ホラー&スリラーファンも必見の衝撃作『さがす』が遂に公開!佐藤二朗、伊東蒼、片山慎三監督が登壇!1/22(土)公開記念舞台挨拶オフィシャルレポート!

pick-up オススメ 映画 舞台挨拶




当サイトのレビューでも絶賛した映画『さがす』が公開初日を迎え、公開2 日目となった本日1/22(土)に佐藤二朗、伊東蒼、片山慎三監督が登壇し、公開記念舞台挨拶が実施された。 今回はその模様を紹介する。

イベントではトークセッションの他、佐藤二朗から共演者・監督にサプライズで手紙が読み上げられた。途中、佐藤は感極まり、伊東蒼と片山慎三監督は感激の様子を見せるなど舞台挨拶は和やかな雰囲気の中、終了した。








【関連記事】











佐藤二朗、伊東蒼、片山慎三監督、登壇!
映画『さがす』1/22(土)公開記念舞台挨拶オフィシャルリポート


©2022『さがす』製作委員会




「指名手配犯を見たんや」と告げ、娘をひとり残して消える父・原田智を演じた佐藤。2022年に“さがして手に入れたいもの”を聞かれると「落ち着きを手に入れたい」と即答。自称“精神年齢8歳の52歳児”というが「この映画の公開直前イベントで占ってもらったら精神年齢が15歳にジャンプアップ。飛躍しました。でも15歳なので、16歳の蒼ちゃんよりも年下。これ以上下がったら大変なことになる」と、どうしても落ち着きを手に入れたいと主張。一方、失踪した父・智を必死にさがす娘・原田楓役の伊東は「朝起きる方法を手に入れたい」と現役高校生らしく可愛らしい返答。目覚まし時計を二個かけても起きられないそうで「母からは『最後のチャンスで起きないと何もしないよ!』と毎日脅されています」と切実に語り、笑いを誘った。そして片山監督は「自分がこれから撮る新しい映画の題材になるような事を見つけたい」とアイデアを“さがす”つもりだと話した。

本作のコピー“唯一無二の衝撃作”にかけて、佐藤は伊東の“唯一無二”のその演技力を称賛!「この年齢でこの感性はモンスター!一日目の撮影で“凄いのがいるぞ!”と思わされた」と俳優としてのセンスに脱帽。また約20年前に某ドラマを通して若き片山監督と知り合っていたという佐藤は「当時はサルみたいだった男が、監督作『岬の兄妹』を経て『さがす』を繊細に演出していた。その感性は素晴らしく、成長具合こそ唯一無二です」と称賛。その片山監督は佐藤について「二朗さんは幅広い役柄が出来る人。それをこれから皆さんにお見せできる」と自信を覗かせ、そして伊東にも「伊東さんの理解力の早さは唯一無二。こちらの指示を的確に修正して演技できるのは凄い」と実力を絶賛。佐藤と片山監督の二人からの手放しの称賛に、伊東は照れながら「嬉しいです」と喜んでいた。


伊東蒼 ©2022『さがす』製作委員会




佐藤との撮影の思い出を聞かれた伊東は「楽屋でスマホゲームをしていた」と佐藤の姿を暴露し、佐藤をタジタジにさせるも「進路の話を聞いてくださったり、私がシーンでの感情が残っているときに優しく声をかけてくださったり、と本当のお父さんみたいでした」と感謝した。

そんな中、片山監督と伊東には内緒で佐藤からサプライズレターが読み上げられた。


©2022『さがす』製作委員会




照れ隠しなのか「老眼で字が…」と笑わせた佐藤だったが「蒼ちゃん。僕は君のことを 「怪物」と称していますが、よく考えたら16歳の女の子に「怪物」なんてごめんなさい。でも、16歳であの芝居の感性と技術はやはり怪物だと思います。小さな小さな怪物のこれからを本当に楽しみにしています。
そして「おかえりモネ」で演じた石井あかり役、とっても良かったですよ。これからも頑張って。」とエール。

さらに本日登壇が叶わなかった清水尋也、森田望智という若手実力派の俳優陣へも想いを込めてメッセージを読み上げた後、佐藤からこれからの映画界を担うであろう片山監督へ熱いメッセージを送った。「間違いないのは、映画「さがす」が沢山の人の胸に響くことと、あなたがこれからの日本映画を背負うことです。20年前のあの若造に僕はこう言いたい。「そこのウロチョロしてる君。君と出会ったことは、20年後に、俺の誇りになるんだぞ」と・・・」と読み上げると、佐藤は声を詰まらせて感極まりながらも「片山、ありがとう。「おかえりモネ」を演出する時は、どこかに俺をキャスティングしてくれ。ちなみに、モネになる準備は既にできている。」とサプライズレターを笑いで締めくくった。


  

佐藤二朗 ©2022『さがす』製作委員会




まさかの自爆に佐藤は「ごめんなさい!自分で書いて自分で感極まるって…」と大慌てで、片山監督に向かって「お前も少しは泣け!」とツッコミ。その片山監督が「嬉しい」と佐藤からの手紙の感想を漏らすと、佐藤は「泣いたって言え!」と耳打ちし、すぐさま片山監督は「泣きそうになりました!」と笑顔を見せた。伊東も佐藤からの思わぬエールに「これからも頑張る力になる言葉ばかり」と感激した。

最後に主演の佐藤は「今こそ日本映画が冒険をしなければいけないとき。みんなで作り上げた『さがす』という冒険が皆さんにとっての極上の旅になることを願っています!」と力を込めて、SNSや口コミから火がつく大ヒット映画になることを願っていた。

映画『さがす』は絶賛公開中


©2022『さがす』製作委員会



<映画『さがす』公開記念舞台挨拶 実施概要>

●日 時:1月22 日(土) 14:35~
●場 所:テアトル新宿(新宿区新宿 3-14-20 新宿テアトルビル B1F)
●登壇者:佐藤二朗(52)(さとう じろう)、伊東蒼(16)(いとう あおい)、片山慎三(40)(かたやま しんぞう)監督








<佐藤二朗からの手紙全文>

伊東蒼さん


蒼ちゃん。僕は君のことを 「怪物」と称していますが、よく考えたら16歳の女の子に「怪物」なんてごめんなさい。でも、16歳であの芝居の感性と技術はやはり怪物だと思います。小さな小さな怪物のこれからを本当に楽しみにしています。

そして「おかえりモネ」で演じた石井あかり役、とっても良かったですよ。これからも頑張って。





清水尋也さん


清水くん。今回は連続殺人犯という役どころを水を得た魚のように演じているように僕には感じました。特に、弁当をむさぼりつくように食べるシーンが、印象に残っています。「食べる」シーンは役者の力量とセンスが試されると思うからです。本当に素晴らしい若手の俳優を見つけた気分です。ありがとう。

内田まもる役もすごく良かった。おかえりモネの。オタクっぽく頼りない印象の青年が気象キャスターとしてデビューした時は、おじさん感動して泣いちゃった。



森田望智さん


森田さん。若手にして、もはや女性版ロバート・デ・ニーロの風格。役に寄せる力は同業者として尊敬に値します。深い闇を抱えたムクドリを、あそこまで説得力を持って演じたことも称賛に値します。てきぱきと仕事をこなし、弁が立つ、頼もしい先輩の雰囲気もとても良かった。ごめんなさい、いつの間にか「おかえりモネ」の話になってしまいました。さようなら。



片山慎三さん


片山。あなたと出会ったのは、20年前。あのとき、右も左も分からない制作の使いっぱしりだったハタチそこそこの若者と20年後、こうやって舞台上にいるのですから、やはり人生はやめられないほど面白いね。片山が俺に送ってくれた手紙からこの映画は始まったので、無事に公開を迎えた晴れの日に、今度は俺から君に手紙を書いています。

「おかえりモネ」のことばかり言ってごめんなさい。しかし間違いないのは、映画「さがす」が沢山の人の胸に響くことと、あなたがこれからの日本映画を背負うことです。20年前のあの若造に僕はこう言いたい。「そこのウロチョロしてる君。君と出会ったことは、20年後に、俺の誇りになるんだぞ」。片山、ありがとう。「おかえりモネ」を演出する時は、どこかに俺をキャスティングしてくれ。ちなみに、モネになる準備は既にできている。










解説


見つけたくないものまで見えてくる。
異才 片山慎三があなたに問う
唯一無二の衝撃作。


©2022『さがす』製作委員会




国内外の錚々たる著名人から激賞を受け、映画ファンに衝撃を与えた映画『岬の兄妹』。今後の映画界を担う新たな才能として“片山慎三”の名を知らしめた。あれから3年、彼の長編2作目にして、商業デビュー作が満を持して誕生。

主演を務めるのは佐藤二朗。幅広い活躍を続ける彼が、監督からの熱望を受け、オファーに応えた。指名手配犯を見かけた翌朝に姿を消した父・原田智役として、彼の苦悩や矛盾を説得力たっぷりに表現。底知れない凄みと可笑しみがせめぎ合う演技はまさに佐藤二朗の真骨頂だ。

消えた父をさがす娘・原田楓役には次世代を担う女優・伊東蒼を抜擢。『湯を沸かすほどの熱い愛』で映画賞レースを席巻し、主演作『島々清しゃ』で毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。21年には、NHK「ひきこもり先生」「おかえりモネ」、映画『空白』など話題作への出演が続く。オーディションで驚くべき対応力と演技力を見せた気鋭の女優が、人として強く、正しくあろうとする姿と等身大の弱さを繊細に表現し、見るものすべてを驚嘆させる。

指名手配中の連続殺人犯・山内照巳を演じるのは清水尋也。『渇き。』『ホットギミック ガールミーツボーイ』『東京リベンジャーズ』「おかえりモネ」など数多くの話題作で独特の存在感を放ち続ける“カメレオン俳優”が本作では狂気に満ちた殺人衝動と普通の青年らしさを共存させ、リアリティたっぷりに演じ切る。

自殺志願者・ムクドリ役には森田望智を起用。全世界同時配信されたNetflixドラマ「全裸監督」で一躍注目を浴び、第24回釜山国際映画祭アジアコンテンツアワード最優秀新人賞を受賞。死を切望しつつもどこかあっけらかんとした複雑な役どころを多彩な演技で表現する。

さらに、本作は、映画配給会社アスミック・エースと、インディペンデント映画シーンを支援し続けているDOKUSO映画館のタッグによる次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI」の第一弾作品にも選出。商業性と作家性を兼ね備え、国際展開までを見据えた作品として、アジア最大規模を誇る第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品。世界初上映となるワールドプレミアでは韓国の観客から大絶賛を浴びた。

見る者の価値観を覆し、すべての予想を裏切るストーリー。多彩なキャストによる繊細で、リアリティあふれる演技。

片山慎三監督が自問自答を繰り返して作り上げた物語は、観客自身の心の奥底にひそむ苦悩や矛盾をあぶり出していく。日本国内のみならず、世界に放つ“唯一無二の衝撃作”が遂に公開!









STORY

「お父ちゃんな、
指名手配中の連続殺人犯見たんや。
捕まえたら300万もらえるで」


©2022『さがす』製作委員会




大阪の下町で平穏に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。いつもの冗談だと思い、相手にしない楓。しかし、その翌朝、智は煙のように姿を消す。

ひとり残された楓は孤独と不安を押し殺し、父をさがし始めるが、警察でも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にもされない。それでも必死に手掛かりを求めていくと、日雇い現場に父の名前があることを知る。「お父ちゃん!」だが、その声に振り向いたのはまったく知らない若い男だった。

失意に打ちひしがれる中、無造作に貼られた「連続殺人犯」の指名手配チラシを見る楓。そこには日雇い現場で振り向いた若い男の顔写真があった――









【作品情報】

タイトル『さがす』

第26回釜山映画祭ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品

佐藤二朗
伊東蒼 清水尋也
森田望智 石井正太朗 松岡依都美
成嶋瞳子 品川徹

監督・脚本:片山慎三
共同脚本:小寺和久 高田亮 音楽:髙位妃楊子
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎 仲田桂祐 土川勉
プロデューサー:井手陽子 山野晃 原田耕治 ラインプロデューサー:和田大輔
撮影:池田直矢 録音:秋元大輔 編集:片岡葉寿紀
装飾:松塚隆史 衣裳:百井豊 ヘアメイク:宮本奈々
カラリスト:大西悠斗 音響効果:井上奈津子 キャスティング:田坂公章
助監督:相良健一 スケジュール:山田卓司 制作担当:姫田伸也
音楽プロデューサー:安井輝 宣伝プロデューサー:中島航
製作:アスミック・エース DOKUSO映画館 NK Contents
製作協力:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
制作協賛:CRG 制作プロダクション:レスパスビジョン 制作協力:レスパスフィルム
製作幹事・制作・配給:アスミック・エース 映倫PG-12
©2022『さがす』製作委員会

公式サイト:https://sagasu-movie.asmik-ace.co.jp/
公式Twitter:@sagasu_movie





絶賛公開中!










【関連作品】




岬の兄妹 [Blu-ray]




岬の兄妹 [DVD]




【Amazon Prime Video】

岬の兄妹






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × three =