巨匠ダリオ・アルジェント10年ぶりの最新作『ダークグラス』4/7(⾦)⽇本公開決定!”幻の脚本”が実現し、原点回帰のジャッロで恐怖へ誘う!監督コメント!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



2022 年ベルリン国際映画祭 プレミア上映!メディアも絶賛!
『サスペリア』『サスペリア PART2』『フェノミナ』ホラーの帝王、再臨!

10 年ぶりの最新作はアルジェント監督の集⼤成!!



《ホラーの帝王》巨匠ダリオ・アルジェント監督の最新作『Occhiali neri (原題)』が邦題『ダークグラス』とし、4月7日(金)、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサほかにて全国順次公開されることが決定した。





《ホラーの帝王》として知られる、巨匠ダリオ・アルジェント監督。『サスペリア』(77)で驚異的大ヒットを記録し、『フェノミナ』(84)や『サスペリア PART2』(75)など数々の名作を生み出してきた。70年代後半、『ゾンビ』(78)のジョージ・A・ロメロや『キャリー』(76)のブライアン・デ・パルマらと肩を並べ、世界中で熱狂的ファンを獲得し、ジェームズ・ワン、クエンティン・タランティーノ、エドガー・ライトら名だたるシネフィル監督たちが敬愛してやまない。近年では『ボーンズ アンド オール』(22)、『君の名前で僕を呼んで』(17)のルカ・グアダァニーノ監督が、『サスペリア』を18年にリメイクし大ヒットしたことも記憶に新しい。アルジェント作品は現代まで愛され、あらゆる映画人に影響を与え続けた“ホラー映画の原点”といっても過言ではない。そんな御年82歳のレジェンド監督の最新作が、『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』(12)以来10年ぶりにスクリーンで上映される。







《ホラー映画の帝王》ダリオ・アルジェント”幻の脚本”が実現!
10 年ぶりの最新作は原点回帰のジャッロで恐怖へ誘う、イタリアン・ホラー!


待望の最新作は、自身のルーツであるジャッロに立ち返ったイタリアン・ホラーだ。
2000年代初頭にフランコ・フェリーニとの共同で脚本を執筆しながらも、製作サイドの事情で中止を余儀なくされた幻の企画がついに実現!!

ローマを舞台に、盲目の娼婦と中国人の少年が、サイコパスの殺人鬼から執拗に追いかけられ続け、とにかく殺されないよう逃げ惑う物語。

自身の作品へのオマージュともいえる原点回帰となった本作は、狂気と鮮血、鮮やかな色彩、不穏な音楽とファン垂涎のアルジェント節全開で、2022年ベルリン国際映画祭のプレミアでお披露目されるや、海外メディアから「堪能すべき、素晴らしい復帰作!―moviefreak.com」「かつてのアルジェントらしさが溢れている―Hollywood Reporter」「アルジェント史上最も奇怪で、奇妙なほど美しい―Los Angeles Times」と全盛期の復活に歓喜の声が上がっている。

主人公である盲目の娼婦ディアナを演じたのは、『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(15)でイタリアのアカデミー賞と呼ばれるダヴィド・ディ・ドナテッロ賞の主演女優賞を受賞したイレニア・パストレッリ。
そしてアルジェントの娘、アーシア・アルジェントがディアナを支える歩行訓練士役を演じ、アソシエイトプロデューサーを兼任。ノスタルジックなムード漂う音楽は『BPM ビート・パー・ミニット』(17)でセザール賞を受賞したアルノー・ルボチーニが手がけた。

今回、ダークグラスをかけたディアナを捉えた場面写真一点とともに、ダリオ・アルジェント監督のコメントも到着。
幻の脚本を、決して現代的にするのではなく、自身のスタイルを貫いたアルジェント集大成として完成させたことを明言した。





<ダリオ・アルジェント監督/コメント全文>


『ダークグラス』は、数年前に想像したものの、制作することができなかった作品です。 
でも頭から離れることはありませんでした。バイオレンスでくだらない作品を求める市場での需要に左右されることが難点でした。一方で、ようやく自分の悪夢との和解を経験することができました。それ故に、私は恐怖の扉を開き、突き進もうと決めたのです。幼少期からエドガー・アラン・ポーに影響を受けていた私にとって、『ダークグラス』は、運命に刻まれた作家としての旅路の集大成です。そして時代が変わったからといって、物語の本質も解釈のスタイルも裏切りたくはないのです。 

                             ダリオ・アルジェント










【作品情報】

監督:ダリオ・アルジェント  

脚本:ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリーニ  

音楽:アルノー・ルボチーニ 

出演:イレニア・パストレッリ、アーシア・アルジェント、シンユー・チャン 

原題:Occhiali neri   

提供:ロングライド、AMGエンタテインメント 配給:ロングライド  

公式サイト: https://longride.jp/darkglass/




4 ⽉ 7 ⽇(⾦)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋⾕、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × four =