《監督の言葉》と共に、不穏で薄気味悪い場面写真12点が解禁!『変態村』『地獄愛』に続く<ベルギーの闇3部作>衝撃の最終章『依存魔』1 /27(金)公開!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



依存・狂気・嫉妬に瑞々しさが加わった!!
シネマート新宿にて、シリーズ過去 2 作品の上映も決定!!


『変態村』『地獄愛』に続く<ベルギーの闇3部作>第3弾となる衝撃作『ADORATION』の邦題が『依存魔』(読み:いぞんま)に決定し、2023年1月27日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開される。
この度、監督の言葉と、新たな場面写真が解禁となった。








“純粋で孤独な少年”と“血まみれ少女”。
彼らの闇の逃避行がはじまる――


豚の咆哮とともに人間の異常な愛と狂気を寓話的に描いた衝撃作『変態村』(04)、実在した変態連続殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの関係性に着目し強烈な愛の形を描いた問題作『地獄愛』(14)で世界各地の映画祭を騒然とさせ、ヨーロッパ映画史にその名を刻まれることとなったファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督。

常にグロテスクで血まみれ、異常な愛の形を描いてきたヴェルツ監督の<ベルギーの闇 3 部作>の最終章となる『依存魔』は、これまでの作風から一転、美しい自然の風景とともに瑞々しく描かれる、孤独な 10 代の少年少女の絶対的な愛を描く物語だ。

本作の主演ポール役は『ジュリアン』(17)で離婚した父と母の間で揺れ動く息子ジュリアン役を演じ天才子役誕生と注目されたトーマス・ジオリア。少女グロリア役を演じるのは、ミヒャエル・ハネケ監督の『ハッピーエンド』(17)でイザベル・ユペール他屈指の実力を持つ俳優陣と共演し、ひときわ存在感が輝いていたファンティーヌ・アルドゥアン。今ヨーロッパで勢いのある若手俳優を迎え、周囲の大人たちから逃げるような狂気に満ちた少年少女の逃避行は、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督にしか描けない、何かがおかしい唯一無二の世界観といえる。

<ベルギーの闇 3 部作>とは、ベルギーのアルデンヌ地方を舞台に狂気の愛を描くトリロジー。なぜか必ず“グロリア”というキャラクターが登場し、ローラン・リュカがどこかに出演しているという共通項がある。 また、3作全てにおいてアメリカ映画からの影響が見られ、『変態村』ではトビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(74)、『地獄愛』はレナード・カッスル監督の『ハネムーン・キラーズ』(70)、そして本作『依存魔』はテレンス・マリック監督のデビュー作『地獄の逃避行』(73)からインスピレーションを受けているに違いない。





血まみれ少女グロリアは不気味な笑みを浮かべる。
狂っているのは彼女なのか?果たして…
冒頭から何かがおかしい、ただただ不穏でしかない日本版予告編解禁。












《監督の言葉》と共に、不穏で薄気味悪い場面写真12点解禁!
“怪物愛がテーマの究極的に純粋な映画”
監督自身が依存魔なのか!?



(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM


ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督の言葉


『依存魔』は、『変態村』(04)から始まり『地獄愛』(14)へと続いた<ベルギーの闇 3 部作>の最終章であり、この 3 作品は狂愛、怪物愛をテーマに、様々な形態の病理を分析している。この『依存魔』は愛、狂気、信仰についての残酷で詩的な物語だ。絶対的な夢とありふれた現実の狭間、激しいセンチメンタルと衝動の荒々しさの狭間で、『依存魔』は騒々しくて官能的、かつ暴力的な映画であり、その行為が信仰に導かれた愛であることを語る。私は一種の祈り、詩、入信の儀式のような、究極的に純粋な映画を作ろうと思った。私は超越的な次元を持った一言のタイトルが好きで、<ベルギーの闇 3 部作>はそのとおりとなっている(『変態村』=Calvaire、『地獄愛』=Alleluia、『依存魔』=Adoration)。また『変態村』は冬、『地獄愛』はなんとなく秋、そして『依存魔』は夏だ。春が抜けているが、このような 3 作の関連性も気に入っている。私を映画に駆り立てる要素は、愛の状態とその毒性、依存、狂気、嫉妬、ごまかしとセクシュアリティだ。『依存魔』はその感情が芽生え始める年代を切り取っている。


(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM


この言葉から<ベルギーの闇 3 部作>において季節が関連しているほか、3 部作それぞれのタイトルがワンワードで、全て意図的であることも初めて判明した。『変態村』公開時、監督はその邦題について、言葉の意味を直々に日本サイドへ質問。担当者が『変態村』をそのまま英語に直訳して「Pervert Village」と伝えると、監督はすさまじい衝撃を受けて、あまりのことに「最高だ!」と回答したが、3 部作の邦題がすべて漢字 3 文字で構成されていることを知っているかは不明だ。『依存魔』の邦題について、現時点で質問は届いていない。また、この監督の言葉からは、監督自身が本作に対して究極の純粋な依存状態にあることが伺える。


(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM




併せて、メイン写真に続き新たに12点の場面写真も到着。精神科病院を抜け出したポールとグロリア。“闇の逃避行”だけに、楽しそうな写真は皆無だ。彼らの笑顔はどこにもない。


(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM
(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM




森の中を走り、疲れ果てたようにボートで横たわり、そして大雨の中抱き合う…。


(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM




写真からでも不穏な気配はひしひしと伝わってくる。また、ポールと一緒に後ろ姿でうつむく男性が写っているカットがあり、逃避行中、果たして彼らはどのようなやりとりがあるのか、気になる内容となっている。


(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM











STORY:

(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM




12 歳の恥ずかしがり屋で孤独な少年ポールは、奥深い森の中で母親が働く精神科病院で暮らしていた。ある日、少女グロリアが施設に到着するやいなや、一目会った日からポールは彼女に恋をする。精神的な問題を抱えるグロリアがポールに助けを求めたことから、まるで周囲の大人たちから逃げるように、彼らの狂気に満ちた闇の逃避行がはじまる…








シネマート新宿<ベルギーの闇 3 部作>
依存上映のスケジュール


◆『変態村』1/27(金)・1/29(日)・1/31(火)・2/2(木) ・2/4(土) ・2/6(月) ・2/8(水) ・2/10(金) ・2/15(水)
◆『地獄愛』1/28(土) ・1/30(月) ・2/1(水) ・2/3(金) ・2/5(日) ・2/7(火) ・2/9(木) ・2/13(月)
◆『依存魔』1/27(金)~2/9(木)・2/11(土) ・2/12(日)・2/14(火)・2/16(木)
※日々の上映順番は、都度変更致します。直前の上映時間の発表をお待ち下さい。






【作品概要】

監督・脚本:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ/出演:トーマス・ジオリア、ファンティーヌ・アルドゥアン、ブノワ・ポールブールド、ローラン・リュカ
2019/ベルギー、フランス/フランス語・オランダ語/スコープ/カラー/5.1ch/98 分/原題:ADORATION/配給:キングレコード izonma.jp
(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM





2023 年 1 月 27 日(金)、シネマート新宿ほか全国順次公開










【過去の記事】








Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − 10 =