橋本環奈、眞栄田郷敦ら注目キャストが、“赤い人”の脅威に立ち向かう場面写真を一挙公開!ループ型ホラー『カラダ探し』10/14公開!

pick-up オススメ 映画

 

んでもんでも、される  
一度観始めたら止まらない、
この無限ループは、カラダをすべて見つけるまで終わらない――。



『IT/イット』『死霊館』シリーズのワーナー・ブラザースが贈る、超刺激的ループ型ホラー映画『カラダ探し』が10月14日(金)全国公開される。
小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、累計閲覧数1億回を初めて突破。コミックスはシリーズ累計発行部数300万部を突破する、Z世代のバイブル的ホラー「カラダ探し」を待望の実写化!
橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠ら、圧倒的な人気を博す若手キャストが集結。監督は「バイオハザード: インフィニット ダークネス」の羽住英一郎。

来週8月18日(木)の本予告&主題歌の解禁を前に、注目のキャスト陣が“赤い人”の脅威に立ち向かう場面写真を一挙公開する。





《カラダ探し》の6つのルール


Rule.1:それは午前0時から始まる
Rule.2:それは学校で行われる
Rule.3:それの最中に「赤い人」は現れる
Rule.4:それはカラダを全て見つける事
Rule.5:それは見つけるまで終わらない
Rule.6:それで死んだら、永遠に同じ日を繰り返す













来週8月18日(木)本予告&主題歌解禁!
注目のキャストが、赤い人”の脅威に立ち向かう場面写真を一挙公開!



©2022「カラダ探し」製作委員会




7月5日、橋本環奈演じる主人公の女子高生・明日香の生活は、学校にいるはずのない幼い少女から「私のカラダ、探して」と不気味な言葉を言われた日から一変してしまう。
その日深夜0時を迎えた瞬間、気付くと明日香はクラスメイト5人と共に深夜の学校にいた。
そこに突如現れた全身が血で染まった少女‟赤い人”によって、全員は次々と惨殺されてしまう…。
そしてその日から、6人は同じ日を繰り返すことに。
明日を迎える唯一の方法は、バラバラにされたカラダをすべて見つけ出すことだった・・・。


©2022「カラダ探し」製作委員会

©2022「カラダ探し」製作委員会

©2022「カラダ探し」製作委員会

©2022「カラダ探し」製作委員会




今回一挙解禁となった場面写真では、今最も勢いのある注目の若手俳優陣が“赤い人”の脅威に立ち向かう姿が切り取られている。

クラスでは常に一人で過ごしている主人公・森崎明日香(橋本環奈)をはじめ、明日香の幼馴染で男女問わず慕われているクラスの人気者・伊勢高広(眞栄田郷敦)、思ったことはハッキリ言う強気な性格の柊留美子(山本舞香)、中学時代は高広と同じバスケ部のエースだったが、ある出来事がきっかけで不登校になっている清宮篤史(神尾楓珠)、オカルト好きでオタク気質な浦西翔太(醍醐虎汰朗)、明日香のクラスの学級委員長でありスクールカースト最上位の鳴戸理恵(横田真悠)など、性格もバラバラな個性豊かなクラスメイトたちが並んでおり、恐怖に慄く表情の明日香や明日香の口をふさぐ高広、背中を合わせて何かから隠れる2人、怯える様子のカットや、手に松明を握りしめ力強い表情を魅せる高広たちなど、全員で一点を見据えるカットなど、“赤い人”に立ち向かう姿も収められている。

本作のプロデューサーを務めた原祐樹は「橋本環奈さんはトップの女優さんです。ホラーはお芝居が上手じゃないと怖くならないので、キャスティングは全体的に、お芝居のできる役者さんを意識して行いました。とキャスティングについて語っており、小岩井宏悦プロデューサーも「目覚ましく成長した眞栄田さん以外も山本舞香さん、神尾楓珠さん、醍醐虎汰朗さん、横田真悠さん、みなさんキャスティングした時からわずか1、2年で期待以上のポジションにいて嬉しい驚きです」と明かし、人気・実力ともに今まさに大注目ともいえる若手キャストが勢揃いとなった本作のキャラクターに太鼓判を押している。

果たして、“赤い人”の正体とは? “カラダ探し”とは何なのか? なぜ明日香たち6人は選ばれたのか…? そしてこの絶望的な状況下で、彼らに待ち受ける予想もしない特別な“未来”とは――。

来週8月18日(木)には本予告映像と本作に相応しい主題歌の解禁を予定。超刺激的ループ型ホラー『カラダ探し』の続報に注目したい。










【作品概要】

橋本環奈 眞栄田郷敦
山本舞香 神尾楓珠 醍醐虎汰朗 横田真悠
原作:ウェルザード「カラダ探し」(エブリスタ)
監督:羽住英一郎 脚本:土城温美 音楽:菅野祐悟
製作:「カラダ探し」製作委員会 制作プロダクション:ROBOT
製作幹事・配給:ワーナー・ブラザース映画
©2022「カラダ探し」製作委員会 karadasagashi.jp

◇公式サイト:karadasagashi.jp
◇公式 Twitter:@karadasagashi_m #カラダ探し
◇公式 Instagram:@karadasagashi_movie




10月14日(金) 全国公開









【過去の関連記事】






【関連作品】

カラダ探し 上 (ケータイ小説文庫) Kindle版




カラダ探し 下 (ケータイ小説文庫) Kindle版



「バイオハザード: インフィニット ダークネス」






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − thirteen =