貞子・伽椰子を超えた!?恐怖の使者“さな”もサプライズ登壇!GENERATIONSのメンバーも戦慄!清水崇最新ホラー映画『ミンナのウタ』 7/11(火)完成披露試写会 レポート

pick-up イベント・映画祭 インタビュー・コメント オススメ




きっと、あなたも口ずさむ
清水崇監督最新作 GENERATIONS主演


『忌怪島/きかいじま』も公開中の、Jホラーの巨匠・清水崇監督の最新ホラー映画『ミンナのウタ』が8月11日(金)より全国公開される。
この度、7 月11日に丸の内ピカデリーで完成披露試写会イベントが実施され、GENERATIONS(白濱亜嵐、片寄涼太、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太、数原龍友)、早見あかり、マキタスポーツ、そして清水崇監督が登壇した。この模様をリポートで紹介する。


© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved



人気ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」(白濱亜嵐、片寄涼太、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太、数原龍友)が全員本人役で出演する本作。

本作は「呪いのメロディ」を奏でる謎の少女・さなから送られてきたカセットテープをきっかけに、彼女に標的にされた GENERATIONS メンバーが、マネージャーや探偵とともに、その怪異に迫るホラーストーリー。近年稀にない「怖すぎる」予告編にクレームが殺到したりと、J ホラーの原点を感じさせるような内容に注目が集まっている。













貞子・伽椰子を超えた!?恐怖の使者“さな”もサプライズ登壇!
白濱亜嵐らGENERATIONSのメンバーも、呪いのメロディに戦慄!!
映画『ミンナのウタ』 7/11(火)完成披露試写会オフィシャルレポート


左から、早⾒あかり、中務裕太、佐野玲於、数原⿓友、⽩濱亜嵐、⽚寄涼太、⼩森隼、関⼝メンディー、マキタスポーツ、清⽔崇監督


会場のロビーは赤い照明で照らされ、謎の少女・さなをあしらったパネルが置かれたフォトスポットがお出迎えするなど、さながらお化け屋敷。





しかし舞台挨拶が始まると GENERATIONS のメンバー全員が本人役を演じていることから、「白濱亜嵐役の白濱亜嵐です」などシュールな挨拶で始まり、笑いの絶えない明るい雰囲気となった。

そして話題は、「一番怖かったシーン」に。テープを逆再生するシーンを挙げた白濱は「撮影中にメンディー君がおかしくなりました。『止めて!』というセリフを言わなければならないところを、何故かメンディー君が言わない方がいいと思ったらしくて『ううううう』と悶え始めて…」とメンディーの謎のアドリブを回想。さらに「悶えるのをやめて、セリフを言ったと思ったら、『ヤメテー!』と急にオネエ感が出た」と白濱。セリフを言わなかったのは関口の勘違いが原因だったそうだが、当の関口は「…全部呪いのせいです」と神妙だった。



片寄は自身のシャワーシーンを挙げて「曇り具合や泡の隠し具合など、難しさと怖さがあって、この映画を観たらシャワーに入れなくなるかも」と予告。すると関口は「僕的には王子の裸体がもっと見たかったので『泡多いな…』と思った」と残念がっていた。数原は主題歌『ミンナノウタ』を聴きどころに挙げ、「苦しみや悲しみ、そこからあふれ出す両極端の感情を GENERATIONS 史上一番表現できた曲」と胸を張り、清水監督が「GENERATIONS と言えばポジティブな曲が多いのに、こんなに映画の世界観に近づけてもらっていいのかなと心配になった」と新境地だと太鼓判を押していた。

小森は「ラジオブースのシーンがとてつもなく怖い!ザッツ・ホラー映画的な怖さがある」と見どころを挙げ、佐野は「ホラーの醍醐味である、夜道の場面。あまりにも怖いので今日は帰れないと思いますよ。完成した作品を観た時は、自分で展開を知っているのにも関わらず身構えてしまいました」と怯えていた。

予告編でも使用されている、小さな男の子が廊下を走ってくる場面をピックアップしたのは関口。「純真無垢な小さな子供が、ただただ廊下を走ってくるのは想像以上に怖かった」と言うも「撮影の都合上、廊下を斜めに走らなければならなくなった際に子役の男の子が混乱。手と足を同じにして走ってきた。あれも呪いです」と可愛らしいハプニングを報告していた。一方、中務は「廃墟に入っていくシーンは怖いです。深夜の廃墟には行けなくなりますよ!」と呼び掛けるも、メンバーから「不法侵入!」と突っ込まれていた。





GENERATIONS マネージャー・角田凛役の早見は「ホラーは苦手で、この映画で初めてホラー映画を終わりまで観ました。スクリーンで観ると音や暗さなど迫力の体感レベルが違う。スクリーンで観るべき!」と猛プッシュ。探偵・権田継俊役のマキタスポーツは「僕が 8 人目の GENERATIONS。担当カラーはワインレッド」とボケながらも「意味は分からないのだけれど、怖いところがある。理屈ではない怖さがあるので、油断禁物です。みなさん、トイレに行っておいた方がいいですよ」と観客に警告していた。

『呪怨』シリーズなど傑作 J ホラーを生み出してきた清水監督は「ホラーというと死ぬことが意識されがちですが、僕は生も死も同一線上にあると思っています。さなちゃんのポジティブな部分であるはずの夢と希望の裏側にあるものを感じ取ってもらえたら」とアピールしていた。

キャスト同士、和気あいあいと進んだ舞台挨拶もそろそろお開きかと思われた次の瞬間、MC のマイクに謎の不調が襲い掛かり、場内には不穏な「メロディー」が…。満員御礼の客席から悲鳴が上がり目を向けると、なんとそこにはカセットテープを配り歩く謎の少女・さなの姿。





怖すぎるサプライズにキャスト陣も「うわー!さなが歩いている!悲鳴が上がっている!」などとお騒ぎ。そのままさなはおもむろにステージに登壇し、関口や白濱らに無言で呪われたカセットテープを渡しながら、集合写真にもちゃっかりと写りこむ禍々しさを炸裂させていた。





最後に白濱はキャストを代表して「僕自身ホラーが好きで、ホラーファンの皆さんには『皆さんの観たかったものがついに公開されますよ!』と伝えたいです。女子学生、制服、おかっぱ頭、カセットテープ…。僕ら日本人の DNA に刷り込まれている怖いものが詰め込まれた映画です。謎の少女・さなにビビッていただき、楽しんでください」とアピールしていた。







【ストーリー】

©2023「ミンナのウタ」製作委員会




人気ラジオ番組のパーソナリティを務める、GENERATIONSの小森隼。収録前にラジオ局の倉庫で30年前に届いたまま、放置されていた「ミンナノウタ」と書かれた一本のカセットテープを発見する。その後、収録中に不穏なノイズと共に「カセットテープ、届き…ま…した…?」 という声を耳にした彼は、数日後にライブを控える中、突然姿を消してしまう。

マネージャーの凛は、事態を早急且つ秘密裏に解決するため、元刑事の探偵・権田に捜査を依頼。メンバー全員に聞き取り調査を進めるが、失踪した小森がラジオ収録の際に聞いた「女性の鼻歌のような、妙なメロディーが頭から離れない」と言っていたことが判る。そして、リハーサル中に他のメンバーたちも “少女の霊”を見たと証言。ライブ本番までのタイムリミットが迫る中、リーダーの白濱亜嵐、凛、権田は捜索に乗り出す。やがて、少女の霊の正体は、“さな”という女子中学生だということが判明するが、彼女が奏でる“呪いのメロディー”による恐怖の連鎖が始まり・・・。

一体、彼らに何が起こっているのか? この先に待ち受ける、想像を絶する結末とはーーー!?


©2023「ミンナのウタ」製作委員会










【作品概要】

出演 : GENERATIONS 白濱亜嵐 片寄涼太 小森隼 佐野玲於 関口メンディー 中務裕太 数原龍友

早見あかり / 穂紫朋子 天野はな 山川真里果

マキタスポーツ

主題歌 : 「ミンナノウタ」GENERATIONS(rhythm zone / LDH JAPAN)

監督 : 清水崇 / 脚本:角田ルミ 清水崇 / 音楽:小林うてな 南方裕里衣

製作 : 「ミンナのウタ」製作委員会 / 製作幹事 : 松竹 テレビ東京 / 企画・配給 : 松竹

制作プロダクション : ブースタープロジェクト ”PEEK A BOO films”

©2023「ミンナのウタ」製作委員会 上映時間:102分 映倫区分:G

公式サイト : https://movies.shochiku.co.jp/minnanouta/

公式Twitter : https://twitter.com/minnanouta_MG

公式Instagram : https://www.instagram.com/sana_minnanouta/

公式TikTok : https://www.tiktok.com/@sana_minnanouta/





8月11日(金) ROADƧHOW



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 5 =