100%PC画面上で展開する映画『search/サーチ』シリーズ第2弾『search/#サーチ2』4/14(金)公開!最新予告編が解禁!全画面伏線アリ!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



全編デジタルプラットフォーム上で展開する
<第一級のサスペンス・スリラー>



物語がすべてPCの画面上で展開していくという革新的なアイデアと巧みなストーリーテリングで世界でも日本でも大ヒットを記録した映画『search/サーチ』。そのシリーズ第2弾となる『search/#サーチ2』(読み:サーチ ツー)が、4月14日(金)に全国の映画館で公開される。
このたび、最新予告映像が解禁された。






過保護な母が恋人とコロンビアに旅行に行くことになり、
ここぞとばかり友人たちとパーティーを開いてハメを外す
デジタルネイティブ世代のイマドキ高校生・ジューン(ストーム・リード)。

開放的な数日を過ごした彼女は、約束した日時に帰国する母を
ロサンゼルス空港まで迎えに行くが、いつまで待ってもそこに母は現れなかった――。









全く知らなかった<母の姿>が次々と明らかに!
【最新予告映像解禁】
全画面伏線アリ!一瞬たりとも見逃せない





突然行方不明になった母。「私がママを見つける!」と、国境を越え、FBIも巻き込みながら、自身でもあらゆるデバイスやSNSを駆使、アプリで知り合った現地コロンビアの<便利屋>とともに、消息を絶った母を必死に捜索するジューン。FBIがなかなか解決の糸口を見つけられない中、この不可解な出来事はメディアやSNSで話題にされ、大きなトレンドとなっていく。





諦めないジューンは、あらゆる手を尽くしてネットの中で捜索し続け、母のデバイスにログインすることに成功!デジタルに記録された行動履歴を辿ることで解決の糸口が見つかると喜んだのも束の間、それまで全く知らなかった<本当の母の姿>が次々を明らかになっていく――。





母の偽名?恋人の過去?いったい何が真実で、何が嘘なのか?
全画面デジタルプラットフォーム上で展開、一瞬たりとも見逃せない
“全画面伏線アリ”の最新予告映像となっている。









“#ソニピク謎試写”で<字幕版>も大絶賛!
さらに、<日本語吹替版>では・・・!?



先日、タイトルや公開日など事前情報一切ナシで開催された“#ソニピク謎試写”にて本編が日本で初お披露目された本作。その際の上映は<字幕版>で、「マジで新しい映画体験」「前作を超える衝撃!」「凄まじい『検索スリラー』」「鑑賞者自身が主人公かのようにスクリーンに広がるネット捜査網」「伏線の張り方がすさまじい!」と、たちまちSNSを賑わせ、早くも絶賛の声が上がっているが、前作に続き、全編デジタルプラットフォーム上で展開する本作も、今回は全画面に伏線が張り巡らされ一瞬たりとも見逃せない展開。

本作では、登場人物が言葉で話す内容を表す「台詞字幕」のほかにも、PCやデバイス画面上の情報やテキスト会話などの内容を示す「見せ字幕」も存在しており、例えば、スマホ画面でのチャットのテキストやデスクトップに貼り付けられたメモ画面、検索サイトでの検索内容がその例だ。
その数は、「台詞字幕」約970枚、「見せ字幕」約560枚にのぼる。
(※注釈:前作『search/サーチ』では、「台詞字幕」約800枚、「見せ字幕」約410枚だったので、本作『search/#サーチ2』は字幕の情報量としても前作よりさらに多い。ソニー・ピクチャーズ配給のこれまでの他作品でも、地名や年月日、看板の名前やTV画面のテロップ表示など様々な「見せ字幕」が存在してきたが、その数は通常でも20~30枚程度というから、『search/#サーチ2』での「見せ字幕」がいかに多いかがわかる)

今回の<日本語吹替版>では、「台詞字幕」の約970枚分が声優による登場人物の台詞(音)として聴こえてくるため、全画面伏線アリ、かつ、スピーディーに画面展開していく本作に“超没入”できるはず!
<字幕版>も<日本語吹替版>も両方楽しむことができる!
(※注釈:字幕は1画面分表示されるのをそれぞれ「枚」で数える。 
※「台詞字幕」と「見せ字幕」が同じ画面に存在するものはそれぞれ1枚ずつ) 













STORY



母が行方不明。
全世界80億人の行動がデジタル上に記録される今。
すぐに見つかるはずだった――。

ロサンゼルスから遠く離れた南米・コロンビアに旅行中に突然、行方不明になった母。母を探すデジタルネイティブ世代の高校生の娘ジューン。検索サイト、代行サービス、SNS・・・使い慣れたサイトやアプリを駆使し、母の捜索を試みる。スマホの位置情報、監視カメラ、銀行の出入金記録など、人々のあらゆる行動・生活がデジタル上で記録される時代に、母は簡単に見つかるはずだった――。事故なのか事件なのか?何かがおかしい・・・。不可解な出来事はSNSで瞬く間に拡散されて憶測を呼び、国境を越えて大きなトレンドになっていく。BUZZに翻弄される中、真相に迫ろうともがくジューン。そこは“秘密”と“嘘”にまみれた深い深い闇への入り口だった・・・。



 






解説




全画面伏線アリ。

2018年、世界中の観客に「全く新しい映画体験」をもたらした映画『search/サーチ』(原題:Searching)。監督・脚本を手掛けたアニーシュ・チャガンティは高い評価を受け、第2弾となる本作では原案・製作を務め「コンセプトは進化し、興奮度も上がっている。前作よりも新鮮でスピード感にあふれている」と、自信をもってシリーズ最新作を送り出した。さらに進化したデジタル社会となっている“今”という時代に合わせて“アップデート”され、全編デジタルデバイス上で展開することはもちろんのこと、世界中のデジタルリソースと繋がり物語がスピーディーに進み、そのスリルはますますスケールアップしている!

監督・脚本を務めるのは、前作『search/サーチ』で編集を務め、巧みな映像手法を知り尽くしたクリエイター、ウィル・メリック&ニック・ジョンソン。全画面に張り巡らされた伏線は、一瞬たりとも見逃せない!!!










【作品概要】

・タイトル:『search/#サーチ2』 
※<読み>サーチ ツー <表記>「search」半角英字、「/」全角スラッシュ、「#」半角シャープ、「サーチ」全角カナ、「2」半角数字、「サーチ」と「2」の間はスペースなし  

・原題: MISSING ・日本公開表記:4月14日(金)全国の映画館で公開

・監督・脚本:ウィル・メリック&ニック・ジョンソン(前作『search/サーチ』編集) 

・原案:セヴ・オハニアン(前作『search/サーチ』脚本・製作)&アニーシュ・チャガンティ(前作『search/サーチ』監督・脚本)  

・製作:ナタリー・カサビアン、セヴ・オハニアン、アニーシュ・チャガンティ

・出演:ストーム・リード(ジューン役)、ニア・ロング(グレイス役)、ヨアキム・デ・アルメイダ(ハビ役)、ケン・レオン(ケヴィン役)、ダニエル・へニー(パーク捜査官役)

■オフィシャルサイト&SNS 

・オフィシャルサイト:https://www.search-movie.jp (※新しいURLです。以前のものもイキです)       

・作品公式Twitter:https://twitter.com/SearchMovieJP 

・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga         ・ハッシュタグ:#サーチ2(※2は半角)  #ソニピク謎試写





4月14日(金)全国の映画館で公開





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen + 3 =