【カリコレ2023で話題沸騰】フランス史上初のサメ映画『シャーク・ド・フランス』が 8/11(金・祝)に公開決定!日本版ポスタービジュアル&予告編解禁

pick-up オススメ 映画




鮮やかで、奇妙で、スタイリッシュ
おフランス史上初のサメ映画が到着!



フランス史上初のサメ映画『シャーク・ド・フランス』が8月11日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次公開されることが決定した。この度、日本版ポスタービジュアル、予告編、場面写真10点が解禁された。






今年の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2023」のシークレット作品として上映され大きな反響を呼んだ『Year of the Shark(英題)』が、邦題を『シャーク・ド・フランス』とし、8月11日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次公開することが決定した。

「カリコレ2023」の上映作品として発表されると、≪フランス初≫という前例がないため、SNSで瞬く間に話題沸騰。「サメが凱旋門を破壊するのではないか!?」「主演が『ヴィーガンズ・ハム』のマリナ・フォイスって、絶対面白いだろうな」という声や、場面写真を見た人からは、「ウェス・アンダーソンっぽい!」という声もあがり、日本のサメ映画界隈では期待が多く寄せられた。


© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022




すっかり夏の風物詩としてエンタメ界に定着してきた“サメ映画”。SF、パニック、モンスター、大作からパロディなど、なんでもアリ状態で様々な作品が作られている。そんな中、本作は、サメ映画の金字塔『ジョーズ』(75/スティーブン・スピルバーグ監督)にオマージュを捧げるちょっとユニークなサメ映画。手がけたのは、フランス人の双子監督ルドヴィック&ゾラン・ブケルマ。前作の『テディ』(20)が、第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出され、日本では第12回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルで初披露されたことで注目された。彼らは、「もう一度原点(の『ジョーズ』)に立ち返ろう」と脚本を書き上げ、早期退職を間近に控えた海上警察官を主人公にしながらも、現代的な風刺を効かせた、他のサメ映画とは一線を画す、オフビートでスタイリッシュなコメディ映画として作り上げている。


© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022




主人公マジャを演じるのは、『私は確信する』(18)、『ヴィーガンズ・ハム』(21)、『私はモーリーン・カーニー 正義を殺すのは誰?』(22)、さらに第53回東京国際映画祭でグランプリを受賞した『ザ・ビースト(英題)』(22)などの話題作への出演が続く今注目のフランス人俳優マリナ・フォイス。もともとは劇団でコメディエンヌとして活躍していた彼女の本領が本作で発揮され、異常なまでにサメ退治にのめり込む海上警察官を演じる。


© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022









『シャーク・ド・フランス』予告編



解禁された予告編は、引退を間近に控えた海上警察官の主人公マジャが、観光地で賑わう海にサメが現れたことで、ビーチを封鎖しようと上司に提案するシーンから始まる。しかし、「寝ぼけたことを言うな あり得ない」「引退が近いから幻を見たのだろう」「『ジョーズ』の見すぎだ」と、周りの人たちから言われ、誰も彼女の言うことは信じない。観光客で賑わうビーチに、サメの影は刻一刻と近づいてくる。そして、恐れていた事件が発生してしまう。責任感の強いマジャは、最初で最後のサメ退治を決意する。果たして村の平和は守られるのか?その行方をぜひ劇場で確かめて欲しい。





また、日本版ポスター(画像左上)は、青と黄色を貴重とした本国版からデザインを一新。フランス国旗をイメージするトリコロールカラーが用いられており、記念すべきフランス“初”のサメ映画であることが表現されている。一見、ポップで明るい印象を持つが、青は海として表され、赤の部分には、サメ映画にはお馴染みの“血”が滴っており、スタイリッシュなデザインながらも、どこか不穏な気配が漂うビジュアルとなっている。また、本作に登場する個性豊かなさまざまなキャラクターたちが点在しており、彼らが織り成すオフビートな展開に注目だ。

記念すべき、フランス“サメ映画”元年の始まりを告げる注目作『シャーク・ド・フランス』は、8月11日(金・祝)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開。









【ストーリー】

© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022




舞台はフランス南西部にあるリゾート地ラ・ポワント。ある日、この小さな美しい村で正体不明の怪物に襲われた男性が発見される。観光客で賑わうビーチは大パニックとなり、閉鎖されることに。そんな時、早期退職を予定していた海上警察官の一員マジャはこれがサメの仕業であると推測。最後の任務としてサメ退治に挑む。その後、勇敢な彼女はサメの捕獲に成功し、地元の人からも祝福され引退。しかし、新たに遺体の一部が発見され、海岸地帯は再び警戒態勢に! マジャは地元の人たちから非難を浴び、立場が一転。そして彼女は再び、“サメ退治”に向かう。


© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022
© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022
© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022
© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022
© BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022














監督/脚本:ルドヴィック・ブケルマ、ゾラン・ブケルマ 撮影:ダヴィ・カイエ 美術:ジェレミー・デュシエ 

音楽:アモリ―・シャポティ  特殊効果:パスカル・モリーナ(『ロスト・チルドレン』『ムード・インディゴ うたかたの日々』)

出演:マリナ・フォイス(『ヴィーガンズ・ハム』『THE BEAST』)、カド・メラッド、ジャン=パスカル・サディ、クリスティーヌ・ゴーティエ

2022年/フランス/87分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題: L’ANNEE DU REQUIN/英題:YEAR OF THE SHARK/G/日本語字幕:白鳥美雪

配給:アンプラグド © BAXTER FILMS – LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINÉMA – 2022




8月11日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次公開



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

14 − ten =