『グラインドハウス』日本最終公開!『U.S.A.バージョン』が35mmフィルムで5/21(土)、22(日)、28(土)、立川にて上映決定!他にも全国各地で最終上映!

pick-up イベント・映画祭 オススメ 映画



上映権利終了につき、『グラインドハウス U.S.A.バージョン』が
35mmフィルムで立川シネマシティにて日本最終上映!



クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組み、往年のB級映画専門劇場の名を冠し、ジャンル映画を競作した画期的なイベント・ムービー『グラインドハウス』
2022年5月末の上映権利終了につき、立川シネマシティ(東京)では、5/21(土)、22(日)、28(土)の三日間限定で、『グラインドハウス U.S.A.バージョン』(「プラネット・テラー」「デス・プルーフ」の二本立て+「フェイク予告編」)を35mmフィルムにて日本最終上映する。



『グラインドハウス U.S.A.バージョン』(立川シネマシティ上映版ポスター・劇場公式サイトより)




また、その他の地域の劇場でも、5月末の上映権利終了を前に、日本最終上映が続々予定されている
(記事後半に劇場とスケジュールを掲載。なお、立川シネマシティは35mmフィルムでの上映ですが、他の劇場はその限りではなく、上映形態の詳細は各劇場のサイトでご確認ください)。


「プラネット・テラー in グラインドハウス」配給:写真提供:ブロードメディア© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.



「デス・プルーフ in グラインドハウス」配給:写真提供:ブロードメディア© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.














(立川シネマシティ公式サイトより)



5/21(土)22(日)28(土)『グラインドハウス』【R15+】35mmフィルム上映決定。
タランティーノ×ロドリゲスが放ったクソ傑作2本立て、上映権切れ日本最終上映

 

「シネコン界の墓掘り人夫」ことシネマシティとしては、このクソ傑作が2022年5月28日(土)で国内上映権が切れると聞いて放置しては、名が廃る。
 
 見送りの皆さまには、急きょすぎて3日しか確保できずに大変申し訳ないが、しかし、今作の真に正しい鑑賞形式である「35mmフィルム上映」そして、ロブ・ゾンビ、エドガー・ライト、イーライ・ロス監督らによるフェイク予告編(ただし、内1本は後にフェイクではなくなった)を含む『プラネット・テラー』『デス・プルーフ』の「2本立て」という古式に則ったスタイルでその最期を送る。

 かつてのポンコツ映画2本立て時代を知るベテラン映画ファンはノスタルジーとして、フィルムってなに?という若きシネフィルルーキーは新体験として、まもなくロストテクノロジー化するであろう「35mmフィルム上映」を死ぬ前に一度、ぜひ。

 もちろん、この偉大なるクソ傑作への Love and Respect で、最大劇場aスタジオを用意する。





【イベント概要】

日時■2022年5月21日(土)22日(日)28日(土)夕方 3日間限定上映
会場■シネマ・ツー/aスタジオ
特別料金■3,000円均一 ※各種割引適用なし
チケット■通常スケジュールでWeb予約およびツー窓口販売

上映時間確認およびWeb予約はこちら
https://res.cinemacity.co.jp/TicketReserver/studio/movie/2521











22年5月末の上映権利終了につき、
全国の劇場でも『グラインドハウス』の最終上映が続々決定!







5/20~ 東京:キネカ大森「プラネット・テラー in グラインドハウス」上映

5/21 名古屋:シネマスコーレ「デス・プルーフ in グラインドハウス」上映

5/21、22、28 立川シネマシティ「グラインドハウス USAバージョン」計3回上映

5/28 東京:新文芸座「デス・プルーフ in グラインドハウス」レイトショー1回上映

5/28 京都みなみ会館「グラインドハウス USAバージョン」1回上映

5/28 兵庫:パルシネマしんこうえん「プラネット・テラー in グラインドハウス」オールナイト上映


※最新情報と詳細は必ず各劇場の公式サイトをご参照ください。











【作品紹介】


『グラインドハウス USAバージョン』

2007年/アメリカ映画/本編191分/R-15+  配給:ブロードメディア


『グラインドハウス U.S.A.バージョン』ポスター




<構成内容>



「デス・プルーフ」  

「デス・プルーフ 」© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.



監督/脚本/撮影:クエンティン・タランティーノ(『イングロリアス・バスターズ』『パルプ・フィクション』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』) 
キャスト:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ、ローズ・マッゴーワン、クエンティン・タランティーノ  





「プラネット・テラー」  

「プラネット・テラー」© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.



監督/製作/脚本/撮影/編集/音楽:ロバート・ロドリゲス(『マチェーテ』『シン・シティ』) 
キャスト:ローズ・マッゴーワン、フレディ・ロドリゲス、マイケル・ビーン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)、クエンティン・タランティーノ、ブルース・ウィリス  



<フェイク予告編>  

「マチェーテ」  
監督:ロバート・ロドリゲス キャスト:ダニー・トレホ/ジェフ・フェイヒー/チーチ・マリン  

「ナチ親衛隊の狼女」  
監督:ロブ・ゾンビ(『ハロウィン』『スリー・フロム・ヘル』)   
キャスト:ウド・キア/シェリ・ムーン・ゾンビ/シビル・ダニング/ニコラス・ケイジ  

「感謝祭」 
監督:イーライ・ロス(『ホステル』 『グリーン・インフェルノ』)  
キャスト:マイケル・ビーン/ティム・ロビンス/イーライ・ロス/ジョーダン・ラッド/ジェフ・フェイヒー  

「Don’t/ドント」  
監督:エドガー・ライト(『ラストナイト・イン・ソーホー』『ショーン・オブ・ザ・デッド』)  
キャスト:サイモン・ペッグ/ニック・フロスト/ケイティ・メルア/ジェイソン・アイザックス/スチュアート・ウィルソン  






単体上映はディレクターズ・カット版

『プラネット・テラー in グラインドハウス』
2007年/アメリカ映画/本編105分/R-15+  配給:ブロードメディア

「プラネット・テラー in グラインドハウス」© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.



『デス・プルーフ in グラインドハウス』
2007年/アメリカ映画/本編113分/R-15+  配給:ブロードメディア

「デス・プルーフ in グラインドハウス」© 2007 The Weinstein Company,LLC. All Rights Reserved.












“グラインドハウス”とは?  



 “グラインドハウス”とは、かつてアメリカの大都市周辺に数多く存在し、刺激的なインディーズ系映画ばかりを2~3本立てで上映していた劇場のこと。

この類の映画は、しばしばエクスプロイテーション(センセーショナルな側面を持つ低予算のB級映画)というサブジャンルに分類された。スラッシャー、性を売り物にするセクスプロイテーション、黒人を特定ターゲットにしたブラックスプロイテーション、カー・アクションやマカロニ・ウエスタン、香港カンフー映画などがいっしょくたに、生々しい予告編と共に上映された。  

 当時、グラインドハウスでかかっていた低予算映画は、フィルムが多くても20本程度しかプリントされなかった。それが国中のグラインドハウスを巡って使い回される為、フィルムには派手な傷、飛び、ブレが生じ、酷い時にはリールごと紛失、などという事態も珍しくなかった。この映画を「体験」として送り出したいと考えたタランティーノ&ロドリゲスは、あえてこうしたダメージを作品で再現させている。  

当初の構想通りアメリカでは、タランティーノの『デス・プルーフ』とロドリゲスの『プラネット・テラー』を2本立てのパッケージにし、さらに4つのフェイク予告を挟んだ『グラインドハウス』という1つの作品として公開された(日本では『グラインドハウス USAバージョン』として限定上映実施)。

アメリカ以外の国では権利元であるワインスタイン・カンパニーの意向により、2本立ての為にカットしたシーンなどを編集し直し、それぞれ『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『プラネット・テラー in グラインドハウス』として劇場公開された。











【関連商品】


デス・プルーフ [Blu-ray]



プラネット・テラー [Blu-ray]




マチェーテ [Blu-ray]





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × 4 =