全米が吐いた!?失神者続出の超過激ホラー!ついに日本上陸! 『テリファー終わらない惨劇』6/2(金)日本公開決定!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



新たなホラーアイコンの誕生をスクリーンで目撃せよ!


その過激さゆえに全米で失神者&嘔吐者が続出し映画の公式SNSが注意喚起したことでも話題となった映画『テリファー 終わらない惨劇』(原題『テリファー2』)の日本公開が決定した🤡。
また3/17(金)0:00よりムビチケ前売券(オンライン)の発売が開始となる。【https://mvtk.jp/Film/080997】。


ⓒ2022 DARK AGE CINEMA LLC. ALL RIGHTS RESERVED




この度、公開が決定したのは全米で新たなホラーアイコンとして彗星のごとく現れた最凶ピエロ、アート・ザ・クラウンがこれでもかと非道の限りを尽くし、劇場を阿鼻叫喚に陥れた『テリファー 終わらない惨劇』





監督のダミアン・レオーネはアメリカの脚本家、監督、プロデューサーであり、敏腕特殊メイクアップアーティスト。2008年制作の短編映画『The 9th Circle』から一貫してアート・ザ・クラウンのイメージを築き上げ、後の短編映画『All Hallows Eve』(13・未)でも踏襲されている。

ダミアン監督の長編デビュー作となった『テリファー』(2016・未/AmazonPrimeVideoで配信中)でアート・ザ・クラウンがついにメジャーのステージに姿を現すと一部で話題沸騰。





キャラクターのソリッドさと不気味さに加え、特殊メイクアップの技術を存分に用いた生々しい表現、「やりすぎだよ、クラウン!」と思わず突っ込みたくなる過剰な残虐描写に、80年代ホラー映画へのオマージュを思わせる造詣の深さ、CG全盛の時代に特殊メイク・美術・造形にこだわり物質的な表現を用いることで、旧来のホラーファンには懐かしさと熱狂をもたらし、新たに触れる世代には目新しさと共に眩暈をももたらした。

とはいえ『テリファー』(2016)が興行的に大ヒットだったかというと、そこまではいかず一部に熱狂的なファンの火種を誕生させたに過ぎなかった……。

それは『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)で世界的ピエロブームが巻き起こる前年だったということも影響しているかもしれない。

そして『テリファー』から……6年 
その間に世界をとりまく状況は大きく変わった。『IT/イット THE END “それ”がみえたら、終わり。』(2019)でペニーワイズが壮絶な最期を迎えた。世界的ピエロロスと重なるようにやってきた、新型コロナウイルスの蔓延。全米の映画館もロックダウンされ、新作の劇場公開も延期が相次ぎ世界の映画ファンは配信やソフトで映像作品を愉しんでいた。

うすうす世界が気づき始めていた…『テリファー』というホラー映画がヤバいらしいと。

そうとなったらダミアン監督の次の手は…そうもちろん“テリファー”!『テリファー 終わらない惨劇』の制作を開始すると、2022年に完成にこぎつけた。

そして、2022年10月6日 全米で封切られると、瞬く間に大ヒット。“ヤバい”という口コミが話題を呼び、大勢の観客が劇場に詰めかけることとなる。

『テリファー』からさらにパワーアップした本作の過激な描写とアート・ザ・クラウンの恐ろしさに、嘔吐・失神する者が出るなど劇場は混乱に陥り、映画公式SNSが注意喚起を行うほどとなった。

全米でのヒットを皮切りに世界中で上映され、ついにこの日本にも上陸決定。

『テリファー 終わらない惨劇』(原題『テリファー2』)が6月2日(金)より、劇場公開となる!!










INTRODUCTION
全米で失神者続出!鑑賞は自己責任で!!
ホラー界のニューアイコン“アート・ザ・クラウン”堂々の日本上陸!
トラウマ必至の最狂ピエロに震えて眠れ!!


ⓒ2022 DARK AGE CINEMA LLC. ALL RIGHTS RESERVED




『IT/イット THE END “それ”がみえたら、終わり。』(2019)でペニーワイズが壮絶な最期を迎え、ピエロロスが叫ばれるなか、コロナ禍を経てパワーアップした最狂ピエロ、“アート・ザ・クラウン”が満を持しての日本上陸。

全米公開時に嘔吐・失神者が続出した過激な描写と、ホラー愛溢れる表現が観る者の心を掴んで離さない。恐ろしくもどこか憎めない新時代の最凶ピエロは一度見たら夢に出てくること間違いなし。

ホラー界に颯爽と現れた奇才ダミアン・レオーネが生み出したアート・ザ・クラウンの非道ぶりと戦慄の惨劇を大スクリーンで血しぶきと共に味わおう!








STORY

ハロウィンにヤツが再び姿を現した!一年前の悪夢が蘇る。
残酷・無慈悲で不気味なアート・ザ・クラウンが通ったあとに残るのは、惨劇の記憶と被害者の亡骸だけ。

ⓒ2022 DARK AGE CINEMA LLC. ALL RIGHTS RESERVED




人々に忌まわしい記憶を植え付けたマイルズ・カウンティーの惨劇から1年後のハロウィン。

ピエロの恰好をした連続殺人鬼、アート・ザ・クラウンがハロウィンに再び姿を現した。

絶命したかにみえたクラウンは死体安置所で息を吹き返し、その残虐性と冷酷さを増してハロウィンの街へと繰り出した。標的となったのは、父親を亡くした姉シエナと弟ジョナサン。悪夢が再び彼らに襲い掛かる。

クラウンが通った後に残るのは惨劇の記憶と被害者の亡骸だけ。一人、また一人と増えていく犠牲者。 ハロウィンの喧騒をよそに迫りくるクラウンの魔の手から姉弟は逃れることができるのだろうか……。











参考資料

制作費 $250,000(33,750,000円 1ドル=135円)約3,400万円  ※IMDB参照(3/8現在)
全世界興行収入 $14,896,020(2,010,962,700円 1ドル=135円)約20億1千万円 




全米公開時、映画公式SNSによる注意文

「本作は生々しいバイオレンス描写とホラー演出を含んでいます。心臓の弱い方、胃腸が弱い方、体調が万全でない方は、十分に注意してご鑑賞ください。すでに失神・嘔吐した人が多数確認されています。それでも鑑賞するという方は、自己責任で……。」















『テリファー 終わらない惨劇』(原題:『テリファー2』)

監督・脚本:ダミアン・レオーネ
キャスト:ジェナ・カネル、ローレン・ラベラ、デイビット・ハワード・ソーントン
キャサリン・コーコラン、グリフィン・サントピエトロ
制作:DARK AGE CINEMA 2022/アメリカ/138 分/カラー/シネスコ/5.1ch
配給:プルーク、OSOREZONE 配給協力:シンカ 宣伝協力:ガイエ
R18+
HP: https://synca.jp/terrifier_movie/
Twitter:@terrifier_movie





6 月 2 日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて公開





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − four =