『RAW~少女のめざめ~』J・デュクルノー監督の二作目にしてカンヌ映画祭最高賞<パルムドール>受賞の圧倒的怪作『TITANE/チタン』4/1(金)公開!監督インタビューから紐解く魅力とは?

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



世界が驚愕、混乱、困惑!
カンヌ史上最も奇天烈にして、最高賞<パルムドール>受賞!
映画史を破壊し、新時代を告げる圧倒的【怪作】遂に解禁!



『RAW~少女のめざめ~』で鮮烈なジュリア・デュクルノー監督の二作目にして第74回カンヌ国際映画祭最高賞<パルムドール>受賞の話題作『TITANE/チタン』が4/1(金)公開される。
今回はデュクルノー監督のオフィシャル・インタビューと共に作品の魅力を紹介する。








2018 年『万引き家族』、2019 年『パラサイト半地下の家族』、2020 年【開催中止】──
そして2021年、すべての価値観が一変した直後の世界で、カンヌ国際映画祭が頂点に選んだのは、突然変異の如く現れた、まさに【怪物】。新時代の申し子と呼ぶべき圧倒的怪作が2022 年、遂に日本でもその全貌を明かす!


© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020




監督は、鮮烈なるデビュー作『RAW~少女のめざめ~』(16)で、カンヌ国際映画祭フィプレシ( 国際映画批評家連盟)賞に輝いたジュリア・デュクルノー。そして本作、長編2 作目にしてカンヌの最高賞を奪取するという偉業を成し遂げた。さらに75ノミネート21受賞(22 / 01 /24 時点)と世界各国の映画祭・映画賞を席捲! 行先不明の映像体験による困惑と驚愕、感動を超えて、新たな時代を生き抜く存在に、あなた自身が生まれ変わる、未知なる108 分の旅。




© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020




警告する、心して見よ。
身を任せて見た先に素晴らしい映画体験が待っていた。


―ポール・トーマス・アンダーソン


完全に独創的。脳がブッ飛んだ

―エドガー・ライト






『TITANE/チタン』2022年4月1日(金)公開、映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)










STORY

© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020




幼い頃、交通事故により頭蓋骨にチタンプレートが埋め込まれたアレクシア。彼女はそれ以来〈車〉に対し異常な執着心を抱き、危険な衝動に駆られるようになる。自らの犯した罪により行き場を失った彼女はある日、消防士のヴィンセントと出会う。10年前に息子が行方不明となり、今は独りで生きる彼に引き取られ、ふたりは奇妙な共同生活を始める。だが、彼女は自らの体にある重大な秘密を抱えていた─


© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020











ジュリア・デュクルノー監督オフィシャル・インタビューから紐解く
『TITANE/チタン』の魅力と制作の舞台裏


© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020



脚本

ジュリア・デュクルノー監督:

 私は、とても複雑なパズルに直面していることに気づいていました。どうみても簡素化する必要がありました。けれど、慎重にならなければ、私が狙っていた実存的な視野を失う危険がありました。それは、実際のところ綱渡りでした。
 『TITANE/チタン』に明確な形を与えるために、私はヴァンサン・ランドンが演じるキャラクターとその幻想、つまり、嘘を通して愛とヒューマニティーを人生にもたらすことができるのだという考えに焦点をあてました。初めは暴力のせいで〈嫌な〉感じに見えるかもしれないけど、そのうち皆のなかにキャラクターたちへの深い愛着が湧いて、最終的にラブ・ストーリーに思える映画にしたかったのです。もっと厳密にいえば、〈愛の誕生〉のストーリーです。なぜなら、すべては選択の問題だから。




キャスティング

ジュリア・デュクルノー監督:

 アレクシアは顔を知られていてはいけないと、すぐに確信しました。アレクシアが〈突然変異〉するとき、人々が目にしたことのある女優の変化を見ていると思ってほしくなかったのです。さっき〈あいまいな輪郭の女らしさ〉についてふれましたよね。私には、それを体現する、無名の人が必要でした。つまり、観客がどんな思い込みももたない人が必要だったのです。物語が展開するとき、観客が作り物だと思わず変化を見られる人が。そこで私は、プロじゃない若い女性たちに迷わず向かいました。私の頭には、特定の中性的な身体つき、カメラの前でさまざまな変化の状態を繰り出せる身体つきがありました。それに、ショットの角度で変化する顔が欲しかったです。私たちに、どんなことも信じさせてくれる顔。だから、キャスティングは、漠然としていましたが緻密でもありました。私に選ばれる人の仕事が大変なものになることはわかっていました。(アレクシアはほぼ無言なので)セリフのリハーサルはたいしたことがないけれど、演技自体が大変なものになることはわかっていました。私は彼女の内面を深く掘りさげ、彼女が行き慣れていない場所に追いこむ必要があったし、時間がかかるのは明らかでした。キャスティングのための集まりで初めてアガト・ルセルを見たとき、彼女は本当に目立っていました。アガトは理想の身体つきと魅力的な顔をしていて、存在感もありました。彼女はスクリーンを支配していて、それこそ私が望んでいたものでした。









特殊効果

ジュリア・デュクルノー監督:

 最大の挑戦は間違いなくアガト・ルセルが付けなければならない特殊メイクでした。彼女は毎日、特殊メイクに長い時間をかけていたので、それは彼女にとって体力を消耗させるものだったし、私たちにとってもストレスの多いものでした。どんなささいな修復も当然時間がかかるので。特殊メイクは私たちの日課の中心でした。おかしいですよね。
 なぜなら、私は特殊メイクを映画『Junior』(11・未)以来使っていて、「もう絶対使わない! 面倒すぎる!」と毎回自分自身に言うのに。ところが、次の映画でまた同じことをやってしまう!(笑)だけど、どういうことかというと、役者にとって、特殊メイクは演技の過程で真の友になるんです。そして、特殊メイクはスクリーン上でとても自然なことなのです。




撮影

ジュリア・デュクルノー監督:

 私は、この映画の変化を喚起するために〈故障〉という言葉をよく使いました。それに、〈脱線〉という言葉も。なぜなら、この物語には機械や金属がたくさん登場するから。(撮影監督の)ルーベン(・インペンス)と私は協力しあって作業しました。撮影リストや照明の図面を一緒につくり、セットではほとんど一心同体でした…… 私たちは、どんな機械がこの映画に必要か把握することから始めました。映画『RAW~少女のめざめ~』(16)では、その点を十分考慮しなかったことで二人ともイライラしたから。そして私たちは、キャラクターたちをその過程で見失うことなく映像を生き生きとしたものにする方法を話しあいました。私は照明について、「冷たい/熱い」の二分に関して煮詰めました。『チタン』は金属と火にこだわっているので、「冷たい/熱い」の関係が絶えず存在しなければならなかったのです。ルーベンと私は、そのコントラストのなかに深く飛びこみたかったのです。私たちは常に、限界と、つまり漫画になる手前の限界と戯れていました。あと一歩進めば、漫画っぽくなってしまうところでした。私たちは、映画の現実味のなかに留まらなければならなかった。そして、キャラクターや行動から生気を奪う極端な様式化の道に迷うことなく、影/光の領域をできる限り遠くまで推し広げようとしました。
 私たちは、映画より絵画を参考にしました。特に、カラバッジョの絵画に夢中でした。私はルーベンに、ウィンスロー・ホーマーの絵画『夏の夜』やルネ・マグリットの『光の帝国』のシリーズを見せて、コントラストに私が求めているイメージを示しました。最初のショックのあとに感情がほとばしるのと同じように、影から生じる光を私は求めていました。それに、たくさんの色彩が欲しかったのです。
 物語の闇を破り、どうしても下劣になる印象を避けるために。たくさんあるヌードの場面では、できる限り性の対象として見ないようにして、毎回皮膚を新しく見えるように照明を駆使しました。私たちの色彩の作業は、皮膚そのものに、新しい質感、意味、感情をもたらすことを可能にしました。










音楽

ジュリア・デュクルノー監督:

 彼(前作に続いて音楽で手を組んだジム・ウィリアムズ)には、パーカッションとベルを使うように頼みました。特にベルを。なぜかって? それは、音楽に絶対、金属音を取り入れてほしかったから。音楽には、美しいメロディーがありながら金属性の響きもほしかった。『RAW~少女のめざめ~』と同様に、キャラクターたちの出来事の軌跡にしたがって変化する、記憶に残って繰り返し登場するテーマが欲しかった。『TITANE/チタン』は動物的なものから衝動的なものになり、神聖なものになります。その進歩を私たちが感じるのを助けるために、音楽もまた、揺れ動き、雑種を生み、変化しなければならない。パーカッションからベル、エレキギター、そして時にはそれらすべてを合わせたものになります。そして声が入り、映画に典礼の側面をもたらします。ジム・ウィリアムズには、神聖なものに向かう勢いを創造するように頼みました。それに彼の音楽は、影のなかで光がはじけるようなものである必要もありました。




(オフィシャル・インタビューより)



監督:ジュリア・デュクルノー Profile
DIRECTED AND WRITTEN: JULIA DUCOURNAU

ラ・フェミス(国立高等映像音響芸術学校)脚本科の卒業。短編映画『Junior』(11・未)がカンヌ国際映画祭の批評家週間に選出されてアンジェで開催されたプレミア部門の観客賞を受賞し、デュクルノーは一躍注目を集めることになった。彼女初の長編映画、『RAW~少女のめざめ~』は2016年のカンヌの批評家週間のコンペティション部門で上映されて衝撃を生み、フィプレシ(国際映画批評家連盟)賞を獲得した。同作品は上映されてさまざまな国際的映画祭(トロント、サンダンス、ジェラールメ、シッチェス)において賞を獲得し、世界中に配給された。デュクルノーは、彼女の2作目の長編映画『TITANE/チタン』で2021年カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを獲得した。









キャスト
ヴィンセント…ヴァンサン・ランドン
アレクシア…アガト・ルセル
ジャスティン…ギャランス・マリリエ
ライアン…ライ・サラメ


スタッフ
監督・脚本…ジュリア・デュクルノー
製作…ジャン・クリストフ・レイモン
製作補…アマリー・オヴィセ フィリップ・ロジー
共同製作…ジャン=イヴ・ルバン カッサンドル・ワルノー
撮影監督…ルーベン・インペンス
音楽…ジム・ウィリアムズ
編集…ジャン=クリストフ・ブージィ
プロダクションデザイン…ローリー・コールソン リス・ピウ
衣装…アン=ソフィー・グレッドヒル
キャスティング…クリステル・バラ

提供:ギャガ ロングライド
配給:ギャガ
© KAZAK PRODUCTIONS – FRAKAS PRODUCTIONS – ARTE FRANCE CINEMA – VOO 2020

原題:TITANE/2021年/フランス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/108分/字幕翻訳:松崎広幸 R15+ 

公式サイト https://gaga.ne.jp/titane/about/




4月1日(金)より新宿バルト9ほか全国公開









【関連作品】




RAW 少女のめざめ [Blu-ray]




RAW 少女のめざめ(字幕版/Amazon Prime Video)



RAW 少女のめざめ(吹替版/Amazon Prime Video)





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × five =