『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』高評価&ヒット記念!主演・平野宏周インタビュー!平野、宮原華音、坂本浩一監督のサイン入りポスターを抽選で三名様にプレゼント!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 俳優インタビュー


撃破せよ! 世紀の一戦 絶海呪術大戦!!
スピルバーグも驚く怒涛の死闘!


忍者 VS 鮫!! 空前のサメ映画ブームに、遂に日本映画が殴り込みを果たす!!『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』が2023年4月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他にて全国ロードショーされる。
監督は「パワーレンジャー」「ウルトラマン」「仮⾯ライダー」等、数多くの特撮ヒーローを世に送り出している坂本浩⼀。主演は「ウルトラマン Z」の平野宏周と「仮⾯ライダーゴースト」の西銘駿。


サメとニンジャというB級素材でありながら、ダイナミックで派手な見せ場をこれでもかと詰め込んだ坂本監督の演出と、キャスト陣の体を張った熱演で、WEBでも高評価が続出。エンタテインメント性豊かな、見ごたえある秀作に仕上がっている。

この『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』の高評価&ヒットを記念して、「cowai」では、主演の平野宏周に単独インタビューを敢行!(この後、宮原華音(百園菊魔役)、坂本浩一監督のインタビュー記事も掲載!)
さらに、平野宏周、宮原華音、坂本監督のサイン入り『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』のポスターを抽選で三名様にプレゼントする(応募方法は記事の後半に掲載)。






刻は江戸時代。人里離れた沖津村の浜に村人の惨殺された死体が上がる。邪教集団・紅魔衆の首領・螭鮫士郎は不老不死の力を得る為に呪術を使い、鮫を操る事によって村で採れる真珠を強制的に村人から巻き上げていたのだ。この状況に業を煮やした村長は、助太刀を頼むべく村外れの寺にいる用心棒の潮崎小太郎に会いに行く。報酬とともにその仕事を一旦引き受ける小太郎だが、その行く手を菊魔と名乗る女忍者が遮ってきた。村人の沙代を生贄として鮫士郎に捧げようとする村長に反発する信助と共に、鮫士郎に戦いを挑む小太郎だが、その前に現れたのは、この世の物とは思えない巨大な鮫…。
遂に実現する、忍者対鮫の究極バトル!生き残るのはどっちだ!!
4 月 14 日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!











「これ、どういう出来上がりになるんだろう」って(笑)。
『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』
主演・平野宏周、単独インタビュー!





――『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』めちゃくちゃ面白かったです。これは劇場で見るべきですね。

平野宏周 ありがとうございます。

――「ウルトラマン Z」でコンビを組んだ坂本浩一監督ですが。

平野 直接オファーの連絡を頂きました。僕も「坂本監督とぜひご一緒させてください」と。

――タイトルを聞いた時はどうでしたか。

平野 最初はグロい話なのかなって思ったんですが、なにより坂本監督なら絶対面白い作品である事を確信していました。

――坂本監督への信頼はゆるぎない?

平野 はい。きっととんでもない作品を創られるのだろうなと。それと、どんな作品でも構わないので、坂本監督とまたお仕事をご一緒したいという気持ちも強かったです。

――主人公の小太郎をどう演じようと思いましたか。

平野 小太郎のようなクールで二枚目のキャラクターって、やったことがなかったので、楽しかったですね。


©️2022 REMOW




――今までのイメージとは違う?

平野 「ウルトラマンZ」の時もそうなんですけど、ちょっと熱血だったり、おちゃめだったり、あと後輩役も多かったので。今回の小太郎はそれらとは真逆のアウトロー。野蛮というか、孤高の、強いオトコ像みたいなのに憧れがあったので、すごいやりがいを感じました。

――脚本を読まれた感想は?

平野 最初の正直な感想は…「これ、どういう出来上がりになるんだろう」って(笑)。内容はすごい引き込まれるんですけど、文章じゃ伝わりにくいというか、いったいこれをどう映像にするんだろうって終始思いましたね。

――巨大なサメも広い意味では怪獣であり、そこにヒーローがいて……というシチュエーション自体はウルトラマンに似ていますが。

平野 いやあ、やっぱり全然違いますね。

――同じ坂本監督でも、役作りはウルトラマンと違っていた?

平野 そうですね。台本を何回も読んで、イメージを頭の中で作りこんでいく作業から始めました。その上で作品の世界観や小太郎というキャラクターをイメージするために、参考にしたのが、真田広之さんの若い時の映画。台本を読んだ時、ぱっと浮かんだんです。今のダンディーな真田さんともちょっと違う、若いワイルドさだったりとか、ギラギラしたかっこよさ、男らしさが、小太郎には合うのかなって。

――昔の真田さんは筋肉隆々のアクションスターという感じですよね。

平野 そうなんです。ああいう雰囲気って、今の日本の作品にあんまりないじゃないですか。だから、あの頃の真田さんのようなイメージで、野性的なオス感を出せるように意識しましたね。

実は、坂本監督と顔合わせの時、「今こういう作品見てるんですけど」って、真田さんの作品を挙げて「イメージ合ってますかね」と聞いたら、監督も「大丈夫、合ってるよ」って「この作品もいいから、ちょっと見てみて」とおっしゃってくれました。


©️2022 REMOW











こんなに(血を)浴びてたんだって、びっくりしました。
ちょっと普通じゃなくなっていたかも。


 ©️2022 REMOW




――アクションの殺陣もハードでした。

平野 ウルトラマンもアクションはあったんですが、素手とか銃撃戦が中心で、今回のような剣や刀を使った殺陣は初めてでした。動き方とか、立ち回りも全然違いましたね。

――坂本監督から指導はあったんですか。

平野 ありましたね、ジムで。

――ジムに行かれたんですか

平野 アクション練習というのが事前にありました。刀を使う殺陣は初めて、というか刀自体ほとんど初めて触ったぐらいだったので、基礎的な動作から教えてもらいました。

――結果的に殺陣もすごくサマになっていました。

平野 ありがとうございます。でも周りのアクション部のスタッフさんがうまく立ち回って下さったからですね。うまいやられ方とか、僕以外皆さん(殺陣が)できる人なんで。それプラス、やっぱりカメラワークや、坂本監督の演出にすごく助けていただきました。実際、出来上がった映像を見て「自分が思ってるより全然かっこいい!」「小太郎がいい仕上がりになってる」って感動しましたね。


©️2022 REMOW




――他にウルトラマンとの違いと言えば、血というか、スプラッタでしょうか。

平野 R15ですからね。

――監督もプロデューサーから「(過激なスプラッタを)どんどんやってほしい」って、他の現場と真逆のことを言われたそうですね。

平野 ウルトラマンは基本、血はダメなんですよね。流血とかも。

――こっちはバケツをひっくり返したような血まみれでしたが(笑)。

平野 臓物とかたくさん出てきますからね。もうドロドロになって、すごいというか、粘液もリアルで。

でも小太郎は基本的に強かったんで、あんまり汚れずに済んだんです(笑)。

――斬る立場ですもんね。

平野 でも返り血はけっこう浴びていましたね。(出来上がった)映像を見たときに、「あっ、こんなに浴びてたんだ」て、びっくりしました。現場にいる時はそんなイメージではなかったんですけど、やっぱり食らってんだと思って(笑)。

――それって、他の人がもっとすごい血まみれになっていたから感覚が麻痺していたんじゃ…。

平野 絶対そうですね。西銘(駿)さんなんか一番血まみれになってるんじゃないですか。とにかく血や臓物があちこちにありましたから、ちょっと普通じゃなくなっていたかも(笑)。

――そういう意味でも、今までになかったような現場だったんでしょうか。

平野 全然違いますね。












サメとニンジャの戦いという、単純な話だけど、
すごい作品を生み出したぞって胸を張って言える作品です


©️2022 REMOW




――撮影で大変だと思ったのは、どのシーンですか?

平野 小太郎のシーンにはほぼ必ずアクションがあったので、大変と言えば大変でした。でも僕もスポーツをずっとやってたんで(平気でした)。

――どんなスポーツを?

平野 野球とアメリカンフットボールです。体を動かすのが好きというのもありますが、撮影が終わってみると楽しかった印象しかないですね。

――結果的に全編が見せ場みたいな作品になりました。予算的にも撮影日数的にもかなりタイトで厳しい状況だったと思いますが、よく撮れたなと感心しました。

平野 慌ただしかったですが、終わってみれば、満足感の方が大きかったですね。

――大変そうだといえば、海のシーンも印象に残ります。

平野 俳優はもちろん、監督もカメラもスタッフの方々もみんな海に入って撮りました。波も高かったから、タイミングを合わせるのも手間がかかりましたね。足がつくか、つかないかの深さで、波が来る時は首の辺りまでで来ちゃうんで、みんな、ジャンプするんですよ。「波きたよ!せーの!」ってジャンプして、芝居をするんです。だからタイミングが合わないと、大事なセリフの時に、顔に波がバシャッって当たったりして(笑)。

――天候が悪そうで、波も荒れた感じでしたね。

平野 怖いぐらい高い波が何度も来ましたが、天気が悪かった分、サメが出てくるシーンがリアルにいい雰囲気が出ていたなと思いましたね。あれが快晴だと、ちょっとなんか違うだろうし、この映画のクライマックスにあんまり合わなかったかなって思います。

――最大の見せ場は、巨大なサメとの死闘ですが。

平野 サメはCGで、現場には当然いないのですが、自分が思ったより(サメが)大きな設定でしたので、(イメージして演じるのが)大変でしたね。サメに見立てた、(合成用の)グリーンのカーテンがあるんですけど、それこそ一部屋ぐらいの大きさで、その四方をアクション部の方たちが持って広げて、「よーい、スタート!」で、みんな「うぉぉぉっ!」ってサメになりきって、襲い掛かるように走ってきて、それを小太郎が!みたいな。





――壮絶な死闘のシーンを見ると、撮影にはものすごく手間がかかってそうですが。

平野 そこはやっぱり坂本監督ならではですね。いろんな角度からどんどん撮って、スタッフさんもテキパキ動かれて。芝居もすぐOKが出ました。「次、このカット下から」「はいOKOKOK」みたいな(笑)。多分、監督の頭の中では、どう撮るか、イメージが完全にできているからだと思います。

――普通、ハリウッド映画だったら何ヶ月もかかりそうな見せ場ですよね。

平野 ほんとそうですよね。かなりスピーディーに撮っていましたね。

――監督は「役者が特撮をわかってらっしゃるから、やりやすかった」って言っていましたが。

平野 どうなんですかね。僕も無意識にやっているのかもしれませんが、たぶんウルトラマンのような特撮の現場で鍛えられた経験が、こういうところで生きたのかなと思うと、うれしいですね。

――最後にメッセージを。

平野 僕としては普段、平野宏周がやらないような、あんまり出会わなかったような役柄なので、俳優としての新しい一面を小太郎で見せられるのかなって思います。

映画自体はとにかく面白い(笑)。今の世の中いろんな事件だったり、暗いニュースも多くて、悩むこともたくさんあると思うんですけど。そういうのを全部忘れて無になりたい時に見てくれるとすっきりするかと思います。サメとニンジャの戦いという、一番シンプルなストーリーだけど、そこにみんなが汗水たらして全力で取り組んで、すごい作品を生み出したぞって胸を張って言える作品です。ぜひ劇場で見て楽しんでいただけたら嬉しいです。

――ありがとうございました。





ヘアメイク: 菊地倫徳
スタイリスト: 鳥羽栞




平野 宏周 PROFILE



1999 年 4 月 1 日生まれ。神奈川県出身。サンミュージックプロダクション所属。若手俳優ユニット「SUNPLUS」のメンバー。テレビドラマ『ウルトラマン Z』主演。SP ドラマ「アイゾウ警視庁・心理分析捜査班」メインキャスト/舞台「黒子のバスケ THE ENCOUNTER」、「黒子のバスケ OVER-DRIVE」メイン
キャスト。優里「ペテルギウス」MV 主演。



©️2022 REMOW












【読者プレゼント】
『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』高評価&ヒット記念!
平野宏周、宮原華音、坂本監督のサイン入り映画ポスターを

抽選で三名様にプレゼント!




<応募方法>

応募締め切りは2022年4月26(水)
応募方法は、WEB映画マガジン「cowai」twitter公式アカウント(@cowai_movie)をフォローし、該当するプレゼント記事ツイート(https://twitter.com/cowai_movie/status/1649054453780316160)をRTしてください。




<抽選結果>

締め切り後に抽選を行い、当選された方に「cowai」公式TwitterアカウントよりDMで通知させていただきます。
当選品は宅急便で発送する予定です。(諸般の事情や、災害、キャンセル発生等やむを得ぬ事情で遅れる場合があります)



皆様のご応募お待ちしています!


【応募の注意点】

〇当選後に住所の送付が可能な方のみご応募ください(日本国内のみ有効)。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
〇当選品は映画配給会社よりご提供いただいたプロモーション目的の非売品扱いとなります。このため、傷や汚れ等があっても交換はできませんので、ご了承ください。
※非売品につき転売目的のご応募は禁止とさせていただきます。
〇当選のキャンセルが発生した場合は再度抽選を行う場合があります。
〇抽選結果や抽選経過に関して個別のお問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。








スピルバーグも驚く怒涛の死闘。


ティザーポスター




『妖獣奇譚 ニンジャ VS シャーク』 ninja-vs-shark.com

監督:坂本浩一

出演:平野宏周/西銘 駿/長野じゅりあ/宮原華音/中村優一 他
主題歌「滄溟の誓~Oath of Great Blue~」リオ・アスナブル
製作:REMOW ダブル・フィールド

制作協力:アウトサイド、yell/配給:エクストリーム
2022 年/日本/カラー/77 分/DCP/ビスタサイズ ©️2022 REMOW





2023年4月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他 全国ロードショー!








【関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × two =