≪特殊効果の神≫が生み出した、地底に蠢くクリーチャー!キャラ紹介動画、新場面写真6点解禁!フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』12/2(金)公開!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



『スター・ウォーズ』『ロボコップ』の〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作、
執念と狂気のストップモーションアニメ『マッドゴッド』12/2(金)公開決定!


『スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』などを手掛けてきた〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』が12月2日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開される。制作に30年をかけたフィル・ティペットの魂の一作であり、暗黒の地下世界を描く、まさに地獄の作品だ 。

この度、キャラクター紹介動画と新場面写真 6 点が解禁された。








人生にはフィル・ティペットが必要だ – スティーヴン・スピルバーグ

巨匠であり、師であり、神だ – ギレルモ・デル・トロ

彼以上のマスターはいない – ポール・ヴァーホーヴェン







12/2(金)公開『マッドゴッド』日本版予告編







<フィル・ティペット、主な参加作品>

『スター・ウォーズ』シリーズ
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(84)
『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(86)
『ロボコップ』シリーズ
『ウィロー』(88)
『ジュラシック・パーク』(93)
『ドラゴンハート』(96)
『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズ
『エボリューション』(01)
『スパイダーウィックの謎』(08)
『トワイライト・サーガ』シリーズ












CGに駆逐された<ストップモーション>の巨匠が作り上げた、反撃のアニメーション
地底ディストピアに棲むクリーチャーたちの紹介動画&写真が解禁!





手作りの<ストップモーション>を代名詞とする重鎮ティペットが、CG全盛の今この時代に30年越しで完成させた執念と狂気のストップモーションアニメが『マッドゴッド』だ。

ティペットの潜在意識から溢れ出したのは、かつて誰も見たことのない暗黒世界。
荒廃した地底深くで蠢くクリーチャーたちは、グロテスクだけれどどこかユーモラス。
今回は、そんな地獄めぐり体験で出会えるキャラクターたちを、動画と写真でご紹介する。





アサシン /THE ASSASSIN
ガスマスクと時限爆弾を装備し、地底世界に降りてきた主人公。

アサシン ©2021 Tippett Studio




シー・イット /SHE-IT
剥き出しの大きな歯がチャームポイント。出刃包丁を振り回す。

シー・イット ©2021 Tippett Studio




クリープ /THE CREEP
ドラム缶の中に生息し、獲物に罠を仕掛ける。天敵はシー・イット。

クリープ ©2021 Tippett Studio




シットマン /SHITMEN
大量生産される労働者。列車やローラーに轢かれたり、業火に焼かれたりする。

シットマン ©2021 Tippett Studio





ミートボール /MEATBALL
ある場所から産まれ出た赤ちゃん。

ミートボール ©2021 Tippett Studio





アルケミスト /ALCHEMIST
ペストマスクと黒装束をまとい、浮遊する錬金術師。

アルケミスト ©2021 Tippett Studio





インプ /THE IMP
多種のペットを飼っている、残忍な小人。

インプ ©2021 Tippett Studio












彼がいなければ『スター・ウォーズ』『ジュラシック・パーク』は存在しなかった  
制作期間30年、CG技術の進歩に追い込まれた巨匠が挑んだ  
脅威のストップモーションアニメ


©2021 Tippett Studio




スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手掛け、アカデミー賞を2度受賞、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。「人生にはフィル・ティペットが必要だ ―スティーヴン・スピルバーグ」、「巨匠であり、師であり、神だ ―ギレルモ・デル・トロ」、「彼以上のマスターはいない ―ポール・ヴァーホーヴェン」と、ハリウッドの錚々たる大物監督たちから敬愛を集める、ハリウッドの歴史の一端を担う人物だ。

今から約30年前、ティペットは『ロボコップ2』(90)の撮影後に本作『マッドゴッド』のアイデアを閃き、地道に製作を続けていた。だが、『ジュラシック・パーク』(93)で時代が転換点を迎え、ティペットの代名詞である手作りの視覚効果から、業界が本格的にCG映像へと移行。「俺の仕事は絶滅した」とプロジェクトは中断された――。   それから20年後。ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが倉庫を掃除しているときに奇跡的に当時のセットを発見し、彼らの熱望により企画が再始動。フィルは新世代のアーティストや職人に教え、愛情込めた作品を蘇らせたのだった。さらに、クラウドファンディングで世界中のファンからの応援も集まり、2021年シッチェス映画祭で上映され、「世紀の傑作 - IndieWire」「こんな映画はかつてなかった - Los Angeles Times」「映画美術界へのねじ曲がった賛辞 - Film Threat」「まさしく愛の結晶 – AIPT」と絶賛、狂喜乱舞を呼んだ。CGの進歩に対抗して魂を貫いた巨匠の集大成、ひいては映画史に残る最高傑作が、ついに完成した!









映画史に残る人気クリーチャーやメカを生み出してきた
偉大なる“ゴッドハンド”、フィル・ティペットとは?


©2021 Tippett Studio




フィル・ティペットは、『スター・ウォーズ』シリーズをジョージ・ルーカスとともに作り上げた特殊効果チーム、インダストリアル・ライト&マジック社(ILM)の天才たちの一人である。1977年公開の第一作ではかの有名なモンスターチェスのシーンをストップモーションで担当し、その後同シリーズでは、ナメクジのような姿を持つ銀河で最も強大なギャングのひとり「ジャバ・ザ・ハット」や、氷の惑星でルークやソロを乗せたトカゲ型の生物「トーントーン」、帝国軍の四脚歩行型兵器「AT-ATウォーカー」をといった人気クリーチャーやメカたちを生み出して、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83) ではILMクリーチャー部門主任としてアカデミー賞®︎視覚効果賞(特別業績賞) を受賞した。『スター・ウォーズ』以降のSFブームに乗って才能を発揮していったティペットは、ポール・ヴァーホーヴェン監督とのタッグで『ロボコップ』(87)の愛嬌ある殺戮ロボット「ED-209」、『スターシップ・トゥルーパーズ』(97)の昆虫型生命体バグズといった大作を手掛け、その地位を確かなものにしていく。業界が本格的にCGへと移行するきっかけとなったスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』(93)では、当初担当するはずだった恐竜模型が不採用となってしまい、失意の底に落ちるも、最終的に、動物の動作や振る舞いを熟知していたティペットは50の恐竜のショットのアニメーションを監修することになり、デジタルで生み出したリアリスティックな恐竜たちに見事に息を吹き込むことに成功。再びアカデミー賞で特殊視覚効果賞を受賞した。









【STORY】

©2021 Tippett Studio




人類最後の男に派遣され、地下深くの荒廃した暗黒世界に降りて行った孤高のアサシンは、無残な化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりを目撃する。









監督:フィル・ティペット

出演:アレックス・コックス

2021年/アメリカ/84分/1.78:1/カラー/5.1ch/原題:MAD GOD/日本語字幕:高橋彩/PG12

©2021 Tippett Studio

提供:キングレコード、ロングライド 配給:ロングライド

公式サイト:https://longride.jp/mad-god/





12/2(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開




Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − eight =