「ホラーとしても一級品」日本での大ヒットを記念して、衝撃の本編冒頭シーンが解禁! 『サスペリア』ルカ・グァダニーノ最新作『ボーンズ アンド オール』公開中!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



第 79 回ヴェネツィア国際映画祭 《監督賞》《新人俳優賞》W 受賞
主演: ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』『DUNE/デューン 砂の惑星』)
ルカ・グァダニーノ監督(『君の名前で僕を呼んで』『サスペリア』)



第79回ヴェネチア国際映画祭で《監督賞》《新人俳優賞》のW受賞に輝いた、主演ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』『DUNE/デューン 砂の惑星』)が初の製作に挑み、ルカ・グァダニーノ監督(『君の名前で僕を呼んで』『サスペリア』)と再タッグを組んだ、禁断の純愛ホラー『ボーンズ アンド オール』(原題:『BONES AND ALL』)が、2 月 17 日(金)に待望の初日を迎えた。

この度、週末興行収入 1,000 万超え(31 劇場)という日本での大ヒット・スタートを記念して、“禁断”の本編冒頭シーンが解禁された。


解禁されたポスター




本作は、ヴェネツィア国際映画祭で初披露されるやその衝撃の描写に「誰も見たことがない純愛ホラーの誕生」(The Hollywood Reporter )「贅沢でとんでもない映画」(THE GUARDIAN)と絶賛と驚愕のレビューが続出した、禁断の純愛ホラー。

社会の片隅で生きるマレンとリーが抱える秘密。それは生きるため本能的に人を喰べてしまうこと。その「謎」を解くための二人の逃避行、そして予想だにしないピュアな愛のゆくえが、世界中で賛否を生んでいる問題作だ。





史上最も切ないホラーに満席続出の大ヒットスタート!
週末興行収入 1,000 万超え(31 劇場)



『ボーンズ アンド オール』は17日(金)から31スクリーンで公開され、週末興行収入1,078万(2月17日~19日。観客動員数7,358名)の大ヒットスタートとなった。

本作のメイン館である、新宿ピカデリーでは週末動員ランキングは、同日公開の洋邦の大作『シャイロックの子供たち』、『アントマン&ワスプ:クアントマニア』に次ぐ第三位。都内では満席の劇場が続出している。

いち早く劇場で鑑賞した観客たちは、「早くも年間ベストにランクイン」「血しぶきを浴びたシャラメの官能的さエグい」「ホラーなのに哀しくて切なくて泣けました」「ホラーとしても一級品」など、衝撃的なシーンの驚愕に加えて、切なく胸を締めつけるティモシー・シャラメとテイラー・ラッセルのエモーショナルな演技に感動の声が巻き起こっている。



Timothée Chalamet (left) as Lee and Taylor Russell (right) as Maren in BONES AND ALL, directed by Luca Guadagnino, a Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Yannis Drakoulidis / Metro Goldwyn Mayer Pictures © 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.











日本での大ヒットを記念して、“禁断”の本編冒頭シーンが解禁!


今回、日本での大ヒットを受けて、約3分30秒の本編冒頭シーンが解禁された。

風が吹き荒れる夜、マレン(テイラー・ラッセル)が家を抜け出す。
彼女が向かったのは、転校したばかりの学校で知りあった同級生キムの家。父の目を盗んで外出したマレンは朝の6時前に帰らなければならない。

仲良しになったばかりのマレンとキムは、「どこからこの町に?」「イースタン・ショア」、「ママはいるの? パパだけって聞いた」と互いに夢中で、友だちが横やりを入れても、キムは「話してんの」とマレンにゾッコンの様子だ。

テーブルの下に横たわったふたりのガールズトークが続く。「ママのこと 言わなくていい、私に関係ないし」と言うキムに、そっと顔を近づけたマレンは彼女の匂いを嗅ぎながら「何も覚えていないんだ。写真もない。パパも話してくれない」と告白する。寝そべりながら左手の指にマニキュアを塗ってもらっていたキムは「オレンジすぎる」と手を差し出す。その直後、じっと見つめていたマレンが目の前の指に喰らいつく。何が起こっているか理解できず絶叫するキムに、友人が「マレンやめて!」と叫ぶ。

真夜中に家を飛び出したマレンは、暗闇の中を自宅へと走る。けたたましいノックに飛び起きた父親は「またやったか。3分で車に乗れ。3分で荷造りしろ。急げ!」と慌てて夜逃げの準備を始める。鏡の前で口からしたたる血を見つめるマレン、その背後で父親が「早くしろ。警察が来る前に逃げないと」と急かすのだが…。

ティモシー・シャラメ演じるリーと出会う前の、18歳のマレン。学生生活の青春から一転、急展開を迎えるが…

この先に待ち受けるリーとの愛の逃避行。そして、人喰いで生きていく二人の衝撃の結末。あなたの心に突き刺さる禁断の純愛ホラーを 是非映画館で。


© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved. Taylor Russell as Maren in BONES AND ALL, directed by Luca Guadagnino, a Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Yannis Drakoulidis / Metro Goldwyn Mayer Pictures © 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.











【STORY】

© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.




生まれつき、人を喰べてしまう衝動をもった18歳のマレンは初めて、同じ秘密を抱えるリーという若者と出会う。人を喰べることに葛藤を抱えるマレンとリーは次第に惹かれ合うが、同族は喰わないと語る謎の男の存在が、二人を危険な逃避行へと加速させていくー




© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.
Taylor Russell (left) as Maren and Timothée Chalamet (right) as Lee in BONES AND ALL, directed by Luca Guadagnino, a Metro Goldwyn Mayer Pictures film. Credit: Yannis Drakoulidis / Metro Goldwyn Mayer Pictures © 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved.











【作品情報】

■監督:ルカ・グァダニーノ 『君の名前で僕を呼んで』 『サスペリア』 
■出演:ティモシー・シャラメ 『DUNE/デューン 砂の惑星』 『君の名前で僕を呼んで』 、テイラー・ラッセル 『WAVES/ウェイブス』
マーク・ライランス 『ブリッジ・オブ・スパイ』 『ダンケルク』

■公式サイト:Bonesandall.jp 
■Twiiter:ワーナー・ブラザース公式:@warnerjp 
■ハッシュタグ:#ボーンズアンドオール
■映倫区分:R18+

© 2022 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights reserved. 




大ヒット上映中!










【関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 4 =