監督・熊切和嘉 × 原案&脚本・岡田道尚によるオリジナルシチュエーションスリラー『#マンホール』2023年2月公開

pick-up オススメ 映画



⽳に落ちた男の、⼈⽣を賭けた脱出劇


『ライアーゲーム』シリーズ、『マスカレード・ホテル』シリーズ等の脚本家である岡田道尚のオリジナル脚本を基に、『海炭市叙景』『私の男』などで海外からも高い評価を受ける映画監督・熊切和嘉が手掛ける、日本発のオリジナルシチュエーションスリラー作品、映画『#マンホール』の製作が始動する。製作幹事・配給はギャガ。公開は2023年2月を予定している。


熊切和嘉監督




シチュエーションスリラーというジャンルは海外では数多く存在し人気を博しているにも関わらず、日本では海外ほど製作されていない。
スリラーやサスペンス作品は、ハリウッドでは登竜門的な位置づけとされており、スティーヴン・スピルバーグ監督は、トラックがただただ追いかけてくるスリラー『激突!』(71)で監督デビューし、クリストファー・ノーラン監督は時系列をシャッフルさせた『フォロウィング』(98)、時間が逆行させるサスペンス『メメント』(00)で観客の度肝を抜き、M・ナイト・シャマラン監督は『シックス・センス』(99)1本で世界一ギャラの高い脚本家になった。原作人気やバジェットの大きさに頼らず、独創的で斬新なアイデアが、作品の面白さ、成功に直結しているジャンルとして、『127時間』(10)、『[リミット]』(10)、『search/サーチ』(18)、『THE GUILTY/ギルティ』(18)など近年に至っても毎年新たな切り口のヒット作が生まれている。
そこで製作幹事・配給のギャガが、日本発、世界へ、独創的なアイデアで勝負できるジャンル作品を作り、世に送り出す新たな企画・挑戦として、放つのが映画『#マンホール』だ。










監督・熊切和嘉 × 原案&脚本・岡田道尚
オリジナルシチュエーションスリラーの可能性



そうした志を共有できる脚本家・岡田道尚との出会いがこの企画スタートのきっかけとなったという。岡田は『ライアーゲーム』シリーズ(10,12)では、難解なオリジナルゲームを換骨奪胎し、観客に分かりやすく翻訳し、『マスカレード・ホテル』シリーズ(19)(21)では、東野圭吾氏の紡いだ複雑なトリックを2時間の作品の中でサマライズするなど、仕掛けと構造で観客を楽しませることに長けた数少ない脚本家。同氏とは以下の狙いを条件とし、自らに課して脚本執筆を進めた。

“ワンシチュエーション”、“主人公は結婚式前夜の新郎”、“武器はスマホのみ”、“2分に1度訪れる主人公のピンチ”、“SNSを駆使した問題解決”、“あっと驚くラスト”。この狙いを有機的に機能させ生まれた脚本が『#マンホール』という作品となった。










結婚前夜に酒に酔ってどこかのマンホールに落ちてしまった男。
限られた手元のアイテムを駆使し、何とかこの穴から這い上がろうと奮闘する一夜の物語。


限られた“シチュエーション”、“アイテム”、“時間”、“登場人物”。制限だらけの条件下でいかに形にし、観客を楽しませていくか。

そんな本作の監督を務めるのは、デビュー作の『鬼畜大宴会』(98)に始まり、海外映画祭を席巻した『海炭市叙景』(10)、『私の男』(14)、『武曲 MUKOKU』(17)などジャンルに捉われず多くの作品を世に放ち、国際的な評価を受ける熊切和嘉監督。緊張感のある日常描写に定評があり、人物に光を当てるだけではなく、内面の影をも見事に炙り出す演出にも長けた監督である。そしてなによりジャンル映画への造詣と愛が深く、本作のビジュアル・ディレクションにも数々の往年の洋画作品へのオマージュがちりばめられている。

現在は撮影を終え、ポスプロ段階に入った本作。映画公開は2023年2月を予定している。詳しいストーリー、そしてキャストは時期を追って発表していく。









<STORY>


勤務先の不動産会社での営業成績は№1、社長令嬢との婚約も決まり、将来を約束された男・川村。

結婚式前夜に開かれたサプライズパーティの帰り道、酩酊した彼は一人深いマンホールの底に落ちてしまう。

深夜、穴の底で目を覚ました川村は、手元にある唯一の道具であるスマートフォンを駆使し、GPSで居場所を探り、警察や友人知人、さらにはSNS上の人々にまで助けを乞い、脱出を試みる。穴の中で次々に発生する恐ろしい出来事が容赦なく川村を襲う中、時間は無情にも進み、夜明けが迫ってくる。

果たして川村は無事に穴から抜け出し、結婚式に出席できるのか?










【作品情報】

『#マンホール』 (読み:ハッシュタグ・マンホール)

監督:熊切和嘉 『海炭市叙景』、『私の男』 

原案・脚本:岡田道尚 『マスカレード・ホテル』、『ライアーゲーム』 

製作幹事・配給:ギャガ

制作プロダクション:ツインズジャパン 

©2023 『#マンホール』製作委員会  




2023 年 2 ⽉ 全国ロードショー










【監督 熊切和嘉(くまきりかずよし)コメント】


岡田さんの書かれた脚本は、挑戦的で、油断のならない、さながら「四畳半の迷宮」といった趣で、主人公が地獄を味わうには充分すぎるほど素敵に狂っていました。
ジャンル映画に触れる歓びを日々噛み締めながら、スタッフキャストみんなで夢中になってこの迷宮に挑みました。



■プロフィール
1974年生まれ、北海道出身。大阪芸術大学の卒業制作作品『鬼畜大宴会』(98)がぴあフィルムフェスティバルで準グランプリを受賞。同作はベルリン国際映画祭パノラマ部門他、10カ国以上の国際映画祭に招待され、一躍注目を浴びる。10年、『海炭市叙景』がシネマニラ国際映画祭グランプリ及び最優秀俳優賞をはじめ、ドーヴィルアジア映画祭審査員賞などを受賞。その後も『私の男』(14)でモスクワ国際映画祭最優秀作品賞と最優秀男優賞の二冠を達成し、毎日映画コンクール日本映画大賞も獲得した。他監督作品は、『空の穴』(01)、『アンテナ』(04)、『青春☆金属バット』(06)、『フリージア』(07)、『ノン子36歳(家事手伝い)』(08)、『莫逆家族 バクギャクファミーリア』(12)、『夏の終り』(13)、『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』(16)、『武曲 MUKOKU』(17)など






【原案・脚本 岡田道尚(おかだみちたか) 氏 コメント】

 
アイデアで勝負できるオリジナル映画が作りたい!かねてより、その想いで様々な企画を考えてきましたが、現在の日本では原作モノ・企画性・時代性などが優先されるあまり、アイデア重視のオリジナル作品は成立しづらい環境が続いています。その中で、ようやく実現に漕ぎ着けたのが映画『#マンホール』です。熊切監督はじめ、素晴らしいスタッフとキャストと共に作り上げた、日本では珍しい挑戦的な本作を日本だけでなくぜひ世界中の人たちに楽しんでもらいたいと思っています!


■プロフィール

1981年生まれ、神奈川県出身。ロジカルな脚本を得意とし、映画やドラマで数々のヒット作を手掛ける。オリジナルのゲームを考案した『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』(10)で脚本家デビュー。その後、『ライアーゲーム 再生』(12)、『信長協奏曲』(16)、『マスカレード・ホテル』(19)、『マスカレード・ナイト』(21)の映画脚本を担当。他ドラマ作品は、「宇宙を駆けるよだか」(Netflix)、「鍵のかかった部屋」(12)、「ビブリア古書堂の事件手帳」(13)、「信長協奏曲」(14)、「トレース~科捜研の男~」(19)など。



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × one =