【読者プレゼント】傑作バイオレンス『西成ゴローの四億円』前後編の2/12(土)からの全国公開を記念し、監督・主演の上西雄大の単独インタビュー!さらにサイン入り特製ポスターを抽選で3名様にプレゼント!

インタビュー・コメント オススメ 単独インタビュー 映画




上西雄大(監督・主演)× 奥山和由(プロデュース)最新2部作品
日銭を稼ぐ無敵のダークヒーロー。大切な家族のために四億円を稼ぐ。



児童虐待を題材に、世界中の映画祭で感動の嵐を巻き起こした映画『ひとくず』(2020 年ロンドン国際映画祭グランプリ&主演男優賞受賞ほか多数受賞)の上西雄大が新たに監督・主演を務めた映画『西成ゴローの四億円』(前篇)、『西成ゴローの四億円 -死闘篇-』(後篇)が2/12(土)より全国公開される。

「cowai」でも絶賛の本作の2/12(土)からの全国公開を記念して、監督・主演の上西雄大の単独インタビューを敢行。また、監督のサイン入り特製ポスターを抽選で3名様にプレゼントします。
※プレゼント用のサイン入りポスターは現在、メインで使用されている二種類の宣伝用ポスターとは異なります(ある意味で希少品と思います)。あらかじめご了承ください。

『西成ゴローの四億円』(前篇)は1/29(土)より大阪先行公開、2/12(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショー、『西成ゴローの四億円 -死闘篇-』(後篇)は2/5(土)より大阪先行公開、2/19(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショー公開。






*『西成ゴローの四億円』(前篇)受賞情報*
ロンドン国際映画祭 2021 「外国語部門最優秀作品賞」&「最優秀主演男優賞」W受賞。
ニース国際映画祭 2021「最優秀外国語長編映画作品賞」&「外国語映画最優秀主演男優賞」W受賞。







【『西成ゴローの四億円』レビュー記事】











『西成ゴローの四億円』監督・主演 上西雄大 単独インタビュー!
「スタントも自分でやっています。やってみると死にましたね(笑)」





――『西成ゴローの四億円』は前篇が2/12(土)より、後篇の『 -死闘篇-』が2/19(土)より全国順次ロードショーという、最近では珍しい上映形式ですが。

上西雄大監督「ぜひ二本続けてセットで見てほしいですね。特に『死闘編』は絶対に面白いです」

――前篇も、いったいゴローがどうなるかと、先の読めない展開の面白さがあって、非常に見ごたえがありました。後篇の『死闘編』が見たくなります。

上西監督「前篇は『誕生編』ですね。西成の日雇い人夫のゴローがすごく哀れで、お金に困って、目玉や腎臓売ったり、ボロボロになって、落ちるところまで落ちて、最後に<西成ゴロー>が生まれる。
『死闘編』であのキャラが生き生きと動き出して、すごい戦いに入っていくから、続けて見ると絶対面白い。そして、泣けます。
まさに昭和の時代にあった、二本立てのプログラム・ピクチャーの世界を、一人でやっています」

――往年の東映セントラルフィルムのような、大人のハードボイルドの世界ですね。

上西監督「(東映セントラルフィルムは)大好きですね。松田優作さんの『遊戯』シリーズとか、『蘇る金狼』とか、ああいう世界観をすごく意識して作りました。
僕ら学生の頃、あの辺の作品で育ったというか。優作さんもそうだし、ショーケンさんや原田芳雄さんとか、ああいう人たちに憧れましたよね。
優作さんがもし生きてたら、ショーケンさんが生きてゴローやられたらすごくカッコいいだろうなって思うような作品を目指したんです」





――内外で高く評価された『ひとくず』とか、これまでの監督作品よりも、今回はアクション、バイオレンスのエンタテインメント色が強い。

上西監督「そうですね。ここまでのアクション作品って、やったのはゴローが最初だと思うんですけど。でも、これもやりたかった企画なんです」

――バイオレンス・シーンも生々しい迫力がありました。どう撮ったんですか?

上西監督「アクションも今風ではなく、カットをあんまり細かく割っていないんです。それこそ東映セントラルフィルムみたいな撮り方を意識して。だから、ある意味、ごまかしがきかない。(撮影)時間も押しましたね」

――アクションでも、上西監督が演じるゴローが全編で活躍しますが、スタンドインは?

上西監督「ないです。自分でやってます。殺陣をつけてもらって、全部自分で。
ボクシングやってたんで、やれる自信はあったんですけど、やってみると死にましたね(笑)。もう白目むきましたもん。アクションのイメージでは、体は昔のまま動くつもりでいるけど、やってみると息とか持たない、足が上がらない、腕が振れない。
今後も続けていくなら、体鍛えなきゃ、もうちょっと運動しなきゃなとは思いますね」


©上西雄大




――バイオレンスが見せ場ではあるけど、同時に人間もしっかり描かれている。単なるアクションでは終わらない深みが感じられます。

上西監督「ありがとうございます。僕らの作品に限らずとは思うんですけど、人間の色がなければ作品にはならないと思うんです。出てくる人みんなが、ちゃんと人の心を持っていないと、映画って全然ことを成さないっていうか、お客さんに渡すものが何もなくなっていくと思う。そこを僕らすごく意識して追いかけていますね」

――最近はオリジナルの企画のアクション映画ってなかなか実現できないと思います。奥山和由さんが製作総指揮を務めていますが、企画の経緯を教えてください。

上西監督「まず『ゴロー』自体、僕が先に(短編を)撮ってたんですよ」

――では、『ひとくず』などと同じような、これもご自身の企画だったんですね。

上西監督「そうです。8割くらい出来てました。そんな時に『ひとくず』を見た奥山さんからお声がけ頂いて、『なんか一緒にやりたい』ってなったんです。で、『今どんなの(企画)持ってますか』って聞かれて、ゴローを撮ったやつを見せたんですよね。そこで意見を頂いて。僕にとって、奥山さんといえば、『いつかギラギラする日』とか、ほんとに大好きな日本映画を作られた一人なんです。その方に言われたアドバイスがすごく腑に落ちたっていうか、腹に落ちたので、『じゃあ、ちょっと撮り直そう』って。そこから撮り足したり、撮り直したりして、結局ほとんど全部やり直して、仕上げたのがゴローの前編です。
最初は、子供の四億円の話もシリーズでずっとやっていこうかなと思ってたんですよ。そしたら奥山さんから『やっぱり四億円の話も完結した方がいいよ』って言われて、じゃあ前後編みたいに『死闘編』で決めちゃおうみたいになったんです。
『死闘編』に関しては、奥山さんが『スケールを上げよう』って、色んなアイデアを出し合って、一緒に取り組んで作ったんです。だから予算的には死闘編の方が予算も圧倒的に多いんです」





――キャストも個性的で豪華ですね。脚本はあてがきですか

上西監督「そうですね、憧れの人たちをキャスティングして、ほとんど当て書きです。(石橋)蓮司さんも最初スケジュール合わないって言われたんですよ。でも僕が『いくらでもスケジュール合わせますから』って言って食い下がって、出て頂いたんです。
奥田瑛二さんも津田寛治さんそうですけど、本をお渡しすると、皆さん、きちんと(芝居を)構築されてくるので、逆に今度は僕が、役者・上西雄大=ゴローとなって、そこにぶつかっていくという。お芝居で相手から何をもらって、何を返すかってことが、ほんとお芝居だと思うので、あこがれの俳優の皆さんとの共演は本当にゾクゾクしましたね。
あとは関西弁。『死闘編』見て頂くと、ゴローのライバルの殺し屋役の加藤雅也さんも関西の人なんですよ。加藤さんと僕はネイティブな関西弁でしか表現できないようなコミュニケーションをやるんですけど、ほんと関西人同士の会話でないと成立しないっていう、すごく面白いものになっていると思います。ただ、加藤さんは終始、『これ、俺はおもろいけど、東京でこれ、わかるか、受けるか』ってずっと心配していました(笑)。でも東京でも(特別)上映した時、すごい受けてましたよ」

――山﨑真実さんの、SM嬢に堕ちていく元妻役も印象的でしたね。

上西監督「そうなんです。僕は(映画の)『電人ザボーガー』がね、あのミスボーグの山崎さんが大好きなんです。すごいぶっ飛んでいるじゃないですか。面白いなこの人!と思って、それでミスボーグのイメージが強いまま、お会いしたら、全然違って、むちゃむちゃ女性らしい、すごいきれいな人でびっくりしました(笑)」

――物語の舞台が、日雇い労働者の街で知られる大阪・西成ですが、実際に撮影を行ったのですか?

上西監督「しています。両作、西成でロケをしています。
最初、(管轄の)警察に行って(撮影用の)道路使用許可を申請したんですけど、確かに使用許可はくれるけど、警察からは『問題ないようにやりなさいよ、あんたたち、大丈夫なの』って言われて。『一応、撮影やっている時、何かあったらすぐ行く用意はしておく』とか、もう単なる道路使用許可だけの問題ではないことを示唆するから、僕らビビッて(笑)。アイリーンセンターでの笹野高史さんとのシーンとか、三角公園近くでの津田さんとのシーンとか、ほんと撮れるかなって心配だったですけど。逆に西成の皆さんにいろいろ協力してもらって、車止めとか、人止めまでしてくれて、なんとか撮り終えました。中には『出たろかー出たろかー』って言ってくる人もいるんですけど、別に出て貰わんでもけっこうですって(笑)。でも現地の人も何人か出てますよ。そんな人たちはすごい存在感があって。俳優の芝居も大事ですけど、そこにいる人間のリアリティにはかなわないなと思います。
あと、居酒屋のシーンも西成で撮ったし、そう、“狼女”(狼のマスクをかぶった謎の美女)。狼女がモデル立ちしているのも、西成の街の中です。あれは僕が頭の中で、西成のいろんなところでモデル立ちしている狼女って面白いなと思って、実際やってもらいました(笑)。
気が付けば、西成でかなり撮影していて、西成でしか出せない独特の空気感がうまく出せた気がします」


©上西雄大




――今後も監督作の公開が続きます。

上西監督「もちろん僕には、『ひとくず』のように社会性の強い題材を描く使命を背負ったみたいなところがあります。そうした作品は今後も追いかけていきたいんですが、エンターテイメントもやりたい。ゴローもシリーズとして作っていきたい思いはあります。
それと、本当は俳優としても、色んな監督さんに呼んでもらいたいけど……もう監督としてしか見られていないところがあって、ちょっと嫌なんです(笑)。監督の仕事が続くのはありがたいんですけど、俳優としても、ぜひ皆さんに呼んで頂ければと思います」

――ありがとうこざいました。





監督・脚本・プロデューサー & ゴロー
上西雄大 YUDAI UENISHI


1964 年生まれ、大阪府出身。
俳優・脚本家・10ANTS(テンアンツ)代表。
2012 年劇団テンアンツ発足後、関西の舞台を中心に俳優
として活動。脚本家としても並行して活動するなか、
12 年に映画製作を開始する。
2 作目の『姉妹』が第 5 回ミラノ国際フィルムメイカー映画祭・外国語短編部門グランプリを受賞。
2020 年 2 月、児童虐待を題材に描いた『ひとくず』が公開。コロナの影響で公開延期になるが、現在
全国順次公開中。「追いくず」という言葉が生まれる等、反響が大きく、ますます評価が高まっている。


短編集オムニバス『10 匹の蟻(ブルーバージョン・グリーンバージョン)』(2016)
『姉妹』(2018)*短編
『恋する』(2018)*長編初作品
『ひとくず』(2019)
『ねばぎば新世界』(2021)*赤井英和さんとの W 主演
『ヌーのコインロッカーは使用禁止』2022 年公開予定







【読者プレゼント】
映画公開記念!『西成ゴローの四億円』前後編
上西監督サイン入り特製ポスターを、抽選で3名様にプレゼント!


ポスター・イメージ(トリミング)


※プレゼント用の監督サイン入りポスターは、現在メインで使用されている二種類の宣伝用ポスターとは異なります(ある意味で希少品と思います)。あらかじめご了承ください。



<応募方法>

応募締め切りは2022年2月20日(日)。
応募方法は、WEB映画マガジン「cowai」twitter公式アカウント(@cowai_movie)をフォローし、該当するプレゼント記事ツイート( https://mobile.twitter.com/cowai_movie/status/1492152849274314758 )をRTしてください(すでにフォローされている方は、ツイートのRTのみで結構です)。


<抽選結果>

翌日以降に抽選を行い、当選された方に「cowai」公式TwitterアカウントよりDMで通知させていただきます。
当選品のポスターは宅急便で発送する予定です。(諸般の事情や、災害等やむを得ぬ事情で遅れる場合があります)



皆様のご応募お待ちしています!


【応募の注意点】

〇当選後に住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
〇当選品のポスターは映画配給会社よりご提供いただいたプロモーション目的の非売品扱いとなります。このため、傷や汚れ等があっても交換はできませんので、ご了承ください。
※非売品につき転売目的のご応募は禁止とさせていただきます。
〇抽選結果や抽選経過に関して個別のお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。







イントロダクション

現代社会に巣食う闇の世界や人間の情の力を根底に、大金を稼ごうと必死に抗う一人の男の生き様が描かれる。同時に、登場人物たちの所持金や貯蓄額からその人物の生活や経済観念が分かる構成になっており、リアルな人間模様を味わうことのできるマネー・クライム・エンタテインメントが新たに誕生した。

大阪の西成に住む、日雇い労働者・土師晤郎。腕っぷしが強くて皆から頼られる反面、殺人罪で服役していた過去から「人殺しのゴロー」という異名を持っていた。断片的に記憶を失った彼だが、元政府諜報機関の工作員だったこと、妻と娘がいたことなど記憶を少しずつ取り戻していく。ある時、家族の現状を知ったゴローは、固く決意する。「心臓移植が必要な難病を患う一人娘のために、どんなことをしてでも四億円を稼いでみせる」ということを―。

主人公のゴローを上西本人が演じ、主要キャストには多彩な俳優陣が揃う。ゴローの最大の敵となるフィクサーに奥田瑛二、政府諜報機関時代のゴローの元同僚に津田寛治、ゴローの元妻に山崎真実、ほか松原智恵子、笹野高史、加藤雅也、木下ほうか、波岡一喜、『ひとくず』で色濃く印象を残した徳竹未夏、古川藍等が出演。そして、死闘篇(後篇)のキーマンとなる韓国巨大マフィアの会長を石橋蓮司が演じる。







『西成ゴローの四億円』(前篇)

上西雄大
津田寛治  山崎真実  長原成樹  波岡一喜 徳竹未夏 古川藍
奥田瑛二

監督・脚本:上西雄大  製作総指揮:奥山和由
プロデューサー:上西雄大 エグゼクティブプロデューサー:成田一也 川﨑勉 山﨑竜紀 和田武利 中葉昭弘 
撮影:吉沢和晃  照明:齋藤正貴  録音:西山秀明  編集:西山秀明 上西雄大  ヘア&メイク:山畑里奈アクション:リー村山 殺陣師:玉寄兼一郎 ガンエフェクト:浅生マサヒロ
音楽:川人千慧 助監督:徳竹未夏・古川藍
挿入歌 「寂(レクイエム)唄」「西成TOWN」唄:西成の神様
企画・製作:10ANTS  配給:吉本興業 チームオクヤマ シネメディア
©上西雄大  2021年 / 日本 / カラー / 104分   [G]




『西成ゴローの四億円 死闘篇』(後篇)

上西雄大
津田寛治  山崎真実  長原成樹  徳竹未夏 古川藍
笹野高史 木下ほうか 阿部祐二 加藤雅也(友情出演) 松原智恵子(友情出演) 石橋蓮司(特別出演)
奥田瑛二

監督・脚本:上西雄大  製作総指揮:奥山和由
プロデューサー:上西雄大  エグゼクティブプロデューサー:髙橋広規
撮影:根岸憲一  照明:齋藤正貴  録音:丹雄二  音楽:川人千慧  美術:佐々木記貴  編集:目見田健
アクションコーディネーター:玉寄兼一郎  ヘアメイク:川代麻世  衣装:沖田文子 さとうかよこ
特殊メイク・特殊造型:西村喜廣  ガンエフェクト:浅生マサヒロ  VFXスーパーバイザー:渡辺輝重  
CGアーティスト:小原正士  助監督:中根克 上山瑛史
主題歌 「西成TOWN」 唄:西成の神様(作詞・作曲:せきこ~ぢ 添詞:西成の神様)
挿入歌 「飛びます」唄:山崎ハコ (作詞・作曲:山崎ハコ)
劇中歌 「川向うのラストデイ」 唄:原田喧太 (作詞:松田優作 作曲:荒木一郎)
企画・製作・制作:10ANTS  配給:吉本興業 チームオクヤマ シネメディア
©上西雄大  2021年 / 日本 / カラー / 124分   [PG12]

goro-movie.com     twitter:@nishinarigoro4





『西成ゴローの四億円』(前篇)1/29(土)より大阪先行公開、
2/12(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショー

『西成ゴローの四億円 -死闘篇-』(後篇)2/5(土)より大阪先行公開、
2/19(土)より新宿K’sシネマほか全国順次ロードショー









【上西雄大 監督作品】

泥マンのドラマ






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × three =