【読者プレゼント】「オカルトの森へようこそ」7/22(金)放送開始記念!堀田真由インタビュー&サイン入りチェキプレゼント!

pick-up 「cowai」インタビュー インタビュー・コメント オススメ



異界と繋がる祟りの森で、カメラに記録されていく戦慄の映像。
予測不能のノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー!



WOWOWが白石晃士監督とタッグを組んで贈るオリジナル企画「オカルトの森へようこそ」がいよいよ7月22日(金)午後11時30分より放送・配信される [全6回])。
本作は『貞子vs伽椰子』『不能犯』を手掛け、ホラー映画を得意とする白石晃士が監督・編集・出演を務めるオリジナルPOV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)ホラー。


この放送開始を記念して、「cowai」では、今注目の若手女優である主演の堀田真由のインタビューを敢行。
さらに、彼女のサイン入りチェキを抽選で一名様にプレゼントします。(応募方法は記事の後半に掲載)


ポスタービジュアル



白石監督はこれまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ、『ある優しき殺人者の記録』『オカルト』などで自身がカメラマンとなり、POVで展開する臨場感あふれる映像を届け、ファンから支持されているだけに本作は待望の新作となる。

“オカ森”を冒険するメンバーとして、主人公の助監督・市川美保役に堀田真由、オラオラ系の美しきカリスマ金髪霊媒師・ナナシ役に飯島寛騎、映画監督・黒石光司のファンであり、恐ろしい体験の発端となる精神錯乱気味の美女・三好麻理亜役に筧美和子、行方不明の女の子を捜索中に黒石たちと森で出会い行動を共にする“自称・正義の味方”のスーパーボランティア・江野祥平役に宇野祥平、そして監督の黒石光司役には白石晃士監督本人が扮する。

異界と繋がる祟りの森を舞台に、黒石光司率いる5名が次々と迫りくる恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かう。黒石のカメラが恐ろしい出来事を撮り続ける、ノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー。













「WOWOW オリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」
7/22(金)放送開始記念
主演・堀田真由インタビュー






――WOWOWのドラマ出演について

堀田真由: やっぱりデビュー作がWOWOWさんだったので、いつか戻ってきたい場所でもあり、そこで主役を演じられるのは原点に立ち帰るという意味でも、ぜひ挑戦したい作品だと思いました。

――ホラー作品はいかがですか?

堀田: 私自身はホラーを見るのがちょっと苦手なので(笑)、大丈夫かな?って思ったんですけど……。でも演じる側としては、ホラー作品を何本かやらせていただいて、その醍醐味というか、楽しい部分も知っていたつもりです。しかも白石監督はホラーの巨匠でもあるし、WOWOWの作品という、新しい可能性も感じて、これはやらなければと思いました。

――演じる上でホラーの醍醐味、楽しい部分を実感されたと話されましたが、ホラーのどんなところに惹かれますか?

堀田: そうですね、現実と非現実の間といいますか、実際には起こっていないけど、もしかしたら本当にそんな世界があるのかもしれないって思えるところが、エンターテイメントとしての面白さかなと思います。

作品を見ている間だけは、日常を忘れられる時間がホラーにはありますし、単に怖いだけではなく、いろんな要素が組み込まれてる。霊的なもの、お化けみたいなものもそうですし、エンタテインメントでありつつ、人の憎悪とか感情の面も詰まっていて、ホラーって知れば知るほど面白いなあと思っています。


――そんな堀田さんにとって『オカルトの森へようこそ』はどんなホラー作品ですか?

堀田: まず、CGを使ったいろんな化け物たちが出てくる(笑)。それと、ホラーの枠組みだけど、ホラーが苦手な方でも楽しめるような面白さがあると思います。普通のホラーともまた違った、予測できないノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャーみたいな(笑)、そこがこの作品の良さかなと思います。












フェイクドキュメンタリーだから、
監督からは「ナマっぽさを大事にしてほしい」って


Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV




――台本を読んだ感想は?

堀田: 最初に読んだ時は、正直「難しい」と思ったんです。白石監督の頭の中で描かれていることで、CGもどういうふうなものになるのかわからなかったので。台本を読んでいても、いったいどんな世界になるのか想像ができなくて。ただもうすごく叫んでいたり(笑)、ずっと走っていたりとか、とにかく大変な撮影になるんだろうなって覚悟はありました。ただ、撮影の前に読み合わせがあったので、その時に監督から「この化け物はこういう感じでイメージしていて」ってイラストを見せていただいて、それでようやく「あ、なるほどこういう感じなんですね」って。監督ともお話しさせていただいて、自分の中でも納得というか、台本のイメージを理解できたと思います。

ただ、現場で起こることもいっぱいあって、台本もまた変わっていきますし、そこは柔軟に対応しないといけないと思いました。


――白石監督は自ら脚本を書き、監督を務めつつ、カメラマンで撮影して、出演までされている点については?

堀田: 普段であれば、監督って離れたところにいらっしゃって距離感があるんです。現場で監督から「ここをこうしてほしい」って言われても、ちょっと間があってから届くのですが、白石監督の場合はその場にいて「こう踏まえた上でこういうふうにやってほしい」って直接言ってくださるので、それは演じていても、これまで以上にやりやすかったです。それにスタッフの皆さんも少ない人数だったので、ワンチームという感じで、みんなで作り上げたって感じがしました。

――演じる上で監督とはどんなやり取りがありましたか

堀田: 今回はフェイクドキュメンタリーということで、監督からは「ナマっぽさを大事にしてほしい」って言われました。


黒石監督役の白石晃士監督




堀田: 私自身、いろんな役をやらせていただいて、原作物だったり、ちょっと前には鎌倉時代とか(笑)、作り込むお芝居が増えていて、どこかこう“演じている感”が出てしまっているかも?と思い始めていたんです。
だから、ナチュラルな、ナマっぽさを求められる作品ってなかったので新鮮で、WOWOWさんだからということもあって、初心に戻れた気がしますね。

監督からも「今ちょっとセリフっぽかった」とか、「セリフの語尾を変えてもらってかまわない。意味が通じればいい」と言われて、「バラエティーのロケに行ってるような感覚で」って教えていただいた時は、それならちょっとわかるかも、って(笑)。

でも、ナマっぽい芝居って難しいですよね。ドキュメンタリー風だからこそ、芝居力が試されるなと思いました。


――監督が共演者として、常に間近にいるというのもなかなかない体験と思いますが。

堀田: そうですね。白石監督は撮影中、一番近くにいてくださったので、たぶん自分のちょっと駄目な部分にも、近くにいるからこそ、生(ナマ)の芝居を見て感じてくださる部分、そしてカメラを通して堀田真由という役者を見てくださる部分の両方があったと思います。












まさか初めてのアクションの相手が“化け物”とは…





――助監督という職業のヒロインは実際に演じられてどうでしたか。

堀田: もう本当に面白かったですね(笑)。ちょっと難しさはありましたけど、なかなかできない役なので。

これまでもたくさんの現場で、助監督の方のいろんなお姿を見てきて、「こんな感じかな」って思い出しながら、想像力を膨らませて演じました。この作品の情報が解禁されてから、いろんな現場で助監督の方に「助監督役どうでしたか」って聞かれて(笑)。皆さんも楽しみにしてくださってるのかなと思います。


――監督との丁々発止のやりとりが印象的でした。

堀田: なかなか強めのキャラクターでしたね (笑)。楽しかったです。





――堀田さんがこういうキャラを演じるのも意外というか新鮮に思います。

堀田:  (演じた市川は)監督のことを尊敬してるんですけど、すごく強気で辛辣なことを言う女の子で、それも監督への愛といいますか、好きだからこそ。でもそれが強くなりすぎても、逆に弱すぎても違いますよね。黒石監督がちょっとふんわりされてる役柄でもあったので、そこをぴしっと背中を叩けるような人じゃないと。それと、彼女がその場を引っ張っていかなきゃいけない進行役でもあったので、そこは意識していました。

――現場で一番大変だったのは?

堀田: 出てくる化け物が(後で合成される)CGなので(現場には存在しない)。どれぐらいの大きさで、どのぐらいの距離でいるんだろうとか、どれぐらいのパワーで追いかけてくるのかとか、何匹ぐらいいるんだとか(笑)、すべて白石監督の頭の中にあるものだったので、キャスト全員が同じイメージを持ってやらないと、完成した時にすごく差が生まれるなと思いました。だから現場では、どれぐらいの化け物なのか、常に聞きながら、皆さんと話し合いながら演じました。

――クライマックスではアクションも演じられました。

堀田: アクションは他の作品でもやったことなかったので、楽しかったですけど……、まさか初めてのアクションが人ではない(笑)化け物とは……(笑)。いい経験にはなりました。

――助監督なのにアクションもかっこいい(笑)という、市川を演じる上で参考にされた作品はありましたか。

堀田: 演じる前に、監督から「『ドラゴン・タトゥーの女』を見てください」と言われました。

あの映画の主人公も、一見とてもタフで強い女性だけど、どこかに弱さや本心も見え隠れする、人間らしさが感じられるキャラでしたので、それを意識しながらも、自分なら市川をどう演じるべきか、常にイメージをしていました。


Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV












けっこう本気で腹から声を出す、
「うわぁぁぁっ!!!」みたいなことが多くて





――撮影はいつごろでしょうか。

堀田: 去年の真夏に撮影をしていたので、とっても暑かったですね。
山の中にほとんどいたので、電波もなかったですし(笑)、みんなで一致団結していました。
山も途中までは車では行けたんですけど、その奥の頂上みたいな、一番上までは車が通れないので、みんなでその現場に行くまでに、もう汗をかくというか(笑)、みんなで「頑張ろう」って励まし合いながら山を登りましたね。

――山の奥の廃墟での撮影はいかがでしたか。

堀田: 撮影は日中で、日が暮れるまでではあったんですけど、廃墟や沼は何かがいそうで昼間でも怖いですね。
廃墟では、大きな虫がお亡くなりになられてたりとか(笑)。水辺には鹿のフンもけっこうあって、あ、鹿が出るんだって、みんなと話していました。
でも、ふだんなかなか行けない場所、撮影じゃなきゃ絶対に行かないような場所に行けたことは、楽しかったですね。

――現場で何か怖い体験、不思議な体験は?

堀田: そうですね。泊っていたホテルで、夜中に電車の通る音がうるさくて寝れなかったことがあったんです。翌朝、隣の部屋のマネージャーさんに「夜中になんか電車動いていましたね」って言ったら、「えっ、動いてなかったですよ」って不思議そうな顔をされて。たしかに夜中なので電車は止まっていたようですが、あの音はいったい…。それぐらいですか(笑)。

――現場で、共演者の方とはどんなやりとりをされましたか。

堀田: 筧美和子さんとは唯一女性キャストの方だったので、すごく仲良くさせていただいて。
山の中は虫とかもすごく多かったので、刺されないようにお互いの虫よけやムヒパッチを交換したり分け合ったりとか、日焼けしないようにとか、女性同士のケアみたいなことは撮影中ずっとしていましたね。


Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV




――スーパーボランティア役の宇野祥平さんとの掛け合いも印象に残っています。

堀田: 宇野さんはムードメーカーでしたね。一番率先して皆さんに話しかけてくださったりとか。私は以前にもご一緒させていただいていたので、宇野さんから「またお会いできて嬉しいです」って言ってくださって。私も前の現場で、ちょっと困った時にも相談したりとか。

(以前に共演した時から)私も年齢を重ねて、作品も重ねていったので、「今回はよりいいチームワークにしていこう」「座長としてもっともっと盛り上げていかなきゃいけない。頑張らなきゃ」って、すごく思っていたんですけど、どこかで自分の性格が「前に前に」っていうタイプではないので、悩むことも多くて、宇野さんに「こんな座長で大丈夫なんでしょうか」って話したんです。そうしたら宇野さんから「そこが(堀田さんの)良さなんじゃない。やりやすくていいよ」と言ってくださって。とても心強かったですね。


――座長(主演)として心掛けていたこと、大事にしていたことはありますか。

堀田: なにより、声を出す。(笑)
そんなに普段大きな声で喋らないので、声を出すのも、やっぱエネルギーが出てくるかなと思って(笑)。
演じている市川としても、逃げる時や絶叫する時も、やっぱり声を出すエネルギーによって、皆さんにもパワーが湧き出せたらいいなって思っていました。

けっこう本気で腹から声を出す、「うわぁぁぁっ!!!」みたいなことが多くて。
しかもヨーイドンで声を出すんじゃなくて、本番で監督から「よーい」みたいにかかる時に、先に声を出すんです。気合を入れるといいますか、先に「ぐわーっ」てギアを上げて、本番に入るっていう感じでした。


――異様に迫力ある絶叫はそうやって生まれたんですね。その気合が、他の濃いキャラたちに負けない市川を生み出したんでしょうか。

堀田: とにかく市川が真ん中に立ってみんなを引っ張っていかなきゃいけない、助監督として盛り上げなきゃいけないって感じはあったので。今回はどこか堀田真由っていうより、市川としてできることを考えて演じていましたね。

――最後にこの作品の見どころとメッセージをお願いします。

堀田: ホラーであり、ドキュメンタリー風でもあり、なかなかこういう形で融合する作品って、これまでなかったと思います。個人的にもナマっぽい芝居は本当に久しぶりですし、WOWOWさんという原点に立ち帰ることができたという意味でも、ぜひたくさんの方に見ていただけたらなと思います。

――ありがとうございました。






堀田 真由 Hotta Mayu



プロフィール

1998年4月2日生まれ 滋賀県出身。
2014年、新人発掘イベント「オーディションフェス2014」で3万2214人の中からWOWOWドラマ賞を受賞。2015年、WOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』でデビュー(主演の仲里依紗の妹役)。
NHK連続テレビ小説「わろてんか」(2017年)で注目を集め、その後、NTV「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」、映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」などの話題作に多数出演し、映画「プリズン13」(2019年)、CXドラマ「サロガシー」(2021年)では主演を務める。
その他の出演作に、ドラマではTBS「恋はつづくよどこまでも」、NHK連続テレビ小説「エール」、FOD(CX)「いとしのニーナ」ヒロイン、TBS「危険なビーナス」、EX「言霊荘」、映画では「ライアー×ライアー」、「るろうに剣心 最終章 The Beginning」、「ハニーレモンソーダ」などがある。2022年に入ってからの出演作品は、初声優で主演を務めたアニメ「ブルーサーマル」、WOWOW連続ドラマW「正体」、東海テレビ「クロステイル~探偵教室~」、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」などがある。






「WOWOW オリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」

2022年7月22日(金)午後11時30分放送・配信スタート[全6回]
第 1 話無料放送【WOWOWプライム】/無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】
「オカルトの森へようこそ THE MOVIE」 8月27日(土)全国劇場【3週限定】公開&デジタル配信開始
Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV

スタイリスト:小林新(UM)
ヘアメイク:菅井彩佳(NICOLASHKA)













「オカルトの森へようこそ」7/22(金)放送開始記念
堀田真由サイン入りチェキを一名様にプレゼント!





<応募方法>

応募締め切りは2022年7月29日(金)
応募方法は、WEB映画マガジン「cowai」twitter公式アカウント(@cowai_movie)をフォローし、該当するプレゼント記事ツイート( https://twitter.com/cowai_movie/status/1550132005576523777 )をRTしてください(すでにフォローされている方は、ツイートのRTのみで結構です)。


<抽選結果>

締め切り後に抽選を行い、当選された方に「cowai」公式TwitterアカウントよりDMで通知、発送させていただきます。
(諸般の事情や、災害等やむを得ぬ事情で発送が遅れる場合があります)



皆様のご応募お待ちしています!


【応募の注意点】

〇当選後に住所の送付が可能な方のみご応募ください(日本国内のみ有効)。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
〇当選品は映画配給会社よりご提供いただいたプロモーション目的の非売品扱いとなります。このため、傷や汚れ等があっても交換はできませんので、ご了承ください。
※非売品につき転売目的のご応募は禁止とさせていただきます。
〇抽選結果や抽選経過に関して個別のお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。











7月22日(金)放送・配信開始のWOWOW版に加えて
劇場版「オカルトの森へようこそ THE MOVIE」も8月27日(土)より公開決定!



ドラマ版では放送されない特別なプロローグシーンを加えた劇場版『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』も8月27日(土)より公開が決定。
また、「ひかりTV」でも見逃し配信が決定!WOWOW放送と同時スタート! ドラマで、映画で、配信で、この夏を侵食するオカルトの森へようこそ!











<ストーリー>

Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV




ホラー映画監督の黒石光司(白石晃士)は助監督の市川美保(堀田真由)を引き連れて、実録映画の撮影のために山奥の家を訪れる。そこには黒石の映画のファンだという、精神錯乱気味の美女・三好麻里亜がいた。彼女は必死に訴える、「私が体験した出来事は、監督の映画の内容そのものなの」と。そして不気味な麻里亜の家で、黒石のカメラが思いもよらぬ現象を捉え始める。事態はより恐ろしく、不可解で危険な方向へと猛スピードで向かっていく。
次々と恐怖が迫りくる森の中、“スーパーボランティア”の男性に助けられ、さらにイケメン霊媒師も加わり、カメラは絶えず恐ろしい出来事を記録していく。麻里亜を救うため、そして傑作映画を作るため、撮影隊の冒険が始まる。

黒石のカメラが、恐ろしい出来事を撮り続ける、ノンストップ・ジェットコースター・ホラー・アドベンチャー。











番組情報



番組情報

◆番組名: 「WOWOW オリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」
7月22日(金)午後11時30分放送・配信スタート [全6回]
第 1 話無料放送【WOWOWプライム】/無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】

監督:白石晃士
出演:堀田真由 飯島寛騎/筧美和子 宇野祥平/白石晃士

◆番組サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/okamori
総合サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/okamori
◆公式 Twitter アカウント:@okamori_jp
Ⓒ2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV




WOWOWで7月22日(金)午後11時30分放送・配信スタート![全6回]
第1話無料放送【WOWOWプライム】
無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】

8月27日(土)特別版の劇場公開も決定!










【関連作品】

『オカルト』【DVD】



『カルト』はAmazon Prime Videoで配信中





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven − five =