都市伝説“最恐”ホラー、ついに映画化!映画『ヒッチハイク』7/7(金)公開!主演・大倉空人(「原因は自分にある。」)よりコメントも到着!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



この一家、何かがおかしいーー



かつて一世を風靡した、2 ちゃんねるオカルト版スレッド「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」(通称“洒落怖”)。体験談、伝聞、創作等が入り交じり、とにかく怖い話に眠れない夜を過ごしたネット住民が続出。そして、今もなお語り継がれる数々の話が、『きさらぎ駅』や『樹海村』等の映画化により再び脚光を浴びている。そして、“洒落怖”の中でも最もトラウマになると怖れられ、多くのまとめサイトで殿堂入りを果たしている『ヒッチハイク』が、ついに映画化!7 月 7 日(金)より、全国公開される。

メガホンを取ったのは『コープスパーティー』シリーズなど数多くのホラー映画を手掛けた山田雅史、脚本は『きさらぎ駅』の宮本武史が担当。辺鄙な山道でヒッチハイクをしたばかりに、狂気の一家に追われる若者たちの末路が、ついにスクリーンで明らかになる。

『きさらぎ駅』『樹海村』に続く、戦慄の恐怖体験。この夏、最大級のトラウマがあなたを襲う―。
この度、映画化決定とともに、ダンスボーカルユニット「原因は自分にある。」に所属、アーティストや俳優として活躍する大倉空人が主演と発表!悪友とともにヒッチハイクをし、異様な雰囲気を持つ一家に遭遇してしまうという役どころ。奇妙な世界に入り込んでしまい、どんどん追い詰められていく主人公を、繊細かつリアルに演じています。狂気の果てに訪れる戦慄の結末とは…?テレビドラマや舞台で着々と経験を積んでいる大倉空人がどのような演技をみせるのか、期待が高まる。
さらに、映画初主演となる意気込みのコメントも到着した。









主演・大倉空人より喜びのコメントが到着!

主演・大倉空人(「原因は自分にある。」)




主演・大倉空人より喜びのコメントが到着!



●コメント●

映画『ヒッチハイク』で山崎健役を演じさせて頂きます、大倉空人です。
今回のお話を頂いた時は本当に衝撃的で、主演を務めさせて頂くということがしばらくの間信じられませんでした。
山田監督をはじめ、スタッフの皆さん、そしてキャストの皆さんと一緒に必死に取り組んだ作品です。
“ヒッチハイク”から始まったある男との出会いから物語は始まります。それぞれのキャラクターの背景にも注目してこのホラー映画を楽しんで頂けたら嬉しいです。公開まで楽しみに待っていてください!




●プロフィール●

2002年4月12日 生まれ。神奈川県出身。ダンスボーカルグループ『原因は自分にある。』のメンバーとして活動中。2023年1月にパシフィコ横浜・国立大ホールにてワンマンライブを開催。
7月には東名阪福をまわるホールツアー「LIVE TOUR 2023 -G=ø-(ジーイコール)」を開催予定。
出演作として、映画『レッドブリッジ』『レッドブリッジ ビギニング』ABC『ひともんちゃくなら喜んで!』(23)KBC『福岡恋愛白書18 春のおとなりさん』(23)NTV『ムチャブリ!わたしが社長になるなんて』(22)『FAKEOTION -たったひとつの願い-』(21)TX『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON5』(21)等










STORY

異次元の山奥で繰り広げられる惨劇の一夜。
その車には、絶対に乗ってはいけない―。



大学生の涼子と茜は、ハイキングの帰りに山道で迷ってしまう。やっとバス停に辿り着いたものの、バスが来る気配は全く無かった。
さらに、涼子は足を怪我しており、茜の彼氏も飲み会で迎えに来られないらしい。
ふたりは、意を決してヒッチハイクをすることに。
こんな山奥で無謀にも思えたが、運良く一台のキャンピングカーが停まる。
運転席から降りて来たのは、時代錯誤のカウボーイの格好をしたジョージと名乗る男。
ジョージは快くふたりを受け入れ、車内へと誘う。
そこには、ジョージの家族も同乗していたが、どこか異様な雰囲気が漂っていた―。
一方、過保護な親にウンザリしている健は、悪友の和也を誘い同じ山でヒッチハイクの旅をしていた―。








作品情報

監督:山田雅史 脚本:宮本武史
製作:BBB/ニューセレクト 配給・宣伝:アルバトロス・フィルム 宣伝協力:ブラウニー
2023年/日本映画/日本語/シネスコ
©2023「ヒッチハイク」パートナーズ 

公式HP:http://hitchhike-movie.com
公式Twitter:@hitchhike0707



7 月 7 日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー


Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − eleven =