映画『死霊館のシスター 呪いの秘密』公開日が10月“13日の金曜日”に決定!顔のないシスターたちが主人公を囲む新規場面写真も!

pick-up オススメ 映画



全世界興行収入 3,000 億円超えの史上最恐ホラー
ジェームズ・ワンが贈る「死霊館」「アナベル」シリーズ最新作!



2013年に実際にあった心霊現象を映画化し、全世界で460億円以上の興行収入の大ヒットを記録した『死霊館』。その世界観はシリーズ化され全世界興行収入3000億円超えの驚異の数字を叩き出した。そんな史上最恐の大ヒットホラー「死霊館」「アナベル」シリーズの最新作『死霊館のシスター 呪いの秘密』が、10月13日の金曜日より全国公開決定!この度、新規ビジュアルも解禁された。(配給:ワーナー・ブラザース映画) 

「死霊館」「アナベル」シリーズの生みの親ジェームズ・ワンが製作を手掛け、“シスター ヴァラク”と対峙するシスターのアイリーンを『死霊館のシスター』に引き続きタイッサ・ファーミガが演じる。

先日、日本公開が決定した際には「やっぱりヴァラク様のビジュ最高」「ヴァラク様にまた会える!!!」、とホラーファンに神格化された“シスター ヴァラク”の登場を喜ぶ声のほか、「ついにヴァラクの秘密が…」など恐怖のルーツが暴かれることを楽しみにする声がSNS上に溢れ、本作の公開に期待が益々高まっている。





2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で460億円以上の興行収入の大ヒットとなっている。以降、『アナベル 死霊館の人形』をはじめ、その世界観はシリーズ化され、近年では『アナベル 死霊博物館』や『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』など、累計3000億円を超える大ヒットホラーシリーズとなっている。

そして遂に、すべての呪いとポルターガイストの元凶となった“シスター ヴァラク”——その最恐の真相に迫る最新作『死霊館のシスター 呪いの秘密』が誕生!

主演のアイリーンを『死霊館のシスター』に続きタイッサ・ファーミガが演じ、製作は『死霊館』の生みの親ジェームズ・ワン、監督は『ラ・ヨローナ ~泣く女~』、『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』など数々のホラー作品を世に送り出してきたマイケル・チャベスが務める。














記念すべき「死霊館」ユニバース10周年の今年、
10月13日の金曜日は、どんな祈りも通じない……
すべての元凶となった、最恐の“シスター ヴァラク”。恐怖の新ビジュアル解禁!


© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



本作は10月13日の金曜日という、恐怖の作品に相応しい公開日に決定!
さらに、今年は「死霊館」ユニバースの誕生10周年という記念すべき年に!そんな最恐の公開日とともに解禁となった新ビジュアルでは、薄ら灯かりに怪しく照らされた夜の街中で、主人公のアイリーンが顔のない複数のシスターたちに囲まれているという、ゾッとするカットが切り取られた場面写真となっている。
“シスター ヴァラク”こそが、「死霊館」「アナベル」シリーズで描かれる数々の心霊現象の元凶であり、世界でもっともに有名な最恐のシスターだが、果たしてアイリーンの祈りは神に通じるのか……⁉
そして、本シリーズのすべての呪いとポルターガイストの元凶となった“シスター ヴァラク”の最恐の秘密と真相とはいったい!?
この秋、史上最恐のホラーエンターテイメントが、開幕する。










【作品情報】

◇タイトル:『死霊館のシスター 呪いの秘密』(※スペースは、半角スペース)
◇公開表記:10 月 13 日(金)全国公開
◇監督:マイケル・チャベス(『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(21))
◇製作:ジェームズ・ワン
◇出演:タイッサ・ファーミガほか
◇配給:ワーナー・ブラザース映画
◇© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
◇オフィシャルサイト:shiryoukan-himitsu.jp #死霊館のシスター #シスターヴァラク復活
◇ワーナーホラー部 公式 Twitter:@horror_ent
◇ワーナーホラー部部長 公式 TikTok:@wb_horror ◇公式 Instagram:@warnerjp_official






10月13日(金)より全国公開








【関連記事】



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + nine =