明日9/11(金)公開!『妖怪人間ベラ』ベラが女子高生!?新たなホラーとしてのリブート!

映画


人間になんかなりたくない
ベラを新たなヒロインにTVアニメを実写リブート!



TVアニメ「妖怪人間ベム」に登場するキャラクター、ベラをヒロインに新たな設定で描く実写映画『妖怪人間ベラ』が9月11日(金)より、池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国で順次公開される。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会



50年を経てなお、様々な形でリメイクされ、2011年には実写ドラマからの映画化、そして秋には完全新作TVアニメの劇場版が公開するなど今なお進化を続けている「妖怪人間ベム」。
多くのファンを持つ本作が、今度は妖怪人間ベラに焦点をあて、年齢設定も女子高生という新たな視点から誰も予想しなかった物語でリブート。

オリジナル作品として映画化した本作でメガホンをとったのは、「貞子3D」シリーズでホラーの新境地を開拓、「賭ケグルイ」シリーズで現代が抱える生々しくもどこかファッショナブルな狂気を描くなど、今を生きる敏感な若者の心情や描写に定評のある英勉監督。
「妖怪人間」の世界観をより狂気へと導き、更にドラマチックに描き切っている。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会



「妖怪人間ベラ」によって狂わされていく主人公・新田康介を演じるのは、カリスマ歌手・尾崎豊をモデルにした映画「シェリー」(2014)で初主演を務め、スティーブン・スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」(2018)でハリウッドデビューも果たした森崎ウィン。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会



そして物語のキーとなるベラを演じるのはモデルとして雑誌の表紙を飾りプロモデルとして鮮烈なデビューを果たし、同性代から絶大な人気を誇るemma。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会
Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会



さらに相棒シリーズでもお馴染みの名バイプレイヤーの六角精児や、最近はバラエティでも活躍の場を広げるなどマルチな才能を発揮している堀田茜、また若手有望株の清水尋也、吉田凜音、桜田ひより、小野寺晃良など、ベテランから今が旬な俳優までバラエティに富んだキャスティングを実現!
また主題歌はBREAKERZの新曲『BARABARA』。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会



オリジナルが持つホラーの世界観を完全に表現し、更に登場キャラクターのドラマ性や切なさを描くことで作品に確かな深みと彩りを添えている。

予告編



なお、映画の前日譚となるドラマ『妖怪人間ベラ 〜Episode 0〜』の配信が、2020年8月13日より、Amazonプライムなどで開始されている。

『妖怪人間ベラ 〜Episode 0〜』サイト
https://bela-movie.com/dorama/index.html



連続ドラマ「妖怪人間ベラ episode0」第一話(限定無料配信中)


連続ドラマ「妖怪人間ベラ episode0」第二話(限定無料配信中)







【ストーリー】

全員病んで、全員狂ってく

広告代理店に勤める新田康介(森崎ウィン)は今や忘れ去られたコンテンツである「妖怪人間ベム」の特集のため、後輩の篠原弘樹(清水尋也)と渋々訪れた廃墟で偶然にも幻の最終回を目にしてしまう。その予想もしなかった衝撃の結末に狂いそうになる新田!彼女が街に現れたのはちょうどその時だった———。
転校先の学校でも周りとは明らかに違う雰囲気を持ちながら物静かなベラ(emma)はいつも一人ぼっち。でも独特な美貌の持ち主である彼女に興味を抱いた同級生の牧野沙織(桜田ひより)はすぐに仲良くなろうと近づく。しかし同じ学校の人気者・綾瀬莉子(吉田凜音)のファンでもある彼女の精神は得体のしれない狂気にむしばまれながら病んでいく。一方執拗にベラを追う新田も徐々に狂気的な行動が目立つようになり、次第に家族の鮎美(堀田茜)や陽太(吉田奏佑)との間にも不穏な空気が流れるようになっていく。そんな夫を不安に思った鮎美は探偵の霧島(六角精児)に調査を依頼するも、常に異常なまでに冷静沈着でいる霧島。そしてやがて訪れるベラとの出会い。霧島の真の目的。ベムとベロの行方。果たして幻の最終回が意味するものとは———

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会




妖怪人間ベム50周年プロジェクト

本作『妖怪人間ベラ』のベースとなる妖怪人間ベムとは、1968年に初代TV放送が始まり、そのあと次々とTVアニメ化、実写ドラマ・映画化されている日本でも有数の『妖怪』作品である。誕生から50年を経た今、「はやく人間になりたい」という名台詞も一新されることとなった。



【1968】
©ADK



【2006】

2006 TVアニメ 妖怪人間ベム
-HUMANOID MONSTER BEM-
©2006ADK/妖怪人間ベムProject ©ADK/DLE



【2011/2012】

実写ドラマ/映画
妖怪人間ベム



【2016】
©ADK EM/BEM製作委員会



【2020】
©ADK EM/BEM製作委員会

劇場版 BEM
〜BECOME HUMAN〜
秋公開予定
©ADK EM/BEM製作委員会





キャストプロフィール
Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会
森崎ウィン(新田康介) Win Morisaki

1990年8月20日生まれ。小学校4年生の時に日本へ渡る。2008年よりダンスボーカルユニット・PRIZMAX(現、解散)のメインボーカルをつとめ、今夏「MORISAKI WIN」として世界進出を掲げメジャーデビュー。俳優としても様々な映画、ドラマ、舞台に出演。2014年には『シェリー』で映画初主演を務め、2018年、日緬共同制作映画『My Country My Home』に出演、そのスピンオフであるドラマ版『My Dream My Life』では主演を務め、現地のテレビ局mntvで冠番組「Win`s Shooow Time!」を持ち、様々な広告に出演するなどミャンマーで大ブレイク。同年スティーブン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』のオーディションでメインキャストであるダイトウ/トシロウ役に抜擢され、ハリウッドデビューを果たした。2019年公開の映画『蜜蜂と遠雷』で第43回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。また主演を務めたメ〜テレ制作の連続ドラマ『本気のしるし』の劇場版(今秋公開)は第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection 2020」作品に選出された。2020年は世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔「ウエスト・サイド・ストーリー」の日本キャスト版Season2(主演:トニー役)に出演。

Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会
emma(ベラ)

1994年4月1日生まれ。イギリスと日本のハーフ。2013年、ファッション誌で表紙を飾りモデルデビュー後も数多くのファッション雑誌やカタログで活躍。様々なファッションショーにも参加するなど同性代から絶大な支持を得る。現在、ファッション誌『ViVi』の専属モデルを務める傍ら、TBS『A-Studio』の9代目新アシスタント(2017-2018年)に登場以降は、バラエティ番組やラジオ出演などモデルの枠を超えてマルチに活躍。本作にて本格的なホラー作品に初出演ながら “ベラ”という知名度抜群のポップアイコンを大胆に、そして見事なまでに演じきっている。

堀田茜(新田鮎美) Akane Hotta

1992年10月26日生まれ。2009年「第12回全日本国民的美少女コンテスト」本選出場をきっかけに芸能活動を開始し、2014年にファッション誌「CanCam」で初表紙を飾り、以降専属モデルとして活躍している。「世界の果てまでイッテQ!」をはじめとするバラエティやCMなどにも多数出演し、近年は女優業も積極的。主な出演映画に「不能犯」(2017)「ダウト~噓つきオトコは誰?~」(2019)「アパレル・デザイナー」(2020)などがある。

吉田奏佑(新田陽太) Sousuke Yoshida

2013年3月13日生まれ。劇団ひまわりに所属。主な出演作は、NHK大河ドラマ「西郷どん」大久保達熊役、NHK連続テレビ小説「なつぞら」柴田拓男役、Huluオリジナルストーリー『美食探偵 明智五郎(秘)裏メニュー』(明智少年役)など。ドラマなど映像作品を中心に活躍中。

六角精児(霧島) Seiji Rokkaku

1962年6月24日生まれ。1982年、劇団「善人会議(現・扉座)」の旗揚げに参加し、数多くの舞台に出演。また2000年よりドラマ「相棒」シリーズの米沢守役が話題となり、2009年『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』で映画初主演。近年の出演作に「超高速!参勤交代」シリーズ、「銀魂」「銀魂2」、「ザ・ファブル」など。2019年、主演作「くらやみ祭の小川さん」が公開された。今やドラマや映画、舞台にとって欠かすことのできない名バイプレイヤーとして活躍している。



清水尋也(篠原弘樹) Hroya Shimizu

1999 年 6 月 9 日生まれ。主な映画出演作に『渇き。』、『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』、『ちはやふる 上の句・下の句・結び』 、『貞子』、『ホットギミック ガールミーツボーイ』等。待機作に映画『青くて痛くて脆い』(2020年8月28日(金)公開予定)、『甘いお酒でうがい』(公開日調整中)等がある。2019年、第11回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞受賞。



吉田凜音(綾瀬莉子) Rinne Yoshida

2000年生まれのミレニアル世代。女性アーティスト。歌とラップを織り交ぜたセンスフルな楽曲と、キュートでポップな世界観が魅力を放ち、ライブでは、ダンスにも注目されている。
同世代からのメイクやファッションへの、注目度も高い存在。初主演を務めた「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」では、ロシアで行われた「第8回ザバイカリスク国際映画祭」のコンペティションニュールック部門で主演女優賞を受賞するなど、幅広い活躍を見せている。



桜田ひより(牧野沙織) Hiyori Sakurada

2002年12月19日生まれ。ドラマ「明日、ママがいない」(14)で、児童養護施設で暮らす子どもを熱演し、その高い演技力で脚光を浴びた。主な映画出演作品は「東京喰種 トーキョーグール」シリーズ(2017、2019)、「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」(2018)、「祈りの幕が下りる時」(2018)、「男はつらいよ お帰り 寅さん」(2019)。「映像研には手を出すな!」の公開も控えている。



スタッフ・プロフィール


監督:英勉 Tsutomu Hanabusa

1968年生まれ、京都府出身。 高校時代から自主映画を制作。京都産業大学卒業後、東北新社に入社。1996年にCM企画演出部に 配属され、NTT docomo、 アサヒスーパードライ、劇団四季「ライオンキング」 などのCMを手がける。 2008年「ハンサム★スーツ」 で映画監督デビュー。 以降、 「高校デビュー」 「行け !男子高校演劇部」(ともに11)とコメディ作品を発表。 ジャパニーズホラーの代表作 「リング」 シリーズ12年ぶりの映画「貞子3D」 (12)がヒットを記録、 翌年に続編「貞子3D2」も手がけた。2015年、少女コミック原作の桐谷美玲主演作 「ヒロイン失格」 が大ヒット 2017年 には 「トリガール !」「あさひなぐ」 「未成年だけどコドモじゃない」 と 3作品が立て続けに公開される。TV番組では連続ドラマ 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(09)に 演出として参加したほか、13年からは 「リアル脱出TV」などのパラエティも手がける。



脚本:保坂大輔 Daisuke Hosaka

1977年生まれ、東京都出身。
立教大学在学中から映画研究会で自主映画の製作を開始21.8mm作品の 『ダイナマイト 青春』 が、2000年 京都国際学生映画祭に入 選する。 卒業後、当時立教大学で講師をしていた篠崎誠の勧めで、映画美学校に入学。西山洋市、瀬々敬久らの下で学ぶ。映画美学校高等科スカラシップ作品として監督した 『世界は彼女のためにある』 が、2005年ゆうばり国際ファンタスティ ック映画祭。 オフ シアター部門審査員特別賞を受賞。日本映画監督協会新人監督賞の最終候補となる。 その予想もつかないファンタスティ ックなスト ー リー展開と、壮大な世界観は 「日本のスピルバーグ」 と評された。



主題歌:BREAKERZ

DAIGO(Vo&Cho)、AKIHIDE(G&Cho)、SHINPEI(G&Cho)によるロックバンド。ソロ活動を行っていたDAIGOとSHINPEIが出会い楽曲制作がスタート。そこにDAIGOと元々親交が深かったAKIHIDEが参加し、3人で本格的にBREAKERZとして活動を始める。2007年、アルバム『BREAKERZ』でメジャーデビュー。2009年には、念願の日本武道館でのワンマンライブを成功させる。またDAIGOはバラエティーでも活躍するなどマルチな才能を発揮している。




【作品情報】

作品タイトル:「妖怪人間ベラ」
公開表記:9月11日(金)池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマほか全国順次ロードショー
配給:DLE
Ⓒ2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

森崎ウィン emma
堀田茜 吉田奏佑 吉田凜音 桜田ひより 清水尋也 六角精児
監督:英勉 
脚本:保坂大輔 
音楽:野崎美波 主題歌:BREAKERZ「BARABARA 」(ZAIN RECORDS)
           
公式サイト: http://bela-movie.com/
公式Twitter: @bela_movie

Tagged