奇才テリー・ギリアムの幻の単独初監督作が4Kで奇跡の劇場公開!ポスタービジュアル完成!場面写真解禁!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



鬼才テリー・ギリアム監督の中世ファンタスティック・コメディ映画
『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』
7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開



イギリスの伝説的コメディ集団〈モンティ・パイソン〉に唯一のアメリカ人アニメーターとして参加、映画『未来世紀ブラジル』『バロン』『12モンキーズ』『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』などで知られる鬼才テリー・ギリアムが、1977年に手掛けた単独初長編監督デビュー作『ジャバーウォッキー』を4K化。『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』として、7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開される。

この度、日本版ポスタービジュアルが完成、新規の場面写真も解禁された。


日本版ポスタービジュアル




本作は、ルイス・キャロルのナンセンス詩を基にした中世ファンタジック冒険コメディ。パイソンズ・メンバーであるマイケル・ペイリンが主演を務め、とある王国を舞台に凶暴な怪獣退治に巻き込まれた青年の活躍をブラックユーモア満載で描く。日本では1980年に小規模で劇場公開。後にビデオが発売されているがDVD化はされておらず、ファンの間では鑑賞が難しい“隠れた名作”として公開を希望する声が上がっていた作品だ。本作の大ファンであるマーティン・スコセッシとジョージ・ルーカスの出資により4Kレストアが実施され、テリー・ギリアム監督もスーパーバイザーとしてレストアを承認している。












『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』新規場面写真


© 1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.

© 1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.

© 1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.







奇才テリー・ギリアムの原点がついにお披露目!
観たくても観られなかった、幻の単独初監督作が奇跡の劇場公開
日本版ポスタービジュアルのポイントを解説






この度完成した日本版ポスターは、ロゴや色味など全体的にレトロな雰囲気で統一され、最下部にはイラストで描かれた緑色の生き物が大きな口を開けた状態で鎮座。牙がたくさん生えたその口の中に登場人物らの顔や劇中のモチーフがコラージュされた、賑やかなデザインだ。

中央で驚いた表情を浮かべているのが本作の主人公デニス、その上では王がほほえみ、頬杖をついた姫がこちらを見つめており、テリー・ギリアム本人の姿もある。

また、「めでたし、めでたし、じゃない方の物語。」といったコピーからも見て分かるように、中世を舞台にしたファンタジックな物語であるのは確かだが、テリー・ギリアムならではの奇想天外で刺激とブラックユーモア満載な展開に期待してほしい。

ポスターデザインを担当した塚本陽(つかもと・きよし)は「モンティ・パイソンの香りが色濃く残る氏初単独監督作品の持つブラックユーモアを大切にして、ただでは済まなそうな雰囲気を感じられるよう、目一杯楽しみつつ丁寧に作成しました。ポイントとしては、原題タイトルを翻案して邦題ロゴにしたこと、水彩と銅版画のアプローチでお伽噺感を出したかったことでしょうか。「テリー・ギリアム」を愛する諸先輩方や初めて目にされる映画ファンの方に面白そうだと思って劇場に足を運んでいただければこれに勝る喜びはありません」とコメント。本作の特徴を見事に表現している。

同時に公開した場面写真3点はジャバーウォッキーに立ち向かう騎士、何か作戦を企てているかのような主人公、王と姫が何かを見て大喜びする表情を捉えている。
実際はどんな場面なのか本編でご覧いただきたい。



ギリアムによるイマジネーションの原点が凝縮された『ジャバーウォッキー 4Kレストア版』は7月1日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。









この作品に対するテリー・ギリアムからのコメント




『ジャバーウォッキー』は、わたしにとって初めて“自分の作品”と呼べるものでした。

テリー・ジョーンズと共同監督した『モンティ・パイソン&ザ・ホーリー・グレイル』(75)の成功が、わたしにモンティ・パイソンから自由になる機会を与えてくれたのです。


ルイス・キャロルの詩「Jabberwocky」にあるナンセンスな言葉の数々がわたしの頭の中に奇妙で素晴らしいイメージを呼び起こし、それを映画にしたいと思いました。


そして、中世を説得力のある世界として作ることは、わたしにとって不可欠でした。観客に、老朽化した世界の匂いを感じてもらいたかったのです。貧しく貪欲な商人、強大な鎧をまとった騎士、混乱した王や、王国を脅かす恐ろしい怪獣がいて、傾いた古代の建造物があり、狂った宗教家もいる。世界の信憑性が高ければ高いほど、コメディとしての完成度も高くなると思っています。


ですが、この映画は単なるコメディとしてだけではなく、アクションやロマンスがあるものにしたいと思っていました。とは言え、ハッピーエンドのおとぎ話のように見えつつ、アイロニー(皮肉)はたっぷり込めています。
わたしの頭の中にしか存在しない世界を説得力のある形で表現する技術と能力を持ち、その結果として世界中の観客に喜びを与えることができる、自分は本物の映画監督だと信じ始めたのは、『ジャバーウォッキー』を振り返ったときだったと思います。


わたしが皆さんのために楽しんで作ったように、ご覧になる皆さんがこの作品を楽しんでくださることを願っています。









【STORY】

村娘に片思い中の純朴な青年デニスはある日、樽職人だった父の死をきっかけに仕事を求めて街へ出ることになる。その一方で、とある王国では凶暴な怪獣の出現に困っていたブルーノ王が、怪獣退治が出来る屈強な騎士を探すため、トーナメント戦の大会を開催。デニスは仕事を求めて偶然ブルーノ王国に足を踏み入れるが、いつの間にかトーナメント戦に巻き込まれ……。








本国ポスター




監督:テリー・ギリアム 製作総指揮:ジョン・ゴールドストーン 脚本:チャールズ・アルヴァーソン、テリー・ギリアム

出演:マイケル・ペイリン、ハリー・H・コルベット、ジョン・ル・メスリエール、ウォーレン・ミッチェル、マックス・ウォール、ロドニー・ビューズ、ジョン・バード、バーナード・ブレスロウ、テリー・ギリアム、ニール・イネス、テリー・ジョーンズ

1977 年|イギリス|106分|アメリカンビスタ|5.1ch|DCP|原題:Jabberwocky|字幕:落合寿和         

配給:アンプラグド 提供:是空  © 1977 National Film Trustee Company Limited. All Rights Reserved.




7 月 1 日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開











【テリー・ギリアム監督作品】


『未来世紀ブラジル』




『バロン』




『12モンキーズ』

Amazon Prime Video




『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − twelve =