『ミッドサマー』フローレンス・ピュー主演、 極限のユートピアスリラー『ドント・ウォーリー・ダーリン』11月公開決定!日本版予告&本ポスター解禁!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



第79回ヴェネツィア国際映画祭
アウト・オブ・コンペティション部門正式出品

 大胆でパワフルなエネルギーに満ち溢れた青春コメディ映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で長編監督デビューを果たし、監督デビュー作にして数々の映画賞を席巻したオリビア・ワイルド。愉快で新鮮なストーリーがハイテンションに描かれる同作は“青春コメディ映画の革命”と批評家からも高い評価を受け、監督としての才能を遺憾なく発揮し、今後ハリウッドを牽引するフィルムメーカーの一人として大きな期待が寄せられている。

そんな、オリビア・ワイルドが主演に『ミッドサマー』のフローレンス・ピューを迎え、待望の長編監督二作目として新たに世に放つ、観るものを惹きつける幻惑のユートピアスリラー『ドント・ウォーリー・ダーリン』(原題:Don’t Worry Darling)が11月11日(金)に日本公開されることが決定し、日本版予告&本ポスターも解禁となった。



解禁された本ポスター




一度きりの青春の一コマを全く新しい視点で切り抜き、エネルギーに満ち溢れた少女二人の友情を描いた前作から打って変わり、本作『ドント・ウォーリー・ダーリン』は完璧な生活が保証された街に住み、平穏な日々を送っていた主人公・アリスの周りで頻繁に起きる“不気味な現象”を描いた本格スリラー。

予想できない展開で観るものを惹きつけ、恐怖と欲望が入り乱れる“ユートピアスリラー”という全く新しい世界観を作り上げ、ハリウッドで映像化の争奪戦が繰り広げられた意欲作だ。

本作の主人公・アリスを演じるのは『ミッドサマー』で衝撃的な映画体験を観るものの心に刻み、その後『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』、『ブラック・ウィドウ』など数々の作品で存在感を見せるフローレンス・ピュー。

そして、アリスの夫・ジャックを演じるのは、イギリスのボーイズグループ〈ワン・ダイレクション〉のメンバーにして、『ダンケルク』で俳優として高い評価を受けたハリー・スタイルズ。
他にもクリス・パインやジェンマ・チャンなど豪華キャストが集結し、この世にも奇妙なユートピアスリラーの世界を彩っている。









〈現実〉か〈悪夢〉か─ 幸せな日常が【混沌の世界】へと変貌していく
極限のユートピアスリラーの世界を描いた日本版本ポスター&予告映像解禁!



解禁となった日本版予告映像では、美しく完璧な生活の中で夫ジャックを仕事へと送り出し、ジャックが家を空けている間、家事に勤しむアリスの姿を映し出す。理想の生活、理想の家、そして理想の夫。幸せな生活を送るアリスだったが次第に幻覚を見るようになり、完璧だと思っていたこの街に疑問を持ち始める。この不気味な現象は、現実なのか、それとも悪夢なのか。徐々にエスカレートとしていく狂気がアリスを惑わせていき、完璧な日常が混沌の世界へと変貌していく恐怖が描かれるなか、「自分はおかしくなんてない」、「もうここには居たくない」と決意を固めるアリスが印象的な仕上がりだ。 そして、合わせて解禁となった日本版ポスターは、ベットに横たわり、幸せを噛みしめるアリスとジャックが描かれているが、そんな二人を見つているかのように、力強い眼差しでこちらを見つめるアリスが描かれている。一度踏み入れたら逃れられない、極限の中で繰り広げられる“ユートピアスリラー”の世界に期待が高まる。

これまで俳優として数々の作品に出演し、監督として新たなスタートを切ったオリビア・ワイルド監督は、本作について「想像力の限界を押し広げる映画へのラブレター」と表現しており、一人の映画人として、映画への愛が溢れる作品となっていることが伝わるコメントを残している。

そんな本作は、8月31日~9月10日まで開催される、第79回ヴェネツィア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に正式出品されることが決まっており、現地時間9月5日にワールドプレミア上映が開催される。
オリビア・ワイルド監督は、ヴェネツィア国際映画祭への出品を目標に掲げていたともコメントしており、彼女の映画愛が夢を実現させる結果となった。

さらに、10月24日~11月2日に開催となる第35回東京国際映画祭ガラ・セレクション部門での上映も決定するなど、今後世界の映画祭を賑わしていく作品となりそうだ。

恐ろしく不気味な違和感に惑わされ、次第にその違和感が快楽へと変貌を遂げていく中毒性。
一度踏み入れたら逃れられない、観るものを惹きつける幻惑のユートピアスリラー『ドント・ウォーリー・ダーリン』に注目していきたい。








《理想の街〈ビクトリー〉》
ようこそ ユートピアへ
この街は、誰もが憧れる、愛する人との幸せで平穏な生活が保証される





【街のルール】

●夫は働き、妻は専業主婦でなければならない
●パーティーには夫婦で参加しなければならない
●夫の仕事内容を聞いてはいけない
●街から勝手に出てはいけない






【STORY】


完璧な生活が保証された街で、アリス(フローレンス・ピュー)は愛する夫ジャック(ハリー・スタイルズ)と平穏な日々を送っていた。
そんなある日、隣人が赤い服の男達に連れ去られるのを目撃する。
それ以降、彼女の周りで頻繁に不気味な出来事が起きるようになる。
次第に精神が乱れ、周囲からもおかしくなったと心配されるアリスだったが、あることをきっかけにこの街に疑問を持ち始めるー。









【作品概要】

■タイトル:『ドント・ウォーリー・ダーリン』

■監督:オリビア・ワイルド (『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』)
■原案:キャリー・バン・ダイク&シェーン・バン・ダイク、ケイティ・シルバーマン ■脚本:ケイティ・シルバーマン

■出演:フローレンス・ピュー(『ミッドサマー』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』『ブラック・ウィドウ』
ハリー・スタイルズ(『ダンケルク』)、オリビア・ワイルド、ジェンマ・チャン、キキ・レイン、ニック・ロール、クリス・パイン

■原題:Don’t Worry Darling ■US公開日:9月23日(金)
■レイティング:PG12 ■配給:ワーナー・ブラザース映画

■公式HP:dontworrydarling.jp ■公式Twitter&Instagram:@warnerjp ■ハッシュタグ:#ドントウォーリーダーリン ■© 2022 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved




11月11日(金)日本公開




Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × two =