“ハリウッドの破壊王” マイケル・ベイ プロデュースによる戦慄のパンデミック・スリラー『ソングバード』10月公開決定!

pick-up オススメ 映画



2024年、世界はゴーストタウン化し、人々は接触を禁止された。


“ハリウッドの破壊王” マイケル・ベイ プロデュースによる戦慄のパンデミック・スリラー『SONGBIRD』が、邦題『ソングバード』に決定し10月7日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショーされる。あわせて、本作のポスタービジュアルも解禁された。






新型コロナウイルス COVID-19 は序章に過ぎなかったー
2024年、到死率は56%、死者数は1億1千万を超えた。
隔離を余儀なくされた世界に、希望はあるのか?
これは、近未来への警鐘



新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、リアルな緊迫感を伴った都市空間――外出制限の真っ只中のロサンゼルスで撮影されたのが、映画『アルマゲドン』(98)や『トランスフォーマー』シリーズで知られる“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイがプロデュースを務めた本作だ。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。2020年7月、ロックダウン下のLAで、iPhone、GoPro、監視用カメラを多用し、撮影を敢行した。

『悪魔の椅子』『ハングマン』などを手掛けるアダム・メイソンが監督を務め、『君といた108日』のKJ・アパ、『ディセンダント』のソフィア・カーソンら新進気鋭の若手と、ブラッドリー・ウィットフォード、デミ・ムーアらベテランとともに、この時期にしか撮ることが出来ないスケール感溢れる作品を作り上げた。

この映画は、決して非現実的な想像の産物ではない。
今の時代のすぐ身近にある、コロナ禍の近未来への警鐘と、自由に向けた可能性の模索。閉塞した終わりが見えない世の中で、我々が「生きる」ための希望の光を探すエンタテインメント大作だ。












この度解禁されたポスタービジュアルは、灰色の背景にタイトルにもあるバード=鳥のシルエットが中央に大きく配され、その中に緊迫感伝わる各キャストの表情が見て取れ、それぞれ違ったカラーが入り混じった印象的なデザインとなっている。さらに「2024年、世界はゴーストタウン化し、人々は接触を禁止された。」というコピーも並び、近い未来に我々人類が直面するかもしれない世界は一体どうなってしまうのか?期待が膨らむビジュアルとなっている。










製作:マイケル・ベイ マルセイ・A・ブラウン ジェイソン・クラーク ジャネット・ヴォルトゥルノ アダム・グッドマン アンドリュー・シュガーマン エベン・デヴィッドソン 

出演:KJ・アパ ソフィア・カーソン クレイグ・ロビンソン ブラッドリー・ウィットフォード ピーター・ストーメア アレクサンドラ・ダダリオ ポール・ウォルター・ハウザー デミ・ムーア

監督・脚本:アダム・メイソン 共同脚本:サイモン・ボーイズ  2020年/アメリカ/英語・スペイン語/5.1ch/シネスコ/84分/原題:SONGBIRD

提供:WOWOW 配給:ポニー・キャニオン 

© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.  

songbird-movie.jp




10 月 7 日(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー








Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + 8 =