「全然血を止めることなく、(過激に)やらせていただきました」(坂本浩一監督)『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』(4/14公開)完成披露試写会リポート

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画


撃破せよ! 世紀の一戦 絶海呪術大戦!!
スピルバーグも驚く怒涛の死闘!


忍者 VS 鮫!! 空前のサメ映画ブームに、遂に日本映画が殴り込みを果たす!!『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』が2023年4月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他にて全国ロードショーされる。
監督は「パワーレンジャー」「ウルトラマン」「仮⾯ライダー」等、数多くの特撮ヒーローを世に送り出している坂本浩⼀。主演は「ウルトラマン Z」の平野宏周と「仮⾯ライダーゴースト」の西銘駿。

この度、完成披露上映会が行われ、坂本浩一監督、平野宏周、西銘駿、長野じゅりあ、宮原華音、中村優一が登壇した。







『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』予告編
斬るか、喰われるか!?
巨大にして、邪悪。伝説の魔物を討て!





刻は江戸時代。人里離れた沖津村の浜に村人の惨殺された死体が上がる。邪教集団・紅魔衆の首領・螭鮫士郎は不老不死の力を得る為に呪術を使い、鮫を操る事によって村で採れる真珠を強制的に村人から巻き上げていたのだ。この状況に業を煮やした村長は、助太刀を頼むべく村外れの寺にいる用心棒の潮崎小太郎に会いに行く。報酬とともにその仕事を一旦引き受ける小太郎だが、その行く手を菊魔と名乗る女忍者が遮ってきた。村人の沙代を生贄として鮫士郎に捧げようとする村長に反発する信助と共に、鮫士郎に戦いを挑む小太郎だが、その前に現れたのは、この世の物とは思えない巨大な鮫…。
遂に実現する、忍者対鮫の究極バトル!生き残るのはどっちだ!!
4 月 14 日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!


新規場面写真 ©️2022 REMOW











「全然血を止めることなく、(過激に)やらせていただきました」(坂本浩一監督)
『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』完成披露試写会リポート



左から、長野じゅりあ、宮原華音、平野宏周、西銘駿、中村優一、坂本浩一監督




3/28(火)、『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』の完成披露上映会が行われ、坂本浩一監督、平野宏周、西銘駿、長野じゅりあ、宮原華音、中村優一が登壇。作品の魅力や撮影秘話を披露した。その模様をリポートする。



MC 実際にオファーが来たときの率直な感想は?

平野宏周 坂本監督から(直接)オファーをいただいたので、僕はもう「やります」とだけ。





西銘駿 『忍者vsシャーク』ということで、(自分が演じるのは)忍者側なのか、シャーク側なのか、どっち側なんだろうと思ったら、漁師でした(笑)。





長野じゅりあ 「シャークの映画ってどうやって撮るんだろう」って。私も忍者かなって思ったんですけど、石ぶつけられる、結構かわいそうな役でした。でも坂本監督と一緒にやりたかったので、(オファーは)とても嬉しく、「やります」って言いました。





宮原華音 私も坂本監督からお話いただいたので。あんまり皆さんと関わる訳ではなかったのですが、一番悪い役をやらせていただけたので、すごく楽しかったです。





中村優一 僕は坂本監督の現場で「忍者とサメの映画やるんだけど、どう?」って聞かれて。それも「ポプテピピック」の最終回の現場で(笑)。二つとも個性の強い、すごい作品に出させていただけて、僕は本当にとても嬉しいです。





MC 映画はR15指定。非常に過激な描写もたくさんありました。

坂本浩一監督 監督をやる時って、通常、プロデューサーの方から「これやめてください」とか「こうしないでください」って言われるんですけど。今回のプロデューサーは逆で「もう、どんどんやってください、どんどん血出してください」っていうオファーだったんですよ、初めから(笑)。なので、現場でもそうですし、合成のシーンもそうですけども全然血を止めることなく、(過激に)やらせていただきました。「もっともっともっと血が出た方がいいんです」みたいな感じで、いつもと逆パターンでしたね。





MC このメンバーですからギリギリのアクションが見事だった。

中村 平野君は相当練習したよね。

平野 いや、そんなことはないですよ。でもクランクインする前に、坂本監督にアクションの殺陣とか教えてもらって、練習して、ようやく形になりました。僕的にはちょっと不安だったんですけど、出来上がった映像は、めっちゃかっこよかったですよね。(場内から拍手)。本当にそれが嬉しくて。


©️2022 REMOW




坂本監督 見終わった後、「俺かっこよかったよね」って自画自賛してたよね(笑)

平野 アクションは初めてで、殺陣はあまり自信がなかったので、もう坂本監督様々だなって。こんだけかっこよくなるんだと思って。あと血が…、映画の中に出てるじゃないですか。実は(演じた)小太郎って全然血出していないんすよ。強いから(笑)。それがすごく嬉しくて。ウルトラマンやってた時は逆にやられて変身する、やられる方が多かったんですよ。(今回は)なんか駅から家帰ってくるとき、いつもより胸張って歩いてましたから(笑)。





MC 巨大サメのシーンも、皆さん大変だったんじゃないかと。


新規場面写真 ©️2022 REMOW




西銘 大変でした。なんか想像がつかなかったので。「15mぐらいあるから」って言われて、その目線を合わせて、逃げ回っていて。だから(完成した作品を見て)すごいびっくりしました。こんなにデカかったんだって。





平野 俺も思いました。もうちょっとちっちゃいかなって思いました(笑)。

坂本監督 みんな、特撮(経験者)で“見えない敵”と戦うのは慣れてるんで、その辺はすごいやっぱり安心してできました。

長野 見えない敵と戦うのは、けっこうお助けされて出来たんですけど。(海のシーンは)ちょうど波がすごい高い日だったんです。海に入ってる時、波に飲み込まれながら、みんな一生懸命お芝居して過酷でしたね。


新規場面写真 ©️2022 REMOW




MC 坂本監督、見どころを。

坂本監督 全編クライマックス的な感じで、本当にジェットコースター乗って一気にたたみかけてくるような作品です。みんなキャラクターが濃いので、自分の好きなキャラクターを見つけていただきながら、見るたびに発見もあるかもしれないので、ぜひ何回も見ていただきたいと思います。


新規場面写真 ©️2022 REMOW





【完成披露試写会・概要】

■実施日:3 月 28 日(火)

■会場:池袋シネマ・ロサ

■登壇者:坂本浩一監督、平野宏周、西銘駿、長野じゅりあ、宮原華音、中村優一









新規場面写真集


©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW
©️2022 REMOW











スピルバーグも驚く怒涛の死闘。


ティザーポスター




『妖獣奇譚 ニンジャ VS シャーク』 ninja-vs-shark.com

監督:坂本浩一

出演:平野宏周/西銘 駿/長野じゅりあ/宮原華音/中村優一 他
主題歌「滄溟の誓~Oath of Great Blue~」リオ・アスナブル
製作:REMOW ダブル・フィールド

制作協力:アウトサイド、yell/配給:エクストリーム
2022 年/日本/カラー/77 分/DCP/ビスタサイズ ©️2022 REMOW





2023年4月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ 他 全国ロードショー!








【関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen + 19 =