【今週のオススメ/レビュー】『ミンナのウタ』(8/11公開) “『呪怨』の清水崇が帰ってきた。”

pick-up オススメ レビュー 映画




きっと、あなたも口ずさむ
清水崇監督最新作 GENERATIONS主演



『忌怪島/きかいじま』も公開中の、Jホラーの巨匠・清水崇監督の最新ホラー映画『ミンナのウタ』が8月11日(金)より全国公開される。
今回は、一足先に本作を試写会で鑑賞した編集長のレビューを紹介する。








【今週のオススメ/レビュー】

『ミンナのウタ』(試写鑑賞/8月11日公開)



『呪怨』の清水崇が帰ってきた。
容赦のない恐ろしさと、異常な緊迫感が全編を覆う傑作。
結果としての原点回帰、GENERATIONSのメンバーを効果的に見せ場に配した脚本、
なにより伽椰子、俊雄君を超える、おぞましき存在が素晴らしい。
令和の時代、こんなJホラーを見たかった。



 

                   (「cowai」編集長・福谷修)



©2023「ミンナのウタ」製作委員会





近年の日本製ホラーの傾向として自主規制があり、どうしても怖さをマイルドにする作品が目立つことは一ホラーファンとして残念に思っていた。しかし興業的には仕方ない所があるし、実際、マイルドな作りで幅広い層にアピールしてヒットしている作品もある。

しかし、「怖さ」という意味では、昨今の海外ホラー映画と比較すれば物足りなさを覚えるはずだ。
ジェームズ・ワンを筆頭としたハリウッド勢はもちろん、台湾、韓国、インドネシアなどの注目作が目白押しのアジアン・ホラーも、かつてのJホラーからインスパイアされた良質の傑作を量産し続けている。

そんな状況を苦々しく指をくわえて眺めるしかない状況の中、本家本元の清水崇がやってくれた。

人気ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS」のメンバーが本人役で主演するという、ホラーファンからすれば一見“嫌な予感”がよぎるかもしれないが、今回は本人役という設定が、ドラマの無駄な要素を排除することに成功し、より恐怖に的を絞ったストレートな展開が実現。結果として、20年前の『呪怨』オリジナルビデオ版を彷彿させる、切れ味鋭い清水崇のホラー演出と構成の妙が堪能できる傑作に仕上がった。

もちろん原点回帰といっても、単なる『呪怨』の焼き直しではなく、ハリウッドや「村」シリーズなどのエンタテインメント・ホラーを経て、今の時代に、本気で恐怖を感じさせる、清水監督ならではの、独自のホラー表現にこだわっている点も素晴らしい。

これぞJホラーというべき湿り気のある重い雰囲気と、味わい深いセット美術、そして加耶子と俊雄を超える恐怖の存在(筆者も思わず声を上げてしまった)など、かつてJホラーに震え上がった人こそ、ガチで怖楽しめる要素が満載。

ぜひとも大きなスクリーンと、優れた音響設備の映画館で、本作を堪能してほしい。















【ストーリー】

©2023「ミンナのウタ」製作委員会




人気ラジオ番組のパーソナリティを務める、GENERATIONSの小森隼。収録前にラジオ局の倉庫で30年前に届いたまま、放置されていた「ミンナノウタ」と書かれた一本のカセットテープを発見する。その後、収録中に不穏なノイズと共に「カセットテープ、届き…ま…した…?」 という声を耳にした彼は、数日後にライブを控える中、突然姿を消してしまう。

マネージャーの凛は、事態を早急且つ秘密裏に解決するため、元刑事の探偵・権田に捜査を依頼。メンバー全員に聞き取り調査を進めるが、失踪した小森がラジオ収録の際に聞いた「女性の鼻歌のような、妙なメロディーが頭から離れない」と言っていたことが判る。そして、リハーサル中に他のメンバーたちも “少女の霊”を見たと証言。ライブ本番までのタイムリミットが迫る中、リーダーの白濱亜嵐、凛、権田は捜索に乗り出す。やがて、少女の霊の正体は、“さな”という女子中学生だということが判明するが、彼女が奏でる“呪いのメロディー”による恐怖の連鎖が始まり・・・。

一体、彼らに何が起こっているのか? この先に待ち受ける、想像を絶する結末とはーーー!?











【作品概要】

出演 : GENERATIONS 白濱亜嵐 片寄涼太 小森隼 佐野玲於 関口メンディー 中務裕太 数原龍友

早見あかり / 穂紫朋子 天野はな 山川真里果

マキタスポーツ

主題歌 : 「ミンナノウタ」GENERATIONS(rhythm zone / LDH JAPAN)

監督 : 清水崇 / 脚本:角田ルミ 清水崇 / 音楽:小林うてな 南方裕里衣

製作 : 「ミンナのウタ」製作委員会 / 製作幹事 : 松竹 テレビ東京 / 企画・配給 : 松竹

制作プロダクション : ブースタープロジェクト ”PEEK A BOO films”

©2023「ミンナのウタ」製作委員会 上映時間:102分 映倫区分:G

公式サイト : https://movies.shochiku.co.jp/minnanouta/

公式Twitter : https://twitter.com/minnanouta_MG

公式Instagram : https://www.instagram.com/sana_minnanouta/

公式TikTok : https://www.tiktok.com/@sana_minnanouta/





8月11日(金) ROADƧHOW



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nine + nine =