に衝撃を与えたゲーム初期のホラー要素を余すことなく演出に取り込み、最新技術を駆使して、これまでにない恐怖を体感できる新シリーズが始動する。

キャストは、ゲーム版でおなじみのクレア役に、アレクサンドル・アジャ監督のパニック・スリラー『クロール -凶暴領域-』や、『メイズ・ランナー』シリーズのカヤ・スコデラリオが起用された。




















【作品概要】
・タイトル:『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』
・原題:Resident Evil: Welcome To Raccoon City
・日本公開:2022 年 1 月 28 日(金)全国の映画館にて公開
・US 公開日:2021 年 11 月 24 日
・脚本・監督:ヨハネス・ロバーツ
・出演:カヤ・スコデラリオ(クレア・レッドフィールド役)/ハナ・ジョン=カーメン(ジル・バレンタイン役)/ロビー・アメル(クリス・レッドフィールド役)/トム・ホッパー(アルバート・ウェスカー役)/アヴァン・ジョーギア(レオン・S・ケネディ役)/ドナル・ローグ(ブライアン・アイアンズ役)/ニール・マクドノー(ウィリアム・バーキン役)


■オフィシャルサイト&SNS
・オフィシャルサイト: https://www.biomovie.jp/
・オフィシャル Twitter: https://twitter.com/BiomovieJP
・オフィシャル Instagram:https://www.instagram.com/BiomovieJP/
・オフィシャル Facebook:https://www.facebook.com/BiomovieJP/




2022 年 1 月 28 日(金)公開



【過去の記事】











【ヨハネス・ロバーツ監督作品】

海底47m [Blu-ray]




海底47ⅿ 古代マヤの死の迷宮 [Blu-ray]




ストレンジャーズ 地獄からの訪問者[Blu-ray]




Amazon Prime Video

ストレンジャーズ 地獄からの訪問者(字幕版)





【クレア役 カヤ・スコデラリオ主演作品】

Amazon Prime Video
※Prime会員は追加料金なしで鑑賞できます。

クロール ー凶暴領域ー (吹替版)




クロール ー凶暴領域ー (字幕版)






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 9 =