【明日公開/閲覧注意】『食人族4Kリマスター無修正完全版』5/5(金)公開!世界各国で上映禁止!現在も論争を呼び続ける映画史上最大の問題作!

pick-up オススメ 映画



地球最後の衝撃、復活。
※閲覧は自己責任でお願いします

これを超える映画はもう作れない、こんな映画は二度と許されない…。映画史上最大の問題作として今なお論議を呼ぶ『食人族』が『食人族4Kリマスター無修正完全版』となって、エクストリーム配給で 5 月 5 日(金)、全国ロードショーされる。
明日の公開を前に、串刺しポスタービジュアル、予告編、場面写真を紹介する。
(※本作はR18作品ですが、ポスタービジュアル、場面写真、予告編は年齢制限なしで閲覧できます。しかし、衝撃的なビジュアルですので、別枠に設定しました。こちらの閲覧は自己責任でお願いします)





【閲覧注意】なポスタービジュアルと場面写真はこちらから。R18相当、モザイク無しですので、閲覧は自己責任でお願いします。







『食人族4Kリマスター無修正完全版』予告編(モザイク処理でソフトになっていますが、やっぱり閲覧注意)












映画史上最も悪名高い禁断のバイオレンス・レジェンド、
奇跡の復活!



© F.D.Cinematografica S.r.l.1980




モラルも、常識も、人間性さえも完全無視、情け容赦ない残酷描写の連続で見る者を無限地獄に突き落とす映画史上最も悪名高い禁断のバイオレンス・レジェンド。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』をはじめとする“ファウンド・フッテージ・モキュメンタリー”映画のルーツにして、イーライ・ロス監督の『グリーン・インフェルノ』の原点。鮮烈な映像に痛烈な文明批判を込め、全世界でカルト的人気を誇る鬼才ルッジェロ・デオダートが、持てる狂気のすべてを爆発させて創り上げたイタリア残酷映画の最高傑作! 世界各国で上映禁止&フィルム没収、ビデオの発売中止騒動など、40 年以上に渡りトラブルと訴訟の数々を巻き起こし、常にセンセーショナルでスキャンダラスな論争を呼び続ける映画史上最大の呪われた問題作が 4K リマスターのクリアな映像と無修正完全版の衝撃とともに奇跡のリバイバル! あなたは今も全く色褪せない衝撃の地獄絵図を正視できるか!?


© F.D.Cinematografica S.r.l.1980











彼らは生きたまま喰われた。

© F.D.Cinematografica S.r.l.1980




男女4人のアメリカ人ドキュメンタリー撮影隊が”グリーン・インフェルノ”と呼ばれる南米アマゾン奥地を探索中に消息を絶った。救助隊が結成され、現地に向かうが、未開のジャングルの奥地で食人族の村に辿りつき、無残にも白骨化した遺体を発見する。一体、その村で何が起こったのか?捜索隊が持ち帰った撮影済フィルムを現像し、上映すると、そこには想像を絶するおぞましき光景が記録されていた―。


© F.D.Cinematografica S.r.l.1980





アートディレクター/映画評論家・高橋ヨシキ氏よりコメント到着!



『食人族』は詩情に溢れたビューティフルな作品であり、過度にショッキングでコントロヴァーシャルな映画史上の特異点でもある。イタリアン・ネオレアリズモとマカロニ・ウェスタンの薫陶を受けた故・ルッジェロ・デオダート監督の流麗で野蛮でクレバーな〈映画作り〉それ自体が持つ圧倒的な強度にあなたは打ちのめされ、リズ・オルトラーニの優美なメロディに心揺さぶられるだろう。









【作品概要】

『食人族 4k リマスター無修正完全版』

監督:ルッジェロ・デオダート/音楽:リズ・オルトラーニ/製作:ジョバンニ・マッシーニ/原案・脚本:ジャンフランコ・クレリチ/出演:ロバート・カーマン、フランチェスカ・チアルディ、ベリー・ビルカネン、ルカ・バルバレスキー、ガブリエル・ヨーク、サルヴァトーレ・ベイジル
1980年/イタリア/カラー/ビスタサイズ/96分/英語/日本初公開1983年/R18+/協力:エデン/配給:エクストリーム
© F.D.Cinematografica S.r.l.1980





2023年5月5日 (金) ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、シネマート新宿 他 全国ロードショー!




Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 15 =