阪元裕吾最新作『グリーンバレット』初日舞台挨拶レポート!ミスマガジン(和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、 内藤花恋)と伊能昌幸の《全員殺し屋》の主演7名が勢揃い!板尾創路のメッセージに一同感激!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



『ベイビーわるきゅーれ』が異例のロングランヒットとなり、『ある用務員』『黄龍の村』と新作が次々と公開され、2021年の映画界の話題をさらった新鋭・阪元裕吾監督の最新作『グリーンバレット』。阪元監督が殺し屋たちの日常に密着したモキュメンタリー映画『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』の続編であり、ミスマガジン2021の6人(和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、 内藤花恋)が全員殺し屋となり“国岡”の世界と融合するという異例のプロジェクトから生まれた本作が、8月26日(金)より劇場公開される。

この度、8月26日(金)にヒューマントラストシネマ渋谷にて映画『グリーンバレット』の初日舞台挨拶が実施された。
ミスマガジン2021出身で、全員殺し屋役に挑戦した、和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、内藤花恋、そして、“最強殺し屋”国岡役の伊能昌幸と主演俳優7名が揃って登壇。
阪元裕吾監督とともについに公開初日を迎えた“喜び”と、本作へ込めた“熱い想い”をたっぷり語った。







前作『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』のBlu-ray&DVDが 6月22日 (水)より発売中(詳細は記事の後半に掲載)。
他にも、『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray&DVDも6月25日(金)より好評発売中だ。










8/26(金) 初日舞台挨拶オフィシャルレポート!
主演7名勢揃い!板尾創路のメッセージに一同感激!



左から、阪元裕吾監督、伊能昌幸、和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、内藤花恋。(「cowai」特写)




無事に初日を迎えた今の心境について和泉は「26日0時を過ぎた瞬間に、グループLINEで『公開おめでとう!』と送りました」とニッコリ。MCがグループLINEでも仲がいいんですね、とふると、天野は「ずっとうるさいです(笑)」とメンバーからのメッセージが次々に届いていることを明かしていた。イベントなどではあまりしゃべらないイメージが定着している山岡は「LINEではめっちゃしゃべる!」とメンバーから指摘され、ちょっぴり恥ずかしそうな様子。もじもじする山岡に、会場からはあたたかい拍手が送られていた。

役作りについて監督から「なにも考えないでお芝居をすること」とリクエストされた天野は「お芝居は、役の気持ちを考えてやるという固定概念がありました。なにも考えないことは難しくて、『もうちょっと、なにも考えてない感じで』と何度も言われて半泣き状態で本読みをしました」と撮影を振り返った。演技初挑戦の辻の役作りは「ナチュラルに演じられるよう努力しました。(演技と意識せず)一旦、自分自身で演じられるようにという気持ちで挑みました」と説明した。大島は「とにかくお菓子がなくなる現場でした」と暴露。寒い時期の撮影で「暖をとる場所の近くにお菓子があって、とりあえずお菓子を手にとってこたつに入るのがお決まりでした」と笑顔で話した。阪元監督曰く、本作は7割があてがき。この発言に「そうなんですか?」とすぐに反応したのは内藤。普段の姿とギャップがあるとメンバーにも言われている役だったため、確認するかのように「(私にも)闇を感じましたか?」と尋ねる内藤に、阪元監督は「目の奥にある何かを感じます(笑)。でも、なにより負けず嫌いとおっしゃっていたので、勝気な感じを出しました」と丁寧に解説していた。「確かに負けず嫌いです!」とキッパリ話した内藤は「普段から、言葉遣いや素行を悪くする努力をして、役作りをしました。(気を抜くと)上品な部分が出ちゃうから(笑)」と茶目っ気たっぷりに微笑んだ。

伊能との初対面を振り返り大島は「殺し屋の国岡役のイメージが強過ぎて、知らないうちに私たちの人数が減っていくんじゃないかと思いました。最初はとても怖かったです」とコメント。伊能は「前作は僕一人を追う話でしたが、今回はちょっと違う。どんな国岡なら(みなさんの)期待を裏切らないかを考え、(初対面のときに)『これ以上近づくな!』みたいな空気を出していました。そうすることでうまくいくと考えていました」と、役と作品のイメージを考慮した上での対応だったことを明かしていた。先日コミカライズが発表されたばかりの本作。「○○編」と題し、毎年作品を出してほしいという声もあるという。阪元監督は「構想は4つくらいあります。国岡の話を含めたらもっとかな? このメンバーが絡む作品もあるし、『グリーンバレット2』も撮りたいです」と思いを明かすと、ステージ上のミスマガ6人は大盛り上がり。大きな拍手に包まれ、新作の期待が高まっている会場を見渡した阪元監督から、「またこの6人で面白いことしたいですね!」と、続編をほのめかす発言も飛び出していた。

イベントでは、この日参加できなかった“殺し屋”合宿所のインストラクター浜辺役を演じた板尾創路より、ミスマガ6人に向けたサプライズ・メッセージも読み上げられた。







板尾創路のメッセージ





「グリーンバレット公開おめでとうございます!
そして、撮影お疲れ様でした!
実は私、この完成品を観る前に、トップガンをIMAX上映で観てしまいました!
そして、興奮し、感動し、涙しました…
そんなトップガンモードのままでグリーンバレットを観ましたが、なんと、なんと、
6人の少女達の無垢な演技に心を持って行かれ、
トップガンの感動を上書きしてしまいました!
何が凄いって、この短期間と低予算でトムクルーズは、
こんな良質な映画作れないんじゃないかな。
1つ負けているとすれば、グリーンバレットがIMAX上映じゃない所だけです。
いやー、ミスマガジンすげー!貴女達6人なら、芸能界のトップガンに、きっと成れると思います。
今後の活躍に期待してます。
最後に、街で会っても絶対に声はかけないでね。その代わり、現場で会った時は絶対に声かけてね。
次、会えるの楽しみにしてます。

板尾創路

阪元組バンザイ!」




板尾の印象について「とにかくおおらかな人」と声を揃えた6人。内藤は和泉が板尾に人生相談をしていたことに触れると、和泉が「撮影4日目くらいのときに、今の現場が楽し過ぎて『次の現場で頑張れるか心配です』と話したら『そう思えることが大事。1回目の現場がいい現場でよかったね。大事にしな!』と言われました」と大先輩からのアドバイスが支えになったことも明かしていた。

最後の挨拶で、阪元監督が「ぜひ、お買い求めください!」とアクリルキーホルダーやTシャツなどの物販をアピール。イベント終了後には、物販コーナーに行列ができるほどの大盛況だった。

※「辻」のしんにょうは点がひとつが正式表記。



オフィシャル写真




■『グリーンバレット』初日舞台挨拶■

【日時】8月26日(金) 15:40~16:10

【場所】ヒューマントラストシネマ渋谷 スクリーン1(渋谷区渋谷1丁目23−16 ココチビル)

【登壇者】和泉芳怜、山岡雅弥、天野きき、辻優衣、大島璃乃、内藤花恋、伊能昌幸、阪元裕吾監督









■INTRODUCTION

グリーンバレット、堂々完成。
コイツら、全員めんどくせぇ!!



©2022「グリーンバレット」製作委員会



2021年、殺し屋の日常を描いたモキュメンタリ―映画が映画ファンを騒つかせた。
それは『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』


『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会




監督は、『ベイビーわるきゅーれ』でも話題が話題を呼び、異例のロングラン上映や特集上映が組まれた阪元裕吾。

その新鋭・阪元が取り組んだのは、
【孤高の殺し屋国岡×ミスマガジン2021の6人】という悪魔合体的な企画。


©2022「グリーンバレット」製作委員会




グリーンバレット!! 最強殺し屋伝説国岡合宿編ともいうべき本作は、
まだまだ謎に満ちている―――(撮影は終わってます。)


©2022「グリーンバレット」製作委員会




映画を観るものの初期衝動をくすぐることは間違いなし!

‘ゆるツヨ’の阪元メソッド全開でお届けする
この夏最高のエンターテインメント作品


©2022「グリーンバレット」製作委員会



8/26(金)、合宿開始!









■キャスト・スタッフ

ティザービジュアル



和泉芳怜 山岡雅弥 天野きき 辻 (つじは1点しんにょう)優衣 大島璃乃 内藤花恋 伊能昌幸
松本卓也 大坂健太 沢口愛華(特別出演) 碕理人 中村龍介/板尾創路
主題歌「エンドロール」/挿入歌「コマンドバトル!」:東京初期衝動(チェリーヴァージン・レコード)

監督・脚本:阪元裕吾 アクション監督:坂口茉琴 プロデューサー:所隼汰
撮影・照明:今宮健太、関将史 録音:五十嵐猛吏
スタイリスト:入山浩章 メイク:赤井瑞希 美術・装飾:岩崎未来
ガンエフェクト:遊佐和寿 CG:松野友喜人 スチール:須藤未悠
制作プロデューサー:後藤剛 演出補:工藤渉 制作:新関収一
制作プロダクション:シャイカー 協力:講談社ミスマガジン事務局
宣伝:ウフル、ブラウニー 製作・著作:キングレコード 配給:ラビットハウス

公式サイト greenbullet.jp 公式Twitter @kunioka_movie





8月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー












【過去の関連記事】








『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』
Blu-ray&DVD
が6/22(水)より発売中!


★Blu-ray、DVD 共に【映像・音声特典】あり
劇場予告編、舞台挨拶映像、未公開シーン、国岡愚痴シーンフル VER、
阪元裕吾監督と伊能昌幸によるオーディオコメンタリー


■Blu-ray『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』
価格:¥5,280(税込)/発売元・販売元:キングレコード/KIXF-1212





■DVD『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』
価格:¥4,180(税込)/発売元・販売元:キングレコード/KIBF-2085











『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』作品解説


殺し屋ビジネスは実在した!
阪元裕吾監督(『ベイビーわるきゅーれ』『黄龍の村』)が捉えた
禁断と日常の殺し屋ドキュメンタリー


©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会




2018年、監督の阪元は女子二人組の殺し屋を描く新作映画『ベイビーわるきゅーれ』のシナリオに取り掛かっていた。阪元は”関西殺し屋協会”という殺し屋ビジネスネットワークがある事を知り、シナリオ作りの参考に協会に取材を申し込む。協会から紹介された人物は、京都最強と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸(23)だった。国岡の密着取材を行う事になった阪元が見た殺し屋の生活は、笑って哭いて悩んで恋をして友人と酒を飲む一般人と変わらない日常生活と淡々と仕事をこなす殺しの日々だった。ある日依頼元との連絡ミスで、間違った人間を殺してしまった国岡は、逆上した依頼元から送られてくるヒットマンと、殺された人間の仇を狙う者たちの両方に狙われる事になる。そして大殺戮の日々が始まる・・・凄腕殺し屋・国岡を筆頭にベテランサラリーマン殺し屋、舞妓殺し屋、殺し屋ポンコツ集団、危険な野良殺し屋など、個性あふれる殺し屋が続々と現れ、普段我々が知る事のない殺し屋ビジネスの実態と殺し屋の日常生活が赤裸々に語られる衝撃のドキュメンタリー。



©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

©2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会












『ベイビーわるきゅーれ 』
Blu-ray&DVDも6月25日(金)にリリース



『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray豪華版(Blu-ray+DVD)







『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray通常版


【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ブラック)付(Blu-ray+DVD)




【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ホワイト)付(Blu-ray+DVD)













阪元裕吾監督プロフィール

阪元裕吾監督



生年月日:1998年1月18日 出身地:京都府 
代表作:「ベイビーわるきゅーれ」2021年7月20日公開
他作品:ある用務員(2020年)、黄龍の村(2021年)、最強殺し屋伝説国岡[完全版] (2021 年)




黄龍の村 [DVD]







ある用務員【DVD】(40分にもおよぶ怒涛のアクションシーンの舞台裏に迫ったメイキングを収録)












ミスマガジン2021メンバープロフィール


ミスマガジン2021 左から内藤花恋、大島璃乃、天野きき、和泉芳怜、山岡雅弥、辻優衣。©KODANSHA




【グランプリ】

和泉芳怜(いずみ かれん

所属:東宝芸能
ダンス&ボーカルユニット『PiXMiX』のメンバー!!漫画もアニメもゲームもLOVEなスタイル抜群ヲタク女子♪

・PROFILE
生年月日●2004年2月28日 サイズ●T157 B88・W58・H87
出身地●神奈川県 趣味・特技●漫画、アニメ、ゲーム、ビニール袋を高速でめくる事

・INFORMATION
[ツイッター]アカウント[@izumi_karen_]
[インスタグラム]アカウント[izumi_karen_]




【ミスヤングマガジン】

山岡雅弥(やまおか みやび

所属:ワンエイトプロモーション
元レスリング全国大会上位の16歳!!まばゆいほどの健康美で、アナタの心にファール勝!?

・PROFILE
生年月日●2004年11月29日 サイズ●T160 B92・W60・H92
出身地●福岡県 趣味・特技●絵を描く事、映画鑑賞、マット運動 レスリング

・INFORMATION
[ツイッター]アカウント[@miyabi_11292004]
[インスタグラム]アカウント[miyabi_112920]




【ミス週刊少年マガジン】

天野きき(あまの きき

所属:プラチナムプロダクション
大型育成プロジェクト『Shibu3 project』のメンバー♪ 愛嬌たっぷり、16歳の“きーちゃん”です☆

・PROFILE
生年月日●2005年1月11日 サイズ●T166 B82・W61・H85
出身地●東京都 趣味・特技●歌、ギター、読書、テニス

・INFORMATION
[ツイッター]アカウント[@kiki_amano]
[インスタグラム]アカウント[kiki_amano]








【読者特別賞】

辻優衣(つじ ゆい)


所属:ラフェイスプロ
ミスマガ2019読者特別賞・ぴーぴるとユニット『963』で活動中!!クラシックバレエで鍛えた超絶ボディーで狙うはグランプリ☆

・PROFILE
生年月日●2002年7月30日 サイズ●T167 B82・W63・H89 
出身地●大分県 趣味・特技●ポケモン、K-POP、Y字バランス

・INFORMATION
[ツイッター]アカウント[@yui_2g]
[インスタグラム]アカウント[yui_2g]




【審査員特別賞】

大島璃乃(おおしま りの

所属:ソニー・ミュージックアーティスツ
全日本着物装いコンテストで関東2位!凛とした佇まいに美が薫る、完全無欠の大和撫子☆

・PROFILE
生年月日●2000年11月25日 サイズ●T153 B87・W58・H88
出身地●群馬県 趣味・特技●映画鑑賞、絵を描く事、着物の着付け、バレエ、水泳、テニス

・INFORMATION
[インスタグラム]アカウント[oisland_rino25]





【審査員特別賞】

内藤花恋(ないとう かれん

所属:A-LIGHT
真っ直ぐな瞳がズキュンと射抜く♡純情“花恋”な超正統派美少女!!

・PROFILE
生年月日●2002年9月21日 サイズ●T160 B84・W58・H83
出身地●東京都 趣味・特技●料理、ダンス、バレーボール、アクロバット

・INFORMATION
[ツイッター]アカウント[@karen_naito]
[インスタグラム]アカウント[naitokaren]







Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − 1 =