ジェームズ・ワンが贈る「死霊館」「アナベル」シリーズ最新作『死霊館のシスター 呪いの秘密』邦題・秋公開決定!最恐US版予告映像解禁!

pick-up オススメ 映画



すべての呪いとポルターガイストの元凶となった、“シスター ヴァラク”復活!
この秋、最恐のホラーアトラクション開幕。


全世界興行収入 3000 億円超えの驚異の数字を叩き出した、実際にあった心霊現象を映画化した大ヒットホラー「死霊館」「アナベル」シリーズの最新作『THE NUN 2』が、『死霊館のシスター 呪いの秘密』の邦題で今秋、劇場公開となることが決定した。(配給:ワーナー・ブラザース映画)

邦題・公開決定と共に、最恐の US 版予告映像が公開された。

日本版ポスタービジュアル© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で460億円以上の興行収入の大ヒットとなっている。以降、『アナベル 死霊館の人形』をはじめ、その世界観はシリーズ化され、近年では『アナベル 死霊博物館』や『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』など、累計3000億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている。

そして遂に、すべての呪いとポルターガイストの元凶となった“シスター ヴァラク”——その最恐の真相に迫る最新作『死霊館のシスター 呪いの秘密』が誕生!

主演のアイリーンを『死霊館のシスター』に続きタイッサ・ファーミガが演じ、製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ラ・ヨローナ ~泣く女~』、『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』など数々のホラー作品を世に送り出してきたマイケル・チャベスが務める。






『死霊館のシスター 呪いの秘密』最恐US版予告編
全世界興行収入 3000 億円超えの驚異の大ヒット

ジェームズ・ワンが贈る「死霊館」「アナベル」シリーズ最新作!


最恐の US 版予告映像が公開! フランスの寄宿学校で子供たちが走り回るなか「この学校、何か嫌な感じがする」と語る少女ソフィの視線の先に、突如悶え苦しみ始めるフレンチ—の姿が。邪悪な存在を感じ取り、怯えるソフィに「何を見た?」とアイリーンが問いかけると、その答えは「シスター」だった。その答えにより、再びあの“シスター ヴァラク”の邪悪な呪いを感じ始めたアイリーンは、その元凶を突き止めるため、行動に出る。「あの悪魔はかつて天使だった」「神に拒まれ力を失った」と語られ、徐々にその正体に近づくアイリーンだが……。
予想を超えた恐怖と呪いの秘密の一端を味わえる最恐の予告映像だ——

さらなる恐怖の続報をお楽しみに!









【作品情報】

◇タイトル:『死霊館のシスター 呪いの秘密』(※スペースは、半角スペース)

◇公開表記:今秋 劇場公開

◇監督:マイケル・チャベス(『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(21))

◇製作:ジェームズ・ワン

◇出演:タイッサ・ファーミガほか

◇配給:ワーナー・ブラザース映画

◇© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

◇公式サイト:shiryoukan-himitsu.jp ◇公式Twitter:@horror_ent #死霊館のシスター #シスターヴァラク復活

◇公式TikTok:@wb_horror ◇公式Instagram:@warnerjp_official





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten + five =