悪夢の始まり…美しくも不穏な空気が漂う、ザ・ホラーな冒頭映像が解禁!戦慄の北欧イノセントホラー『ハッチング―孵化―』いよいよ4/15(金)公開!

pick-up オススメ 映画


第38回サンダンス映画祭 プレミア上映<ミッドナイト部門>
誰もが羨む”幸せな家族”で少女の抑圧された感情が卵に満ちる時、
悪夢は生まれる―。戦慄の北欧イノセントホラー



第38回サンダンス映画祭<ミッドナイト部門>でプレミア上映され話題を呼んだ北欧発のイノセントホラー『ハッチング―孵化―』がいよいよ4月15日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次公開される。
この度、悪夢の始まりを予感させる、美しくも不穏な冒頭映像が解禁された。








『ぼくのエリ 200歳の少女』『ボーダー 二つの世界』に次ぐ、
北欧発の新たな傑作ホラー、日本上陸。



© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst





今年1月下旬に開催されたばかりのサンダンス映画祭のプレミア上映で世界を驚愕させたその作品は、不穏でありながらも美しさを感じさせた。少女が孵化させた卵が、絵に描いたような幸せな家族のおぞましい真の姿をさらしていく―。サンダンスでのワールドプレミアを経て、今年3月に本国フィンランドでの公開を控える注目の最新作だ。

主人公の少女ティンヤを演じるのは1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。母親を喜ばせるために自分を抑制する、この年代特有の儚さやあやうさを、初演技ながら見事に演じきっている。母親役はフィンランドで多くの作品に出演するソフィア・ヘイッキラ。理想の家族像を作り上げ、娘を所有物として扱う自己中心的な母親を演じている。メガホンをとるのは多くの短編作品を世界の映画祭に出品して高い評価を受け、今回が長編デビュー作となる新鋭女性監督ハンナ・ベルイホルム。北欧ならではの明るく洗練された一家の中に潜む恐怖を見事に切り取ってみせている。






映画前売券 ムビチケEメール送付タイプもAmazonで発売中


『ハッチング―孵化―』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)











北欧の“素敵な”家族の元に飛び込んできた、1羽の黒い鳥
悪夢の始まりを予感させる、美しさと不穏さに満ちた本編冒頭映像が解禁!







本編が最初に映し出すのは、主人公である12歳の少女ティンヤが家のリビングでレオタード姿でストレッチをする後ろ姿のアップからだ。

初めて出場する体操の大会を控え、鍛え上げられた姿からは鍛練の様子が伺える。
ティンヤと家族は、フィンランドの緑に囲まれた閑静な住宅街にあるモデルハウスのように美しく洗練された家で暮らしている。
そこへ現れたのはティンヤの母親だ。母親は“ごく普通の”家族の日常を切り取った動画をSNSにアップすることに夢中で、娘の様子をスマホで撮影していた。

続いて母親とティンヤが向かったのは建築家である父親の部屋。

一家が集まり、「あなたもどうぞ素敵な毎日を」という母親の締めの言葉で撮影が終わろうとしていたところで、外から大きな音が。ティンヤが窓を開けると、一羽の黒い鳥がリビングに飛び込んでくる。家の中を興奮したように飛び回る鳥を追いかける家族。なかなか捕えることができず、家族の顔からは次第に笑顔がひいていく―。


© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst




洗練されたインテリア、美しいバラ、装飾品、笑顔の家族… 完璧すぎるほどに整えられた家の中で展開されていた誰もが羨む幸せな家族のひとときは、この一羽の鳥によってあっけなく破壊され、これから始まる悪夢を予感させるような不穏な冒頭シーンとなっている。

ベルイホルム監督は「この冒頭シーンは、これから作品の中で描こうとする物語をギュッと濃縮したようなものにしたいと考えていた」と語る。フィンランドでは黒い鳥は不吉な存在とされていると言い、本作については「ホラー映画を撮りたかったというわけではなく、大人のためのファンタジーとしてこの物語を描くのにホラーの手法を使った。明るく美しい環境下で起こる恐怖を表現したかった」とも語っている。


© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst










<STORY>


© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst




北欧フィンランド。12歳の少女ティンヤは、完璧で幸せな自身の家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすために全てを我慢し自分を抑え、体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族に秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなりはじめ、遂には孵化する。卵から生まれた‘それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく・・・。


© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst
© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst




監督:ハンナ・ベルイホルム
出演:シーリ・ソラリンナ ソフィア・ヘイッキラ ヤニ・ヴォラネン レイノ・ノルディン
配給:ギャガ
原題:Pahanhautoja/英題:HATCHING/2022年/フィンランド/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/91分/字幕翻訳:中沢志乃/PG12
© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst

HP:gaga.ne.jp/hatching/ Twitter:@hatching0415





4月15日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー





【関連記事】





【関連作品/Amazon】

ぼくのエリ 200歳の少女 [Blu-ray]




ボーダー 二つの世界 [Blu-ray]





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 2 =