【新たな戦慄の予兆も!】殺人鬼マイケル、恐怖の雄姿をとらえた、必見の特写をcowaiが独占入手!謎を解くヒントも!?シリーズ最終章『ハロウィン THE END』4/14(金)公開!

pick-up オススメ 映画




🎃映画史に残る恐怖が、壮絶に、終わるー🎃
全米No.1超ヒットシリーズ完結!



1978年、鬼才ジョン・カーペンターが32万5,000ドルの製作費で生み出し、4,716万ドルの全米興行収入を記録した『ハロウィン』(78)。いまなおホラー映画の金字塔として愛され続ける同作は映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”を生み出し、数多くの作品やクリエイターたちに影響を与えている。
その78年版から40年後を描いた正統な続編『ハロウィン』(18)は、2018年10月19日に全米で公開され全世界で2億5,561万ドルを稼ぐ大ヒットを記録し、批評家や観客からも高い評価を獲得した。
さらに、2021年には続編となる『ハロウィン KILLS』が公開され、コロナ禍にありながらも全世界で1億3,164万ドルの興行収入を記録。連続して全米No.1のオープニングを飾る超人気作品だ。

そして『ハロウィン』シリーズ最終章となる『ハロウィン THE END』(原題:HALLOWEEN ENDS)が4月14日(金)より公開される(配給:パルコ ユニバーサル映画)!

この度、『ハロウィン THE END』特写4点を【cowai】編集部が独占入手。新たな戦慄を感じさせる、マイケルの恐怖の雄姿をとらえたショットを日本初公開する。





本作の監督・脚本・製作総指揮を務めるのは、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーン。

キャラクター原案、製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが務め、『透明人間』『ハッピー・デス・デイ』など良質ホラー作品を制作する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム(製作)、ダニー・マクブライド(製作総指揮・脚本)ら、『ハロウィン』(18)からの強力な製作陣が続投。

主人公ローリー・ストロードを演じるのは1978年の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。ローリーの孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックやカイル・リチャーズ、ウィル・パットンが続投するほか、本作の物語の鍵を握る一人コーリー役としてローハン・キャンベルが新たに参加する。

昨年10月14日に全米公開された本作は、40,050,355ドルの興行収入で全米No.1のオープニングを飾るなど、今なお記録を更新し続けている。





殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズが再びハドンフィールドを襲った事件から4年。自身のトラウマと向き合い、孫のアリソンとともに幸せを手に入れようとするローリーは、穏やかな生活を送っていた。だが、悲しい過去をもつ孤独な青年コーリーが、4年間忽然と姿を消していたマイケルと遭遇したことから事態は一変。ヤツはまだ生きていたのだ。人々の心の弱さに、マイケルが静かに忍び寄る。長年の因縁に決着をつけるべく、マイケルと最後の対決に挑むローリーだったが、その先には壮絶な闘いが待っていた-!


解禁済みのメイン写真。Michael Myers (aka The Shape) and Jamie Lee Curtis as Laurie Strode in HALLOWEEN ENDS, directed by David Gordon Green Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS








新たな戦慄の予兆!最終章の謎を解くヒントが隠されている!?
殺人鬼マイケル、恐怖の雄姿をとらえた必見の特写4点を【cowai】が独占入手!


Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS


「cowai」では、『ハロウィン THE END』特写4点を独占入手した。いずれも日本メディア初公開だ。

シリーズを通じて最悪の恐怖を届け続ける殺人鬼マイケルの変わらぬ魅力と共に、新たな戦慄を予感させるショットばかりだ。

前作『ハロウィン KILLS』でも観客の度肝を抜くクライマックスが待っていただけに、シリーズ最終作ではどんなサプライズが待ち受けるのか。
謎を解くヒントはこれらの写真の中にも隠されいる。


Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS
Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS
Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS




ブギーマンことマイケルは、幼い頃に姉を殺害し、長い間精神病院に収監されていた。
新三部作の一作目となる2018年の『ハロウィン』では、ハロウィン前夜に40年間収監されていた精神病院を脱走。完全復活を遂げたマイケルは、ハドンフィールドに舞い戻り、殺戮を開始する。
ローリーは、娘のカレン、孫のアリソンと結託し、なんとかマイケルを罠にはめるが、ヤツはまだ生きていたのだ。続く2021年の『ハロウィン KILLS』では、ハドンフィールドの住民たちが暴徒化しマイケルを追い詰めるも、すさまじい逆襲で多数の人々が死亡。ローリーの娘カレンも被害者となった。
本作では、前作から忽然と姿を消していたマイケルがまたしても復活し、ローリーとの最終決戦が描かれる。
殺人の動機や感情は一切不明、神出鬼没で人知を超えた怪力をもつ彼は一体何なのか。
ローリーはマイケルとの因縁を断ち切り、平穏な日々を取り戻すことができるのか。
40年に渡る伝説の結末をスクリーンで目撃せよ!








“マイケル掛け軸兼用手拭い”付きムビチケカードが発売中


1月20日(金)より、数量限定で発売される“マイケル掛け軸兼用手拭い”付きムビチケカード




1月20日(金)より、数量限定で“マイケル掛け軸兼用手拭い”付きムビチケカードが発売中。映画公開前に是非チェックいただき、マイケルとの対決に備えよう! 究極のショッキング・ホラー『ハロウィン』がついに完結。映画史に残るローリーとマイケルの最後の戦いを見逃すな!








ハロウィン THE END

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 脚本:ポール・ブラッド・ローガン、クリス・ベルニエ、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ダニー・マクブライド
製作総指揮:ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン
製作:マレク・アッカド、ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック
出演:ジェイミー・リー・カーティス、アンディ・マティチャック、ローハン・キャンベル、ウィル・パットン、カイル・リチャーズ、ジェームズ・ジュード・コートニー
2022 年/アメリカ/カラー/スコープサイズ/英語/原題:HALLOWEEN ENDS/111 分/R15+
Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS
配給:パルコ ユニバーサル映画
Ⓒ2022 UNIVERSAL STUDIOS





2023年4月、TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + 16 =