【ミッキー・ロークからのコメント】戦慄のオカルト・アクション・ホラー『ウォーハント 魔界戦線』5/27(金)公開!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



『俺たちは“何と”戦っているのか?』
戦慄のアクション・ホラー大作登場!!


第2次大戦末期、墜落した輸送機捜索のため、ドイツの森に踏み込んだ米兵たちが遭遇した、血も凍る恐怖とは?ミッキー・ローク主演による戦慄のアクション・ホラー大作『ウォーハント 魔界戦線』が5月27日(金)より全国ロードショーされる。
この度、主演のミッキー・ローク、マウロ・ボレッリ監督からのコメントが到着した。




この森は何かおかしい…。
5月27日(金)公開『ウォーハント 魔界戦線』予告編










ミッキー・ロークと監督が語るコロナ禍での撮影


© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.





本作は、2020年コロナ禍で世界中がロックダウン状態にある中で撮影を行った。撮影スタッフたちは、ラトビアの首都リガでの撮影を、政府のガイドラインに従うことで許可されたという。

当初のスケジュールを変更して、ラトビアの国境が封鎖される前に現地入りしたミッキー・ロークは、「その頃、2、3本の映画の撮影予定が入っていたんだが、パンデミックが始まったために、すべて予定が遅れてしまったんだ。でもこの作品のプロデューサー陣の『リガで撮影ができる』という一声で、僕のマネージャーが、『リガに行きましょう!』と僕に電話してきた。そこで僕も、『リガに行こう!』と答えたんだよ」と語る。

そんなミッキー・ロークに関して、マウロ・ボレッリ監督は、「ミッキーはちょっと変わった人だと聞いていたが、私はそもそも風変わりな人が好きなんだよ。私も変わり者だしね。ミッキーは知性あふれる人だと思う。知的な人と一緒に仕事をするとうまくいくものだ」 と撮影を振り返る。

手探り状態のコロナ禍での撮影だったが、はじめは手間どりながらも、最後は集中して撮影が出来たという。まさに”命がけ“の撮影を行った『ウォーハント 魔界戦線』はどのような作品に仕上がっているのか。公開が楽しみだ。



© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.













作品解説

第2次大戦末期、
ドイツの森に踏み込んだ米兵たちが遭遇した、血も凍る恐怖とは?


© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.




第2次大戦末期、その戦場には呪われた“何か”が潜んでいた。暗い森の奥深く、ナチスの極秘文書を追う兵士たち。ヒトラーが求めた永遠の生命、その謎が記された『魔女の記録』そして“呪い”が目覚めた時、男たちが見た極限の恐怖とは?


© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.




出演は『ナインハーフ』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』でスターとなり、『レスラー』『アイアンマン2』等、長年にわたり活躍を続けているミッキー・ローク。大ヒット・ドラマ「プリズン・ブレイク」シリーズの“ティーバッグ”役が印象に残るロバート・ネッパー。『トワイライト』サーガのジャクソン・ラスボーン。監督はアクション演出に定評のある、『ウェズリー・スナイプス/コンタクト』のマウロ・ボレッリ。不気味なカラスの大群や、神出鬼没に次々と姿を変える呪霊を描くハイクオリティなVFXも、本作の大きな見所である。


© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.











【STORY】

© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.




1945年。連合軍の輸送機が森林地帯に墜落。
捜索に向かった米軍のブリューワー軍曹、特務兵のウォルシュたちは、森の奥で墜落機の残骸を発見。
そして、奇怪な事態が起き始める。
兵士たちは幻覚を見るようになり、美しい女の呪霊に誘惑され、狂気に囚われてゆく。
殺し合いがはじまり、次々と命を落としてゆく兵士たち。
果たして、その森には“何が”いるのか?



© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED.










【作品情報】




出演:ミッキー・ローク「レスラー」「ナインハーフ」/ロバート・ネッパー「プリズン・ブレイク」/ジャクソン・ラスボーン「トワイライト」シリーズ/アグラヤ・タラーソヴァ「T-34/ナチスが恐れた最強戦車」/アンナ・パリガ/ロー・スタッセン/ポリーナ・プシュカレヴァ・ニオリー

監督・製作・脚本:マウロ・ボレッリ「ウェズリー・スナイプス/コンタクト」/製作:マックス・パブロフ、ユリア・ザイツェワ、ユー・ファイ・スエン、イゴール・プロニン、スヴェトラーナ・パンテ、アデル・ナー/脚本:レジー・ケヨハラⅢ、スコット・スバトス/撮影:グスタヴォ・ピーターセン「ゾンビ津波」/音楽:タオ・リュー/VFX:サイモン・カニア「ランボー/ラスト・ブラッド」、ヤヌシュ・ムラフスキ「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

2022年/アメリカ/英語/93分/シネマスコープ/原題:WARHUNT 提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

公式サイト http://war-hunt.com/

© 2021 OU WARHUNT FILMS. ALL RIGHTS RESERVED. 




5 月 27 日(金)より全国ロードショー





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 1 =