『シン・ゴジラ』などの特殊メイクアーティストが4時間をかけた、最恐の大男“あの人”制作メイキング映像が解禁!『ガンニバル』ついに最終回!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画


日本発ディズニープラス「スター」オリジナルドラマシリーズ
主演:柳楽優弥 監督:片山慎三 脚本:大江崇允
世界を震撼させるヴィレッジ・サイコスリラー超大作


2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明が放つ衝撃のサスペンスコミック『ガンニバル』をディズニープラス「スター」日本発オリジナルシリーズとして実写ドラマ化。その衝撃の内容から実写化が困難と言われてきた本作のために国内トップクラスのスタッフが集結。主演に柳楽優弥を迎え、息も尽かせぬ緊迫感で放つ戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』が、2022年12月28日(水)より、日本を始めとする世界各国で好評配信中だ。

この度、『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』など数々の作品で造形や特殊メイクを担当し、世界的に高い評価を受ける特殊メイクアーティストJIROが手掛けた特殊メイクのメイキング映像が解禁された。






注目のキャスト、クリエイターが結集!本予告編




本作は、外界から閉ざされた供花村(くげむら)を舞台に常識が揺るがされるヴィレッジ・サイコスリラー超大作。

本作の主人公で狂気の世界へと誘われて行く警察官・阿川大悟役を数々の作品で観るものを魅了してきた柳楽優弥が務め、また、供花村を支配する後藤家次期当主・後藤恵介役を笠松将、大悟の妻・阿川有希(ゆうき)役を吉岡里帆、後藤家の元当主で恵介の祖母・後藤銀役を倍賞美津子ら豪華演技派俳優陣が脇を固める。狂気と戦慄を纏う世界のキャラクターをどのように表現するのか、期待が高まる。

監督は、デビュー作『岬の兄妹』で鮮烈でセンシティブな内容を力強く描き、続く『さがす』でも、その見事なまでのストーリーテリングとサスペンスとしてのクオリティが国内外で絶賛された鬼才:片山慎三。

さらに脚本をアカデミー賞(R)国際長編映画賞受賞作『ドライブ・マイ・カー』で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した大江崇允が務め、プロデューサーに『闇金ウシジマくん』シリーズを手掛けた岩倉達哉、『ドライブ・マイ・カー』でアカデミー(R)賞 国際長編映画賞を受賞した山本晃久ら世界で高い評価を得る日本のクリエイターと俳優が集結。

2022 年 12 月 28 日より配信がスタートし、現在5話まで配信中の本作。スタートするやいなや、「海外ドラマに全く劣らない」「日本のドラマ史上一番好き」と、日本ドラマの一般的な水準を遥かに凌駕する圧倒的なクオリティとスケールで観るもの魅了し、緊張感あふれるストーリー展開にハマる人が続出。次の配信が待てない!との声が多く上がっている。













“あの人 ”演じるのは「バチェロレ ッテ・ジャパン」参加者のモデル/俳優 澤井一希!
世界的特殊メイクアーティスト JIRO の手によって“あの人”を完全再現
細部までこだわりすぎなタイムラプスメイク映像が解禁!




昨年末独占配信がスタートし、ついに最終話を迎える『ガンニバル』
話数が進むにつれてSNS上でも大きな盛り上がりをみせ、「ガンニバル本気でおもしろすぎる」や、「今1番スゴいドラマ。」など、キャストのたちの鬼気迫る演技や没入感の高い世界観を作り上げる映像のレベルの高さにハマる人が続出している。

その中でも、供花村の“人を喰っている”という噂に大きく関わり、供花村を支配する後藤家が恐れ、その存在を隠そうと必死になる“あの人”のキャラクターに注目が集まっている。
2話で初めてその姿が登場すると、原作ファンも納得する再現度の高さに驚きの声があがった。

これまで一体誰が演じているのか謎に包まれていたが、最終話を前に遂にキャスト情報が解禁!
さらに、『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』など数々の作品で造形や特殊メイクを担当し、世界的に高い評価を受ける特殊メイクアーティストJIROが手掛けた特殊メイクのメイキング映像も解禁!


© 2023 Disney




後藤家が恐れる存在である“あの人”を演じたのは、オーディションで選ばれた身長195cmのモデル/俳優の澤井一希。

昨年、「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン2に参加し注目を集め、その後、舞台やドラマ、さらにはバラエティー番組など活躍の幅を広げている。

今回の出演にあたり澤井は「素直に嬉しさと自分の未知の領域を演じるワクワク感がありました。ただ、このガンニバルという作品において“あの人”という存在がいかに重大かという事も認識していましたので、片山監督に『主演のような気持ちでやって欲しい』というお言葉を頂き、この作品は自分にかかってるんだ!という強い気持ちと覚悟で臨もうと決めました。」と、重要なキャラクターを演じるにあたってプレッシャーを感じながらも、監督の言葉を受け、強い決意を持って撮影に臨んだと明かしてくれた。

完成した姿を初めて観た澤井は、「初めて完成した姿を鏡で見た時には、想像を遥かに超えるあの人が映っていて、驚きと感動がありました。本当に大変だったと思いますが、特殊メイクの皆さんが長時間かけて完璧に作り上げてくださったので、凄く自信を持って“あの人”になれました。」と、自身も驚くほどのクオリティだったそうで、また、そのおかげで自信が生まれたと語る。

また、完成した“あの人”を観た他キャストたちの反応については、「凄く怖がったり再現度の高さに驚かれていたのですが、ほとんどのキャストの方が興味深々で、写真を撮ってくださり嬉しかったです笑」と、怖すぎる特殊メイクとは裏腹に現場では和気あいあいと過ごしたようだ。

また、演じる上でも澤井は、「演じさせて頂く上で、普通の人間では絶対にしない怪物や動物と人間の境目のような独特な動きを出す事が本当に大変でした。」と、人であって人でないような特殊な存在の表現に非常に苦労したそうで、「最初は全く出来ませんでしたが、撮影の約3ヶ月ほど前から動き指導の長谷川さんに付きっきりでみて頂き、二人三脚で少しずつあの人の動きに近づけていく事が出来ました!是非、あの人の半端ない動きに注目して頂けたら嬉しいです!」と、長期間に渡る努力のおかげで見事に“あの人”を体現した。

劇中でもかなり強烈な印象を残す“あの人”のビジュアルだけでなく、その動きにもぜひ注目して観てみていただきたい。


© 2022 Disney




そして“あの人”の特殊メイクを手掛けたのが、数々の作品で観るものを驚かせ、世界中から注目を集める特殊メイクアーティストJIRO。

今回のオファーがあったときは、「ファンタジーではなく、リアルな世界観に落とし込む高いレベルの特殊メイクが必要とされていることを感じ、とても大きなやり甲斐を感じました。」と、ただインパクトのある造形ではなくリアリティを損なわないように作り上げることが、JIRO自身にとっても大きな挑戦だったと明かしている。

デザインからマスクの彫刻〜製作、義歯や手の造形に約2ヶ月かけて制作された“あの人”の特殊メイクは、「人間としては規格外の体躯や風貌なのですが、やりすぎるとリアルな世界観を壊してしまう恐れがありました。」と、リアルな作品世界観に落とし込む上での懸念があったそうで、実際に制作する上では「村のある種異様な世界観や人物像の中にあって突出した存在感を与えなければなりません。適当な答えを導き出すことが非常に難しかったのですが、監督と何度も話し合いを重ね上手く表現できたと実感しています。」と、片山監督との試行錯誤を繰り返し、世界観に溶け込みながらも異様な存在感を持つ“あの人”を見事に完成させた。

併せて解禁された、JIROが澤井一希に“あの人”の特殊メイクを施すタイムラプス映像から、細部までこだわりがつまっていることが分かる。

顔の皮膚を緻密に作り上げるだけでなく、皺や皮膚の色、髪やひげの一本一本までが作りこまれている。4時間に及ぶ長時間のメイクによって、視聴者の注目を一気に集めた“あの人”が出来上がり、作品のクオリティをさらに飛躍させたことが分かる。

差し込まれるメイキング映像からは、怖い見た目とは裏腹に、阿川ましろ役の志水心音とじゃれ合うなど、恐怖を覚えたシーンの裏側では、ほっこりと心温まるやり取りもあったようだ。

日本が誇る最高峰の豪華キャスト、豪華スタッフが自信を持ち全世界は放った渾身の一作は、一度観たら逃れられない強烈な没入感を感じさせる。


ついに最終話を迎える本作。その圧倒的なクオリティで描かれ、日本ドラマの概念を覆す戦慄のヴィレッジ・サイコスリラー超大作『ガンニバル』。最後まで注目したい。











STORY


© 2022 Disney





本作の舞台は、都会から遠く離れた山間にある「供花村(くげむら)」。警察官の阿川大悟(柳楽優弥)は、ある事件を起こして供花村の駐在として左遷され、犯罪とは無縁の穏やかなこの土地で家族と静かに暮らしていた。しかし、一人の老婆の奇妙な死をきっかけに、彼は少しずつ村の異常性に気付いて行く。そして、“この村では人が喰われているらしい”という、衝撃の噂を耳にする。穏やかな日常を次第に狂気が蝕んでいく――。





© 2022 Disney
© 2022 Disney
© 2022 Disney
© 2022 Disney
© 2022 Disney
© 2022 Disney












作品概要

『ガンニバル』ティザーポスター



『ガンニバル』

■原作:『ガンニバル』二宮正明(日本文芸社刊)

■配信:ディズニープラス「スター」で12月28日より独占配信

■監督:片山慎三、川井隼人 ■脚本:大江崇允 ■プロデューサー:山本晃久、岩倉達哉

■出演:柳楽優弥、笠松将、吉岡里帆、高杉真宙、北香那、杉田雷麟、山下リオ、田中俊介、志水心音、吉原光夫、六角精児、酒向芳、矢柴俊博、河井⻘葉、赤堀雅秋、二階堂智、小木茂光、利重剛、中村梅雀、倍賞美津子

■クレジット:© 2022 Disney





ディズニープラス「スター」で 2022 年 12 月 28 日(水)より独占配信











【ディズニープラスについて】

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作に加え、スターブランドとして大人が楽しめるドラマや映画も充実しています。ここでしか見られないオリジナル作品も続々登場します。

公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp
公式Twitter:@DisneyPlusJP 公式 Instagram:@disneyplusjp  公式 facebook:@DisneyPlusJP

© 2022 Disney and related entities





【ディズニープラス「スター」オリジナルとは】

「スター」オリジナルとは、ディズニーが約100年にわたり世界中の観客に愛されるエンターテインメントを送り届けてきた経験から、各国の才能溢れるトップクリエイターや俳優たちと協働して制作する、従来のディズニーのイメージに留まらない多種多様なテーマやジャンルの映画・ドラマ・アニメーション作品を指す。日本でも、国内屈指のクリエイター&キャスト陣と共に、日本の文化・精神性に根差しながらも普遍的なメッセージの込められた、世界水準の物語をオリジナルアニメやドラマとして世界へ配信する。今年、「すべて忘れてしまうから」に加え、「シコふんじゃった!」「ガンニバル」の計3本が日本初のオリジナルドラマシリーズとして配信を予定している。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 + eighteen =