「バイオハザード」新たな CG 長編映画が誕生!『バイオハザード:デスアイランド』2023 年夏公開!

pick-up オススメ 映画


全世界シリーズ累計 1 億 3,000 万本を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔
「バイオハザード」新たな CG 長編映画が誕生!



角川ANIMATION配給にて、2023年夏に『バイオハザード:デスアイランド』の公開が決定した。
本作は、全世界でシリーズ累計出荷本数が1億3,000万本を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」の新たなCG長編映画となる。
この度、ティザービジュアルと特報、スタッフ情報が解禁された。





©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.




ティザービジュアルではレオン・S・ケネディ(左)とクリス・レッドフィールド(右)が、張り詰めた表情で調査に向かう一幕が描かれており、迫りくる波の中央に浮かぶ監獄島・アルカトラズが、これから始まる物語の恐怖を予感させる。


©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS











『バイオハザード:デスアイランド』特報





特報では、感染経路不明のゾンビが人を襲うシーンからはじまり、任務にあたるレオンの姿や、調査のためにかつて刑務所として使用されていた監獄島・アルカトラズへ向かうクリスの様子が描かれ、海中の檻から大量に放たれるリッカーや、巨大な牙をもつ海洋生物の姿など、絶望を予感させる映像となっている。
事件の手がかりを求め、監獄島・アルカトラズに向かうレオンとクリスの運命はいかに…続報に期待したい。



©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS







『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の制作スタッフが
再び集結、監獄島を舞台に新たな物語が始まる!!


©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS




制作は羽住英一郎監督をはじめ、Netflixにて再生回数ランキングの首位を獲得した『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の制作スタッフが再集結。
また脚本には数々のヒット作や2017年公開の『バイオハザード:ヴェンデッタ』を手掛ける深見真を迎え、劇場スクリーンに相応しいCG長編映画を鋭意制作中だ。
作品の解禁にあたり羽住監督、深見氏よりコメントが到着致した。


©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS




スタッフコメント




羽住英一郎[監督]
『バイオハザード:インフィニット ダークネス』に引き続き、またバイオハザードの世界に没入出来て、とても刺激的な制作期間でした。
スタッフもほぼ同じメンバーでしたので、今回は特に長年バイオハザードのゲームに親しんできたユーザーに楽しんで貰える作品を目指しつつ、スクリーンサイズへのスケールアップにスタッフ一丸となって挑戦しました。




深見真[脚本]
『バイオハザード:ヴェンデッタ』に引き続き、バイオハザード映画の新作で脚本をやらせていただきました。
自分自身、原作ゲームの大ファンなので、再び「B.O.W.がいる世界」に戻ることができて感無量です。
ちょうど「バイオハザード RE:3」が発売直後の時期に(めちゃくちゃプレイしつつ)脚本執筆に入りました。バイオハザードをプレイしてエネルギーをためてバイオハザードの仕事をする永久機関の完成です。
ゲームするのも仕事のうちです。素晴らしいスタッフによる映像を僕も楽しみにしております。










【前売り券情報】

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.




また、先着特典としてA4サイズのクリアファイルがついたムビチケカードが、2月10日(金)より上映劇場窓口ほかメイジャー通販にて発売。上映劇場は公式サイトにて後日発表される。

A4クリアファイルつきムビチケカードが2月10日(金)より上映劇場にて発売開始

特典:A4クリアファイル
価格(税込み):一般1,500円 
※ムビチケカード1枚ご購入につき、特典を1枚プレゼント
※特典は数に限りがございます。無くなり次第、終了致しますので、予めご了承下さい
※一部劇場は除きます








【イントロダクション】


©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS




全世界でシリーズ累計出荷本数が1億3,000万本を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」。

2021年にシリーズ初の連続CGドラマ化され、動画配信サービスNetflixにて再生回数ランキングの首位を獲得した『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の制作スタッフが再び集結、ここに新たなCG長編映画の名作が誕生する。

本作の舞台はかつて刑務所として使用されていた監獄島・アルカトラズ。交わるはずのない2つの事件の手がかりをもとめ、クリスたちは島へと向かう。この島が彼らにとって【デスアイランド(死の島)】になることを知らずに―。








【あらすじ】

©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS




アメリカ大統領直属のエージェントのレオンは、機密情報を握るアントニオ・テイラーを拉致した武装集団の車両を追っていた。だが突如現れた謎の女の妨害に遭い、犯人たちを取り逃がしてしまう。
一方、対バイオテロ組織「B.S.A.A.」のクリスは、サンフランシスコを中心に起きている、感染経路不明のゾンビ発生事件を担当していた。
調査の結果、ウィルスの被害者全員がある場所を訪れていたことを突き止める。
そこは、かつて刑務所として使用されていた監獄島・アルカトラズだ。
島へ調査に向かう為、クリス一行はフェリーへと乗り込む。










【キャラクター紹介】


©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS




レオン・S・ケネディ Leon S. Kennedy

ラクーンシティ警察署の元新米警官で、市内で発生したバイオハザードに巻き込まれ、果敢に生存者の救出に全力を尽くした。後に政府の諜報員にスカウトされ、合衆国大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属し、日々極秘任務に就いている。サバイバル能力に長け、高い身体能力と判断力を併せ持つ。誘拐されたグラハム大統領の娘、アシュリー救出作戦を成功させ、大統領から絶大な信頼を得る。




クリス・レッドフィールド Chris Redfield

対バイオテロ部隊であるB.S.A.A.(Bioterrorism Security Assessment Alliance)の創設メンバーの1人。優れた観察力と洞察力、卓越した戦闘能力やサバイバル技能を備えたエースとして活躍する。B.S.A.A.の生ける伝説。部下からも慕われ、非常に仲間思いの性格でもある。元ラクーン市警の特殊部隊S.T.A.R.S.所属であり、「洋館事件」を生き延びた過去を持つ。









作品情報

【タイトル】 バイオハザード:デスアイランド
【公開日】 2023 年夏
©2023 CAPCOM / DEATH ISLAND FILM PARTNERS

【監督】 羽住英一郎
【脚本】 深見 真
【CG 制作】 Quebico
【プロデュース】 トムス・エンタテインメント
【配給】 角川 ANIMATION
【製作】 DEATH ISLAND FILM PARTNERS
【原作】 株式会社カプコン
【Web】公式サイト https://biohazard-deathisland.com/
Twitter https://twitter.com/bio_deathisland
推奨ハッシュタグ #d_island






バイオハザード:デスアイランド
2023 年夏






【過去の記事】



【関連作品】

【PS5】BIOHAZARD VILLAGE Z Version



【PS4】BIOHAZARD VILLAGE Z Version



バイオハザード:ヴェンデッタ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]



バイオハザード:ヴェンデッタ プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]



バイオハザード:ヴェンデッタ(吹替版)Amazon prime video



バイオハザード:ヴェンデッタ(字幕版) Amazon prime video



バイオハザード ブルーレイ アルティメット・コンプリート・ボックス [Blu-ray]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 + five =