『変態村』『地獄愛』に続く<ベルギーの闇3部作>第3弾!衝撃作『依存魔』1 /27(金)公開決定!闇が遂に完結!

pick-up オススメ 映画



依存・狂気・嫉妬に瑞々しさが加わった!!
シネマート新宿にて、シリーズ過去 2 作品の上映も決定!!


『変態村』『地獄愛』に続く<ベルギーの闇3部作>第3弾となる衝撃作『ADORATION』の邦題が『依存魔』(読み:いぞんま)に決定し、2023年1月27日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開される。あわせてポスタービジュアルも解禁された。






“純粋で孤独な少年”と“血まみれ少女”。
彼らの闇の逃避行がはじまる――


豚の咆哮とともに人間の異常な愛と狂気を寓話的に描いた衝撃作『変態村』(04)、実在した変態連続殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの関係性に着目し強烈な愛の形を描いた問題作『地獄愛』(14)で世界各地の映画祭を騒然とさせ、ヨーロッパ映画史にその名を刻まれることとなったファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督。

常にグロテスクで血まみれ、異常な愛の形を描いてきたヴェルツ監督の<ベルギーの闇 3 部作>の最終章となる『依存魔』は、これまでの作風から一転、美しい自然の風景とともに瑞々しく描かれる、孤独な 10 代の少年少女の絶対的な愛を描く物語だ。

本作の主演ポール役は『ジュリアン』(17)で離婚した父と母の間で揺れ動く息子ジュリアン役を演じ天才子役誕生と注目されたトーマス・ジオリア。少女グロリア役を演じるのは、ミヒャエル・ハネケ監督の『ハッピーエンド』(17)でイザベル・ユペール他屈指の実力を持つ俳優陣と共演し、ひときわ存在感が輝いていたファンティーヌ・アルドゥアン。今ヨーロッパで勢いのある若手俳優を迎え、周囲の大人たちから逃げるような狂気に満ちた少年少女の逃避行は、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督にしか描けない、何かがおかしい唯一無二の世界観といえる。

<ベルギーの闇 3 部作>とは、ベルギーのアルデンヌ地方を舞台に狂気の愛を描くトリロジー。なぜか必ず“グロリア”というキャラクターが登場し、ローラン・リュカがどこかに出演しているという共通項がある。 また、3作全てにおいてアメリカ映画からの影響が見られ、『変態村』ではトビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(74)、『地獄愛』はレナード・カッスル監督の『ハネムーン・キラーズ』(70)、そして本作『依存魔』はテレンス・マリック監督のデビュー作『地獄の逃避行』(73)からインスピレーションを受けているに違いない。





このたび解禁された日本版ポスタービジュアルは、森を背景に少年ポールと少女グロリアが佇んでおり、とくにグロリアにいたっては血まみれ状態で、ただならぬ雰囲気を醸し出している。何よりも『依存魔』というタイトルがまるで彼らが何かに取りつかれているかのうようで印象的だ。また、「別れない。離れない。ずっと、愛してる」のキャッチコピーが嫉妬と狂気の塊かつ、依存度の高さを強烈に物語っている。「依存」とは思考が崩壊し、やめたくてもやめられない状況に陥ってしまう危険で恐ろしいもの。一目会ったその日から恋に落ちたふたり。精神的な問題を抱えるグロリアがポールに助けを求めたことから始った彼らの“闇の逃避行”。彼らの絶対的な愛、この残酷な愛の物語の行く末は、どのような結末が待っているのか、展開が気になる内容だ。









STORY:

12 歳の恥ずかしがり屋で孤独な少年ポールは、奥深い森の中で母親が働く精神科病院で暮らしていた。ある日、少女グロリアが施設に到着するやいなや、一目会った日からポールは彼女に恋をする。精神的な問題を抱えるグロリアがポールに助けを求めたことから、まるで周囲の大人たちから逃げるように、彼らの狂気に満ちた闇の逃避行がはじまる…








【作品概要】

監督・脚本:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ/出演:トーマス・ジオリア、ファンティーヌ・アルドゥアン、ブノワ・ポールブールド、ローラン・リュカ
2019/ベルギー、フランス/フランス語・オランダ語/スコープ/カラー/5.1ch/98 分/原題:ADORATION/配給:キングレコード izonma.jp
(c) PANIQUE 2019 – SCOPE – RTBF – FWB – THE JOKERS FILMS – SAVAGE FILM





2023 年 1 月 27 日(金)、シネマート新宿ほか全国順次公開







Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 7 =