【予告編完成】ジョン・カーペンターか?現代版「ダンテの神曲」か?カナザワ映画祭グランプリ、22歳・保谷聖耀の異色ネオSFサスペンス『宇宙人の画家』7/2(土)公開!

pick-up オススメ 映画



新世代ミュータント映画が、現代日本に降臨!
独特すぎる作品群を上映するカナザワ映画祭が選出した“期待の新人監督”が
圧倒的なスケールで描く異能の新世代日本映画がここに誕生!



22歳の新鋭・保谷聖耀(ほたに・せいよう)がカナザワ映画祭 2020 でグランプリを獲得後、「期待の新人監督スカラシップ」権を得て撮り上げた異色のネオSFサスペンス『宇宙人の画家』が、7 月 2 日(土)より新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開される。
この度、予告編が完成。追加の場面写真と共にあわせて解禁された。














少年が生きる暗黒の現実と、夢想が紡ぐ“虚無ダルマ”の世界
ダルマの光が照らす時、汚れた世界は生まれ変わる


© 2022,Eiga-no-kai




ある片田舎の中学校。転校生オサムは、廊下で一人の少年ホウスケが同級生に自作の漫画を汚されているのを目撃する。漫画の題名は「虚無ダルマ」。それは、フリースタイル説法で街を支配する〈虚無ダルマ〉と米国のスパイであるジョージ・ワタナベらが、達磨光現器と呼ばれる謎めいた機械をめぐり繰り広げる暗黒の活劇漫画だった…。漫画の世界と現実が次第に混濁していくなかで、ホウスケは〈虚無ダルマ〉の組織で働く謎の青年「マルヤマ」の姿を見る。憑かれたような表情で登校したホウスケは、不思議な言葉を全校生徒に向かって叫ぶ。「宇宙人の画家の絵を見た」と。


© 2022,Eiga-no-kai




本作は、独特すぎる視点で常に個性的な作品を上映し話題を集めてきたカナザワ映画祭が選出した“期待の新人監督” 、弱冠22歳の新鋭・保谷聖耀の劇場デビュー作だ。京都大学で宗教哲学を学ぶ傍ら(現在も在学中)、本格的に映画制作を開始。前作『クールなお兄さんはなぜ公園で泥山を作らないのか』が、カナザワ映画祭 2020 で上映され、見事グランプリを獲得。それに伴う「期待の新人監督スカラシップ」権で本作を撮ることになった。


© 2022,Eiga-no-kai













7月2日(土)公開『宇宙人の画家』予告編&新規場面写真






今回、解禁された予告編では、転校生オサムが、美しさの中にどことなく陰りを秘めた少女、サチと出会うシーンから幕を開ける。そこから学内でのいじめの様子、ホウスケが陰惨な漫画を描く様子が、美しいモノクロの陰影とピアノの旋律と共に描かれる。

© 2022,Eiga-no-kai




そして、ホウスケの「全校生徒に告ぐ、ダルマの光は真実の光だ」と拡声器で訴える声と共に、画面はカラーパートに代わり、漫画のなかの夢想が、映画の劇中でもそのまま再現されていることが分かる。漫画内で“虚無ダルマ”として街を占拠する支配者は、ラッパーの呂布カルマが演じている。


© 2022,Eiga-no-kai




また、虚無ダルマの部下にシソンヌじろう、謎の科学者に作家の稲生平太郎など、独特すぎる豪華キャストも本作の見どころのひとつだ。


© 2022,Eiga-no-kai




予告編の後半では、戦闘機や、激しい銃撃戦も繰り広げられ、現実と虚構も入り乱れた波乱に満ちたクライマックスを予感する仕上がりとなっている。


© 2022,Eiga-no-kai




加えて特筆すべきは、後半にアニメーションも多用されている点だろう。『ファンタスティック・プラネット』の雰囲気も感じさせるこの独特の筆致は、すべて保谷聖耀監督の手書きによるもの。この監督の描いた原画は、公開の一週間前6/23(金)よりアップリンク吉祥寺のギャラリーでも展示予定。是非『宇宙人の画家』の世界を、映画と共に満喫して楽しんで欲しい。


© 2022,Eiga-no-kai










作品解説


ジョン・カーペンターを思わせるサスペンス、タルコフスキー的霊性、
『ファンタスティック・プラネット』の如きディストピア世界を随所に彷彿とさせつつも、
本作はそのどれにも似ていない。



© 2022,Eiga-no-kai




出演は、ラッパーの呂布カルマ、お笑い芸人のシソンヌじろう、作家の稲生平太郎、グラビアアイドルの桐山瑠衣ら、これまた独特のキャスティング。



© 2022,Eiga-no-kai




加えて仏教や太平洋戦争、満州国などにまつわる偽史的要素も盛り込み、近年の映画には無い全く特異な世界を作り上げている。〈ネオ SF サスペンス〉とでも呼ぶしかない、圧倒的なスケールで描く新世代日本映画がここに誕生した!


© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai
© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai

© 2022,Eiga-no-kai











【作品情報】












【作品情報】


『宇宙人の画家』

2021 年 | 日本 | 97 分 | DCP

出演:渡邊邦彦、丸山由生立、呂布 000 カルマ、桐山瑠衣、大迫茂生、シソンヌじろう、平澤由理、みやたに、稲生平太郎、近藤佑磨、杉本心、グーギンズ古田光、山本詩、阿部賢太、石澤彩、速水胡太朗、小林優太、菅原聡、高井咲綺、吉本恵莉菜
監督・編集・動画:保谷聖耀/脚本:京阪一二三/製作総指揮:小野寺生哉/制作:大坂健太、瀧源裕仁/製作:細川博史/撮影:新谷瞭、畠山康平、保谷聖耀/ドローン撮影:クーロン黒沢/照明:宮向隆/俗音:近藤崇生/特殊造形:岡田歩/仏像制作:長谷川琢士
CGI:河童和尚、保谷聖耀/ヘアメイク:角谷美由紀/音楽:yuichi NAGAO/挿入歌:呂布 000 カルマ
企画・製作:一般社団法人映画の会、竪町商店街振興組合/配給・宣伝:ブライトホース・フィルム
© 2022,Eiga-no-kai

https://www.eiganokai.com/alienartist/





2022年7月2日(土)新宿K’s cinema、アップリンク吉祥寺にてロードショー!以降全国順次公開





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + nine =