『アルプスの少女ハイジ』が【18禁】で帰ってきた! 『マッド・ハイジ』7月14日(金)復讐を胸に、日本公開決定!予告編、前売り情報解禁!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画




スイス初のエクスプロイテーション映画爆誕!
ファンからの制作費カンパ『アイアン・スカイ』越えの約3億円!



スイス初のエクスプロイテーション映画『MAD HEIDI(原題)』が、『マッド・ハイジ』の邦題で2023年7月14日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほか全国公開が決定!あの国民的キャラクター「ハイジ」がR18で帰って来る!この度、予告、ポスター、前売り情報が解禁となりました!!





幾度となく映像化されてきたヨハンナ・シュピリの児童書『アルプスの少女ハイジ』。高畑勲と宮崎駿による1974年のTVアニメは、日本やヨーロッパを含む世界各地であらゆる世代を超えて愛され続けている。このスイスが誇る名作を、同国出身の監督とプロデューサーがB級エログロバイオレンスバージョンにアレンジした、〝スイス映画史上初のエクスプロイテーション映画”が誕生!配給会社は、R15になるよう修正を入れようと試みたが、過激なシーンが画面一杯に本編で随所に繰り広げられているために、修正を断念したという。世界19か国538人の映画ファンによるクラウドファンディングで、約2億9千万円もの資金集めも話題を呼んだ。アニメ版のおなじみのシーンの数々を再現するなど、日本へのリスペクトも随所に感じられる仕上がりとなっている。 

チーズ製造会社のワンマン社長にしてスイス大統領でもある強欲なマイリは、自社製品以外のすべてのチーズを禁止する法律を制定。スイス全土を掌握し、恐怖の独裁者として君臨した。それから20年後。アルプスに暮らす年頃のハイジだったが、恋人のペーターが禁制のヤギのチーズを闇で売りさばき、見せしめにハイジの眼前で処刑されてしまう。さらに唯一の身寄りであるおじいさんまでもマイリの手下に山小屋ごと包囲されて爆死。愛するペーターと家族を失ったハイジは、邪悪な独裁者を血祭りにあげ、母国を開放することができるのか!?

独裁者マイリ役には『スターシップ・トゥルーパーズ』の主人公ジョニー・リコ役で知られるキャスパー・ヴァン・ディーン。そして『グラディエーター』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のデヴィッド・スコフィールドが〝アルムおんじ″ことハイジのおじいさんに扮するなど、B級を超えた豪華なキャスティングにも注目だ!







吹き替え版予告編のハイジは人気声優・内田真礼が担当!
映画『マッド・ハイジ』予告編





解禁された予告編では「平和なスイス」「美しき山々」「美味しいチーズ」「そして、スイスと言えばこの方」とハイジとスイスの素晴らしさが次々と映し出され、年頃になったハイジと、その恋人であり、ややチャラい黒人男性・ヤギ飼いのペーターが紹介される。

ここから知られざるスイスとしてヤバすぎる映像のオンパレードとなる。20年の節目を迎えたスイスの新体制では、大統領マイリは自身が経営するチーズ製造会社を儲けさせるために、自社製品以外のすべてのチーズを禁止するというむちゃくちゃな法律を制定していた。ハイジの恋人であるペーターは闇チーズディーラーであることがバレてしまい、軍司令官のクノールの手により見せしめとしてハイジの目の前で処刑される。悲しみに暮れるハイジは復讐を胸に誓い刀や槍を使い猛特訓を重ね、めきめきと力をつけていく。一方マイリは、チーズが苦手な人間を根絶し、世界征服をしようとチーズフォンデュ攻めなど暴力の限りを尽くしていく。体を真っ二つにたたき切ったり、引き裂いたりとその過激な暴力描写から「ハイジ」なのにR18という年齢制限がかけられており、予告編においても自主規制が施されている。





「うまいチーズと言えば、焼きチーズに限る」と強面アルムおんじが渋く盛り上げ、「俺の下半身がヨーデルを奏でてる」と最低の下ネタで締めくくられる。というむちゃくちゃな展開となっている。

実際の本編は字幕版のみの上映となるが、予告編は字幕版と吹き替え版も楽しむことが出来る。吹き替え版予告編でハイジ役を演じるのは、人気声優内田真礼が起用されている。





そして、予告編と共に解禁されたポスターは、「ハイジ」らしくスイスの美しい山々、たくさんのチーズ、理解できるのはそこまでで、あとは「ハイジ」とは程遠い要素で構成されている。センターには返り血を浴び、甲冑をまとった美少女(え、ハイジ?)、そして少女の左隣には、眼帯をして銃を構えた老人(え、アルムおんじ?)。右センターにはスイスの鮮やかな民族衣装を身にまとった黒人男性(え、ペーター?)。その左下には暗い表情の囚人服を着た女性(え、クララ?え、囚人服?)。そして左下にはモルゲンシュテルン軍司令官クノール(え、誰?)。右上にはスイス大統領のマイリ、というすでに本家本元の「ハイジ」とはなかなかの距離感の完成度となっている。








前売券も4/22(土)より発売開始!
劇場窓口特典はロゴ入りオリジナル缶バッジ!







前売券と前売り特典の情報も解禁された。前売券は上部が半円型のチケットが採用されており、裏面は本作の過激度、血しぶき度、スカッと度、この映画ムリなどを記録することができるようになっている。
当日一般1,900円のところ、1,500円で購入することができる。


劇場窓口購入特典・ロゴ入りオリジナル缶バッジ




劇場窓口で購入すると、『マッド・ハイジ』ロゴ入りオリジナル缶バッジを数量限定でプレゼント予定だ。4月22日(土)より劇場窓口及びメイジャーHPにて販売される。

映画『マッド・ハイジ』は7月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー







監督: ヨハネス・ハートマン、サンドロ・クロプシュタイン 

製作:ヴァレンティン・グルタート エグゼクティブ・プロデューサー:テロ・カウコマー『アイアン・スカイ』

出演:アリス・ルーシー、マックス・ルドリンガー、キャスパー・ヴァン・ディーン、デヴィッド・スコフィールド、アルマル・G・佐藤

2022|スイス|92分|スコープサイズ|5.1chデジタル|MAD HEIDI(英題)|配給:ハーク/S・D・P| R18

HP:hark3.com/madheidi 
マッド・ハイジ公式 Twitter:@madheidi_jp「#18禁ハイジ」
ⓒ SWISSPLOITATION FILMS/MADHEIDI.COM





2023年7月14日(金)ヒューマントラスト渋谷 新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほか全国公開!

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

six + ten =