大友克洋の「童夢」にインスパイアされた北欧サイキック・スリラー『イノセンツ』7/28(金)公開!30秒予告&ビジュアル解禁!

pick-up オススメ 映画



本国アカデミー賞4冠!!(アマンダ賞 監督・撮影・音響・編集)
退屈な夏休み。無垢な子供たちの“遊び”が、狂気に変わる。
『ミッドサマー』を継承する新たな鬼才の北欧の北欧サイキック・スリラー



アカデミー賞ノミネート(脚本賞)監督、北欧の新たなる鬼才エスキル・フォクトの最新作にして、世界の映画賞を総なめにしたサイキック・スリラー『イノセンツ』が7月28日(金)より、新宿ピカデリーほかにて全国公開される。この度、30秒予告&ビジュアルが解禁された。






『ミッドサマー』を継承する
新たな鬼才の北欧サイキック・スリラー


©Mer Film




2021年第74回カンヌ国際映画祭ある視点部門正式出品、2022年ノルウェーのアカデミー賞アマンダ賞で、監督・撮影・音響・編集の4部門受賞。世界の映画祭で16映画賞を受賞し、アメリカの批評家サイトRottenTomatoesでは満足度96%を獲得。ジャンル映画ながらそのクオリティの高さを、世界が認め絶賛した北欧サイキック・スリラー『イノセンツ』。舞台はノルウェー郊外の住宅団地。夏休みに友達になった4人の子供たちは、親たちの目の届かないところで隠れた力に目覚める。近所の庭や遊び場で、新しい力を試す中で、無邪気な遊びが影を落とし、奇妙なことが起こりはじめるのだった。近年、『ミッドサマー』『ハッチングー孵化ー』『LAMB/ラム』など北欧スリラーは映画界の最先端に君臨し、映画ファンの心を掴んで離さないが、本作もまたその唯一無二の美しくも不気味な世界の虜になる観客続出必至である。監督を務めたのは、『わたしは最悪。』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたエスキル・フォクト。ヨアキム・トリアー監督の右腕として、『母の残像』『テルマ』『わたしは最悪。』の共同脚本を共に手がけてきた。本作はフォクト監督の長編二作目で、日本劇場初公開の監督作品となる。団地を舞台に子どもがサイキック・バトルを繰り広げると言えば、大友克洋の「童夢」を想起する人も多いはずだが、まさにフォクト監督は「童夢」からインスピレーションを受けて本作を創り上げた。












その特殊な能力は、とどまるところを知らずにふくれ上がり過激になっていくー。
北欧サイキック・スリラー『イノセンツ』30秒予告






解禁された予告は、両親と重い自閉症でまったく言葉を話せない姉アナとともに緑豊かな郊外の団地に引っ越してきた9歳の少女イーダに、同じ団地の別棟に住むベンが「いいもの見たい?」と声を掛けるところから始まる。無邪気に森の中で遊び始めるベンとイーダ。ベンがイーダが構えた木の棒の方に向けて力を込めると、真っ二つに木が折れ、二人は大興奮する。実はベンは心の中で念じただけで、小石などの物体を動かすことができる特殊な能力を持っていたのだ。その魔法のような力に驚いたイーダは、たちまちベンと親しくなり、大人たちの目が届かないところで、サイキック・パワーのテストを繰り返していく。しかし、他人を自在に操れるようになったベンのネガティヴな想念が暴走し、もはやとどまるところを知らずにふくれ上がり過激になっていくー。「やめてママ!」と怯えるアイシャ、突如吠え出す犬。指に抵抗し曲がる水。額から血を流す女性。ガラスを手で握り滴る血。倒れ込む少女。これらは一体、何を表すのかー。遊びだった時間は次第にエスカレートし、取り返しのつかない狂気となり、<衝撃の夏休み>が始まるのだった。





日本版ビジュアルは、ヨアキム・トリアー監督作『わたしは最悪。』も手がけたアートディレクターの石井勇一が担当。重力に反し、逆さまになった少年少女が住む団地とブランコの前に、仰向けでブランコに乗る少女の姿が不穏に佇む。重力がぐちゃぐちゃになった世界に、ところどころ半転した「大人には、秘密。」の文字が、一筋縄ではいかない空気をさらに駆り立てている。

この夏、世界が身震いした衝撃の北欧サイキック・スリラー『イノセンツ』の続報に注目したい。










©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film
©Mer Film










STORY

ノルウェー郊外の住宅団地。夏休みに友達になった 4 人の子供たちは、親たちの目の届かないところで隠れた力に目覚める。近所の庭や遊び場で、新しい”力”を試す中で、無邪気な遊びが影を落とし、奇妙なことが起こりはじめるのだった。








監督・脚本:エスキル・フォクト

撮影監督:シュトゥルラ・ブラント・グロヴレン

音楽:ペッシ・レヴァント

出演:ラーケル・レノーラ・フレットゥム、アルヴァ・ブリンスモ・ラームスタ、ミナ・ヤスミン・ブレムセット・アシェイム、サム・アシュラフ、エレン・ドリト・ピーターセン、モーテン・シュバラ

2021年/ノルウェー、デンマーク、フィンランド、スウェーデン/ノルウェー語/117分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/原題:De uskyldige/英題:THE INNOCENTS/日本語字幕:中沢志乃  

提供:松竹、ロングライド 配給:ロングライド

公式サイト:https://longride.jp/innocents

© 2021 MER FILM, ZENTROPA SWEDEN, SNOWGLOBE, BUFO, LOGICAL PICTURES






7 月 28 日(金)新宿ピカデリーほか全国公開


Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − twelve =