シャマラン監督最新作が全米興行ランキング 初登場 NO.1スタート!家族愛と恐怖の終末スリラー『ノック 終末の訪問者』4/7(金)公開!

pick-up オススメ 映画



愛する家族か世界の終焉か。選択せよ。
『シックス・センス』『オールド』 M.ナイト・シャマラン監督最新作



『シックス・センス』(99)や『オールド』(21)ほか、話題作を次々生み出すスリラー映画の名手M.ナイト・シャマラン監督最新作『ノック 終末の訪問者』(原題:Knock at the Cabin)が2023年4月7日(金)より全国公開される。

この度、日本公開に先駆けて、2月3日(金)から全米公開された本作が全米興行ランキングNo.1を獲得した。






「君たち家族の“選択”に懸かってる。しくじれば…世界は滅びる」
『ノック 終末の訪問者』予告映像











全米興行ランキング 初登場 NO.1スタート!

© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.




この度、『ノック 終末の訪問者』(原題:Knock at the Cabin)は日本の公開に先駆け、現地時間2月3日(金)から全米3643館で公開され1420万ドル(約18.7億円)を稼ぎ全米興行ランキングNo.1を獲得した。

北米を除く海外でも702万ドル(約9.2億円)を稼ぎ、累計約2122万ドル(約27.9億円)となった。

本作は昨年公開されたシャマラン監督作品の『オールド』に続き連続で興行ランキング初登場を首位で飾っており、さらにRotten Tomatoesのトマトメーターによると作品内容は『オールド』よりも高く評価されている。
(Box Office Mojo日本時間2/6現在調べ/日本円は1ドル=131.9円)







静寂を破り突然、武器を持って現れた謎の4人の男女
家族か世界の終焉か選ばねばならない“究極の選択”をドラマチックに描く


© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.




幼い女の子とその両親のある一家は、人里離れた静かな森の奥深くの山小屋に休日を過ごすためやって来た。
楽しく穏やかに過ごしていると、突如凶器を持った見知らぬ謎の男女4人が山小屋の扉や窓を破って押し入ってくる。
彼らは一家を囚えると「君たち家族の選択に懸かっている」と告げた。
彼らが山小屋へやって来た目的は「終末を止めること」だと言うがーー。
彼らの目的は、そしてこの家族にどのような選択を迫るのか。

見るものを圧倒する衝撃的で予測不能な結末を世に送り続けるシャマラン監督の最新作『ノック 終末の訪問者』は4月7日(金)全国公開。








【作品概要】

作品タイトル:『ノック 終末の訪問者』
監督:M.ナイト・シャマラン キャスト:デイヴ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、ルパート・グリントほか
脚本:M.ナイト・シャマラン、スティーヴ・デスモンド、マイケル・シャーマン 
原案:ポール・トレンブレイ著「 The Cabin at the End of the World」
製作:M.ナイト・シャマラン、マーク・ビエンストック、アシュウィン・ラジャン
製作総指揮:スティーヴン・シュナイダー、クリストス・V・コンスタンタコプーロス、アシュリー・フォックス
配給:東宝東和
© 2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.





2023年4月7日(金)より全国ロードショー!





【過去の関連記事】







Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 5 =