【お宝】20年以上描き溜めた〈特殊効果の神直筆〉の 絵コンテ・コンセプトアート7点解禁! 豪華グッズも発売決定!フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』12/2(金)公開!

pick-up オススメ 映画



制作期間 30 年!「天国よりも地獄に惹かれる」
“神”の潜在意識から溢れ出した誰も見たことのない地獄の向こう側!

〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』12/2(金)公開!


『スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』などを手掛けてきた〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』が12月2日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開される。制作に30年をかけたフィル・ティペットの魂の一作であり、暗黒の地下世界を描く、まさに地獄の作品だ 。

この度、フィル・ティペットが20 年以上描き溜めた〈神直筆〉の 絵コンテ・コンセプトアート7点が解禁された。また、オフィシャルの豪華グッズの発売も発表された。








人生にはフィル・ティペットが必要だ – スティーヴン・スピルバーグ

巨匠であり、師であり、神だ – ギレルモ・デル・トロ

彼以上のマスターはいない – ポール・ヴァーホーヴェン







12/2(金)公開『マッドゴッド』日本版予告編







<フィル・ティペット、主な参加作品>

『スター・ウォーズ』シリーズ
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(84)
『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(86)
『ロボコップ』シリーズ
『ウィロー』(88)
『ジュラシック・パーク』(93)
『ドラゴンハート』(96)
『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズ
『エボリューション』(01)
『スパイダーウィックの謎』(08)
『トワイライト・サーガ』シリーズ











フィル・ティペットが約20年にわたり書き溜めたという
絵コンテとコンセプトアート、7点解禁!


コンセプトアート① ©2021 Tippett Studio


『ジュラシック・パーク』(93)で急激なCGの進歩が映画の制作現場を変えてから、この壮大な手作りのストップモーション・アニメ『マッドゴッド』のプロジェクトを中断させていたティペット。しかし、その間も本作のことが頭から離れず、美術や科学にインスパイアを受け、それらを“消化”するように世界観を膨らませながら、ノートに脚本や絵コンテを書き溜めていたという。結果的に、これらは若きティペット・スタジオのスタッフたちとの共同作業において、イメージを共有するための重要なツールとなった。


コンセプトアート➁ ©2021 Tippett Studio


コンセプトアート③ ©2021 Tippett Studio




また、解禁された絵コンテでは、ガスマスクをつけた主人公のアサシンや、剥き出しの歯がユーモラスなクリーチャー「シー・イット」の姿、鋭利な脚と毛むくじゃらの胴体を持った謎の生物のスケッチなどが確認できる。


絵コンテ①(ストーリーボード) ©2021 Tippett Studio


絵コンテ➁(ストーリーボード) ©2021 Tippett Studio


絵コンテ③(ストーリーボード) ©2021 Tippett Studio


絵コンテ④(ストーリーボード) ©2021 Tippett Studio












さらに、映画オフィシャルと、2つのタイアップ企業から、
それぞれカラーの違うバラエティ豊かなグッズの発売が決定!





オフィシャルグッズのデザインを手掛けたのは、本作のアートワークを担当した人気グラフィックデザイナーの大島依提亜氏。
傷だらけの赤いロゴがインパクト大のTシャツ、トレーナー、トートバッグや、ティペットの手描き絵コンテをあしらったTシャツなど、マッドゴッド の世界観をそのまま日常に取り入れられるアイテムが揃った。

キーホルダーはどの絵柄が出るかお楽しみのアイテムで、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷等で、300個限定発売。詳細は公式サイトで確認してほしい。

また、配給会社のWEB通販「ロングライド ストア」限定デザインの「クリーチャーTシャツ」も発売される。

パンフレットは、金属のような重厚な質感の表紙に、本作の造形を細部まで堪能できる場面写真やメイキング、監督の創作ノートも収録。さらに、監督インタビュー、町山智浩氏(映画評論家)、樋口泰人氏(映画評論家)によるコラム、小林真里氏(映画評論家/映画監督)によるフィルモグラフィ、『JUNK HEAD』堀貴秀監督とティペット監督の対談なども掲載され、読み応えたっぷりの内容となっている。








「テロファクトリー」 から主人公アサシンをあしらったTシャツが
「アシタノホラー」からはクリスマス・オーナメント、アクリル・キーホルダーなどが発売!



ホラー、アクション、カルト、バイオレンスといったジャンルの映画グッズを専門に扱う「テロファクトリー」 からは、ガスマスクをつけて暗黒の地底世界を行く主人公アサシンをあしらった、ハードなデザインのTシャツが発売となる。


「テロファクトリー」Tシャツ




一方、ホラーの魅力とアートやポップカルチャーをつなぐ企画を展開する「アシタノホラー」からは、カラフルでポップなグッズが登場。
グロ可愛いユニークなキャラクターたちをあしらったクリスマス・オーナメントや、アクリル・キーホルダー。地底世界へ降りていく本作の舞台設定を表現したロングポスターカレンダーが発売。


「アシタノホラー」グッズ




さらに、人気クリエイターたちが参加したグッズも!
イラストレーター前野めりの作品をプリントしたTシャツ。京都の「カレー工房ギャー」が手掛けた「マッドゴッド ソース」(グロテスクな見た目と裏腹に味は絶品)。また、Ato1Snow(アトワンスノウ)が制作したオフィシャルアートのスノードームは、全て手作業の1点もの(限定3つ発売)だ。


Ato1Snow(アトワンスノウ)制作のオフィシャルアートのスノードーム











アシタノホラー、参加作家たちから寄せられたコメントは以下の通り。 *順不同、敬称略


©2021 Tippett Studio




・Apsu Shusei(アシタノホラー 名誉顧問)
「創造主フィル・ティペットの摂理によって生み出されたモンスター達は意思ある獣のようで、そこには豊かな生命力があり、今も我々の知らない場所で生きているのかもしれない。きっと、これは地獄の愛の物語。」


・前野めり
「有機的な曲線と人工物の直線、光と影、ダークでありスイート。それらの対比がどのシーンにあり釘付けになりました。私はこんな美しい夢を毎日見たい!その中でも好きなシーンやモチーフを楽しく描かせていただきました。」

・Ato1Snow
「映画を観たショックを何度でもフラッシュバックしてしまうようなスノードームを作りたいと思った。破壊、自滅、汚染、死…地獄の様な世界を生み出して、愚かな人間を嗤う神はいるのだろうか…。」

・カレー工房ギャー
「緻密に計算され尽くした映像の一瞬一瞬が、執拗な迄に観客の脳裏へと、温かい泥濘と心地良い綿毛に似た狂気を刷り込んでくる。観終わった後、貴方は正気で居られますか?俺は30年寝込んだ。」
(ソースについて「好きなキノコと好きなスパイスと好きな油と好きな酢を執念深い愛情と共に低温でじっくり煮込んで仕上げたスパイスオイルです。幅のある旨味に脳が一瞬バグると思います。自分の好きな食べ方見つけてみてね。」)


オフィシャルグッズ、アシタノホラー、テロファクトリーのグッズは、上映劇場や各オンラインショップにて、12/2(金)より発売。

▼ロングライド ストア(オフィシャルグッズ取り扱い)
https://longride-movie.stores.jp/

▼テロファクトリー
https://www.terrorfactory.net/

▼アシタノホラー
https://astnhorror.official.ec/












映画史に残る人気クリーチャーやメカを生み出してきた
偉大なる“ゴッドハンド”、フィル・ティペットとは?


©2021 Tippett Studio




フィル・ティペットは、『スター・ウォーズ』シリーズをジョージ・ルーカスとともに作り上げた特殊効果チーム、インダストリアル・ライト&マジック社(ILM)の天才たちの一人である。

1977年公開の第一作ではかの有名なモンスターチェスのシーンをストップモーションで担当し、その後同シリーズでは、ナメクジのような姿を持つ銀河で最も強大なギャングのひとり「ジャバ・ザ・ハット」や、氷の惑星でルークやソロを乗せたトカゲ型の生物「トーントーン」、帝国軍の四脚歩行型兵器「AT-ATウォーカー」をといった人気クリーチャーやメカたちを生み出して、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(83) ではILMクリーチャー部門主任としてアカデミー賞®︎視覚効果賞(特別業績賞) を受賞した。

『スター・ウォーズ』以降のSFブームに乗って才能を発揮していったティペットは、ポール・ヴァーホーヴェン監督とのタッグで『ロボコップ』(87)の愛嬌ある殺戮ロボット「ED-209」、『スターシップ・トゥルーパーズ』(97)の昆虫型生命体バグズといった大作を手掛け、その地位を確かなものにしていく。

業界が本格的にCGへと移行するきっかけとなったスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』(93)では、当初担当するはずだった恐竜模型が不採用となってしまい、失意の底に落ちるも、最終的に、動物の動作や振る舞いを熟知していたティペットは50の恐竜のショットのアニメーションを監修することになり、デジタルで生み出したリアリスティックな恐竜たちに見事に息を吹き込むことに成功。再びアカデミー賞で特殊視覚効果賞を受賞した。









【STORY】

©2021 Tippett Studio




人類最後の男に派遣され、地下深くの荒廃した暗黒世界に降りて行った孤高のアサシンは、無残な化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりを目撃する。









監督:フィル・ティペット

出演:アレックス・コックス

2021年/アメリカ/84分/1.78:1/カラー/5.1ch/原題:MAD GOD/日本語字幕:高橋彩/PG12

©2021 Tippett Studio

提供:キングレコード、ロングライド 配給:ロングライド

公式サイト:https://longride.jp/mad-god/





12/2(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開









【関連記事】





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − seven =