「言うな、彼の名前を!」日本でも高評価が続出!『キャンディマン』絶賛公開中!主人公アンソニーがキャンディマンの襲来に怯え、大発狂する緊迫の本編映像が到着!

pick-up オススメ 映画



キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン、キャンディマン…
鏡に向かってその名を5回唱えると、死ぬ。



1992年に公開された、凶悪な殺人鬼による忌まわしき都市伝説を描いたカルトホラー映画『キャンディマン』。
『ゲット・アウト』(17)、『アス』(19)で高い評価を得た鬼才ジョーダン・ピール(共同脚本・製作)が、“鏡に向かってその名を5回唱えると、死ぬ。”という設定で人々を夢中にさせた人気ホラーの系譜をさすがの手腕で巧みに汲み取り、現代へと語り継ぐ!映画『キャンディマン』がただいま絶賛公開中だ。







全米の週末興収ランキングでNo.1の大ヒットスタートを切った本作は、海外の評論家からも「オープニングから心を奪われた」「ニア・ダコスタ監督は鏡を駆使した素晴らしいカメラワークで観客に恐怖を植え付けた」「ニア・ダコスタ監督はキャンディマンの恐怖とともに、人種的不公正についてのメッセージ性も見事に示した。新たなホラークラシックの誕生だ」と絶賛評価が続々!
海外での好成績を受けて、日本の注目度もますます盛り上がっている!

日本でもSNSをはじめ、映画評でも高評価を叩き出している本作だが、この度、主人公アンソニーがキャンディマンの襲来に怯え、部屋中の鏡を叩き割り、大発狂する緊迫の本編映像が到着した。












ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が、
キャンディマンの襲来に怯え、鏡を根こそぎ叩き割る!
「言うな、彼の名前を!」大発狂&緊迫の本編映像到着!






創作活動の一環として、都市伝説のキャンディマンの謎を探求していたアンソニー(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)だが、興味本位でキャンディマンと5回唱えてしまったことをきっかけに自らの目でキャンディマンの姿を目撃してしまう。



© 2021 Universal Pictures




解禁された映像は、キャンディマンの存在を信じるアンソニーに主人公の恋人ブリアンナ(テヨナ・パリス)が「作り話よ」と宥めるシーンからスタート。

「見たんだ!」と狼狽えながら、ブリアンナに訴えかけるアンソニーだが、ブリアンナは全く信じる素振りがなく、なんと嘘であることを証明するために、部屋にあった鏡の前で“キャンディマン”を5回唱えようとする!

「ノー!」と叫んだアンソニーは部屋中の鏡に物を投げ、両手で掴んでは叩き割り、「言うな、彼の名前を!」と大発狂!!

都市伝説を信じず、笑いに変えていた映画冒頭から一転、まるで別人のように豹変してしまった恋人の姿に、ブリアンナが怯えてしまう始末…!


© 2021 Universal Pictures



キャンディマンが持つ恐ろしさと脅威を証明する緊迫の本編映像となっている。








日本でもSNSをはじめ、映画評でも高評価が続出!

© 2021 Universal Pictures




日本でも遂に公開を迎え、SNSでは「昔からなくならない人種差別を、呪いや都市伝説へと昇華させた傑作」「この映画は時代を写す“鏡”」「エンドロールまで絶対に見るべき」と絶賛感想が相次いでいる本作!

『ゲット・アウト』や『アス』を手掛けたジョーダン・ピールが製作と脚本を務めたことからもわかるように、本作には「キャンディマン」というオリジナル作品をリスペクトしながらも、人種問題に関する社会的テーマがより巧みにストーリーに絡められている。

ジョーダン・ピールは「彼は一人ではありえない。彼は概念であり、物語でもある。キャンディマンは永遠の存在なのだ。私たちは、オリジナルの映画で行われたことを、さらに緊迫感を持って適用し、この怪物があまりにも長い間、カーペットの下に隠蔽されてきたことを示したかった」と『キャンディマン』を現代に語り継ぐに至った熱い想いを吐露。

その名を鏡の前で5回唱えると現れる、鉤爪を持った凶悪な殺人鬼の恐ろしさはもちろんのこと、その背景に込められたメッセージにも是非とも注目してほしい。

鬼才ジョーダン・ピールと『ザ・マーベルズ(原題)』の続編でも注目集まる期待の新鋭ニア・ダコスタ監督によって、新たに描かれるキャンディマンの物語からますます目が離せない。







世界中がまさに今熱い視線を注ぐ
キャスト&スタッフ陣が大集結した渾身のホラー


Yahya Abdul-Mateen II as Anthony McCoy in Candyman, directed by Nia DaCosta. © 2021 Universal Pictures



主人公アンソニーを演じたヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世は、世界中で大ヒットしたDC映画『アクアマン』で強敵・ブラックマンタを演じ、「マトリックス」シリーズ最新作へ主要キャストとして出演することが決定。


恋人兼ビジネスパートナーとしてアンソニーを支え、劇中でも鍵となっていくブリアンナ役のテヨナ・パリスは、MCUのドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」で今後のMCUのなかで重要なキャラクターになるだろうと示唆されるモニカ・ランボーを演じ、同役で『キャプテン・マーベル』の最新作に出演することも決定している。

そしてレビューでも大いに称賛されている監督のニア・ダコスタは、若干31歳にして、『キャプテン・マーベル』の続編「The Marvels」の監督に就任。
MCUシリーズで初の女性黒人監督の大抜擢がハリウッドでも大きなニュースとして報じられたことも記憶に新しい。

さらに製作・脚本には2018年アカデミー賞®脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』(17)や『アス』(19)を手掛けたジョーダン・ピールが名を連ねている。

今後の目覚ましい活躍がすでに保証され、世界中がまさに今熱い視線を注ぐキャスト&スタッフ陣が大集結した渾身のホラー、それが『キャンディマン』だ。



© 2021 Universal Pictures Anthony McCoy (Yahya Abdul-Mateen II, right) reaches toward a reflection of Candyman in Candyman, directed by Nia DaCosta.










ストーリー

Rodney L. Jones III as Billy in Candyman, directed by Nia DaCosta.© 2021 Universal Pictures




舞台は、シカゴに現存した公営住宅「カブリーニ=グリーン」地区。
その界隈では、鏡に向かって5回その名を唱えると、右手が鋭利なフックになった殺人鬼に体を切り裂かれるという怪談めいた都市伝説が語り継がれていた。
老朽化した最後のタワーが取り壊されてから10年経ち、恋人とともに新設された高級コンドミニアムに引っ越してきたヴィジュアルアーティストのアンソニーは、創作活動の一環としてキャンディマンの謎を探求していたところ、公営住宅の元住人だという老人から、その都市伝説の裏に隠された悲惨な物語を聞かされる。
アンソニーは恐ろしい過去への扉を開いてしまったのだ……。


(from left) Troy Cartwright (Nathan Stewart-Jarrett) and Grady Greenberg (Kyle Kaminsky) in Candyman, directed by Nia DaCosta. © 2021 Universal Pictures
© 2021 Universal Pictures




作品概要

映画『キャンディマン』
■原題『CANDY MAN』 ■コピーライト:© 2021 Universal Pictures ■配給:東宝東和

■製作・脚本:ジョーダン・ピール『ゲット・アウト』、『アス』
■監督:ニア・ダコスタ 『ヘヴィ・ドライヴ』、『The Marvels』
■出演:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世『アクアマン』、テヨナ・パリス「ワンダヴィジョン」、『The Marvels』、ヴァネッサ・ウィリアムズほか

■公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/candyman ■公式 Twitter:@uni_horror
■公式 Instagram:@universal_eiga ■公式 Facebook:@universal.eiga



絶賛公開中!




【過去の記事】











【関連作品/Amazon】

キャンディマン 製作25周年記念 [Blu-ray]



キャンディマン (字幕版)

Amazon Prime Video





【ジョーダン・ピール作品】

ゲット・アウト [Blu-ray]




ゲット・アウト(4K ULTRA HD + Blu-rayセット)(2枚組) [4K ULTRA HD + Blu-ray]




ゲット・アウト(字幕版)

Amazon Prime Video



アス [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]




アス (字幕版)

Amazon Prime Video




【ニア・ダコスタ監督作品】

ヘヴィ・ドライヴ [DVD]









Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 − fourteen =