清水崇監督最新作『ミンナのウタ』2023年公開決定!不気味な“メロディー”が鳴り響く超ティザー映像解禁!

pick-up オススメ 映画



それは、あるカセットテープから始まった━
『呪怨』『犬鳴村』Jホラーの巨匠・清水崇監督の最新作

2023年6月18日(金)には、『恐怖の村シリーズ』に続く新作ホラー映画『忌怪島/きかいじま』の公開を控える清水崇監督の最新作『ミンナのウタ』が本年公開されることが決定した(配 給:松竹)。

物語は、あるカセットテープから流れる“とあるメロディー”を聞いたことから始まる。
そして、このメロディーを聴いた人々は、次第に自らも口ずさむようになり、不可解な事件に巻き込まれててゆくことに・・・。
このメロディーに仕込まれた謎とは一体!?
Jホラー映画の新たな歴史を創る、サスペンスホラー映画が誕生。この度、超ティザー映像と超ティザービジュアルが解禁された。


©2023「ミンナのウタ」製作委員会










2023年公開決定『ミンナのウタ』
不気味な“メロディー”が鳴り響く超ティザー映像解禁!




超ティザー映像は、不気味なメロディーに合わせて、「聞いて!」 という叫び声と、「聞いて キイて」というメッセージが画面いっぱいに映し出され、本編への期待が高まる内容になっている。
果たして、誰からのメッセージなのか?そして、その意図とは。
さらに、映像をよく見ると・・・画面の中から不穏な視線が・・・

※本メロディーは、取扱注意・イヤホン視聴を推奨します※


©2023「ミンナのウタ」製作委員会




超ティザービジュアルは、物語のきっかけとなるカセットテープが、複雑に絡み合うテープの中に埋もれているデザインで、メロディーで迫り来る新感覚な恐怖を予感させる。

新たなJホラーの幕開けとなる本作は、現在鋭意撮影中だ。
2023年、世界中を震撼させるこのメロディーから、逃れる手立てはあるのだろうか?
本作の続報に、是非注目したい。








【清水崇監督 プロフィール】


1972年7月27日生まれ、群馬県出身。ブースタープロジェクト所属。

大学で演劇を専攻し、演出家・大橋也寸氏、脚本家・石堂淑朗氏に師事。同郷の小栗康平監督作『眠る男』(96)の見習いスタッフで業界入り。自主制作した3分間の映像を機に黒沢清,高橋洋監督の推薦を受け、1998年関西テレビの短編枠で商業デビュー。東映Vシネマで原案・脚本・監督した『呪怨』シリーズ(99)が口コミで話題になり、大ヒットを記録。

2004年にはサム・ライミ監督のプロデュースのもと、映画「THE JUON 呪怨」でハリウッドデビュー。
日本人監督として初めて全米興行収入一位を獲得。続く“The Grudge 2”:邦題『呪怨パンデミック』(06)も全米№1に。その他『稀人』(04)、『輪廻』(05)、『魔女の宅急便』(14)、『ブルーハーツが聴こえる/少年の詩』(17)、『ホムンクルス』(21)近年の代表作『犬鳴村』(20)、『樹海村』(21)、『牛首村』(22)の恐怖の村シリーズ等ホラーやスリラーを中心に、ファンタジー、コメディ、ミステリー、SFなどに取り組む。

2023年6月18日(金)には、『恐怖の村シリーズ』に続く新作ホラー映画『忌怪島/きかいじま』の公開を控える。







【作品概要】

■タイトル:『ミンナのウタ』

■監 督:清水崇

■配 給:松竹©2023「ミンナのウタ」製作委員会




2023年公開









【関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − 12 =