本田望結、永江二朗監督が登壇!『きさらぎ駅』U-NEXT 独占先行配信記念!Filmarks「プレチケ」限定上映会舞台挨拶レポート

Blu-ray&DVD&配信 pick-up イベント・映画祭 インタビュー・コメント




インターネット掲示板「2ちゃんねる」発の 《KING OF 都市伝説》
U-NEXT にて独占先行配信中!



本作で映画初主演を飾る恒松祐里を迎え、インターネット掲示板「2ちゃんねる」発、現代版“神隠し”と言われ、人々の心を虜にしてきたKING OF 都市伝説をもとにした映画『きさらぎ駅』
6月3日(金)から全国公開がスタートし、都市伝説の世界を体感できるFPS撮影手法、大胆な構成が話題となり、スマッシュヒットを記録!そして、早くも9月1日(木)からU-NEXTで先行配信が決定した。

先行配信スタートを記念して、Filmarks(フィルマークス)の上映プロジェクト「プレチケ」として、本日、本田望結、永江二朗監督、司会に出演者の坪内守を招き、舞台挨拶+本編上映が開催された。今回はその模様のレポートを紹介する。




映画『きさらぎ駅』はU-NEXT にて独占先行配信中
配信情報ページはこちらから









U-NEXT にて独占先行配信中!










本田望結、永江二朗監督が登壇!
『きさらぎ駅』U-NEXT 独占先行配信記念
Filmarks「プレチケ」限定上映会舞台挨拶オフィシャルレポート



左から、坪内守(おじさん役&司会)、本田望結、永江二朗監督



映画『きさらぎ駅』Filmarks(フィルマークス)「プレチケ」限定上映会舞台挨拶が5日、東京・新宿ピカデリーで行われ、おじさん役で本作に出演の坪内守が司会を務め、女優でフィギュアスケーターの本田望結、メガホンをとった永江二朗監督が登壇した。

 インターネット掲示板発、現代版“神隠し”と言われ、人々の心を虜にしてきた KING OF 都市伝説をもとにした本作。大学で民俗学を学ぶ女子大生の堤春奈(恒松祐里)が、現代版神隠しとしてネット上で話題となった「きさらぎ駅」という異世界駅を卒業論文の題材として決め、その謎に迫る姿を描く。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会

 


6月3日(金)から全国公開がスタートし、都市伝説の世界を体験できるFPS撮影手法、大胆な構成が話題となりスマッシュヒットを記録した本作。同舞台挨拶は、9月1日(木)からU-NEXTで先行配信されることを記念して行われ、きさらぎ駅へ行ったと噂される女性・葉山純子(佐藤江梨子)がきさらぎ駅で出会った女子高生・宮崎明日香を演じた本田は、観客の前に登壇すると「何度か舞台挨拶をやらせていただいたんですけど、今日は台本にも“最後の舞台挨拶”って感じで書かれていたので、スタッフさんたちともお別れだと思うと今は寂しさのほうが勝っています」としみじみと語り、永江監督は「上映してから3か月以上経っていまして、さらに1日からU-NEXTで先行配信されるんですけど、まさかのスマッシュヒットで(公開から)3か月後に舞台挨拶ができるなんて夢にも思っていなかったので嬉しいです」と喜びを口にした。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会

 


改めて、本作がスマッシュヒットしたことについての心境を尋ねられた永江監督は「正直に言うと、今まで監督をやってきてこんなにヒットしたことがなくて(笑)、どんどんと上映が伸びていくという経験はお恥ずかしながら初めてでした」とぶっちゃけつつ、「映画監督を続けてきてよかったなって。苦節十何年、ホラー映画を撮り続けて、こんないいことがあるんだと思って今日を迎えています」と感慨深げに語った。

 また、周囲の反響を聞かれた本田は「妹(本田紗来)のお友だちが私とか関係なく、本当に『きさらぎ駅』を見たくて見に行ったら『紗来のお姉ちゃんが出てた』って私が出ていたことに気付いたみたいで、それは嬉しかったですね」と声を弾ませ、「私自身もお仕事が終わってから映画館に行ったりしたんですけど、何回行ってもお客さんがたくさんで、1番後ろの席からみなさんの反応を見ていたんですけど、まさにバズってるって感じていました」と嬉しそうに語った。

 本作の見どころを尋ねられると、本田は「カメラ自体が不思議で、私も経験したことがないカメラワークだったりもしたので、その場に自分もいるんじゃないかという現象を感じられるのが1番好きですね」と答え、FPS撮影手法は初体験だったそうで「普通のお芝居ってカメラを意識しないことが大事なんですけど、今回はカメラしか意識しなかったですもんね。カメラに写ってないときはカメラをしっかり見て、写った瞬間に動いたりしていました」と打ち明けた。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会

 


そんなFPS撮影手法を取り入れようと思ったきっかけについて、永江監督は「普通にホラーを撮っても今の時代はなかなかバズらないとプロデューサーの方々と話した結果、ホラーゲームみたいな視点の撮り方をしたら面白いんじゃないかとなりました」と経緯を明かしつつ、「ただ、実際にこれをやるとなるとめちゃめちゃ大変で、キャストの方もそうですけど、スタッフの方にも土下座したいくらいの思いでいつも撮影していたくらい大変でした」と苦労を明かした。

 さらに、ホラー映画の出演も初めてだったという本田は、苦労した点を尋ねられると「インタビューでもこれしか答えていないくらい言っているんですけど、普段はいかに自然なお芝居ができるかだと思うんですけど、『ホラーはすぐに反応しちゃいけない』って監督にお会いしてすぐ教えていただきました。すぐに驚いちゃうと、自然だけどお客さんに何が起こったのか伝わらないから、ちゃんと間を持って、カメラが向いてから驚くという不自然な演技がホラー作品では1番大切だと初めて知りました」と打ち明けた。

 加えて、撮影時の思い出を聞かれた本田は「どこにも言っていないことを言います」と前置きをしつつ、撮影中に雨が降ったり、風が吹いたりした影響で音声がきれいに録れていないシーンがあったことを明かし「別の日に何もない部屋で『はー、はー』って音をいっぱい録りました。監督が面白いのは『ここのシーンの悲鳴をお願いします』じゃなくて、『どこのシーンでも使えるように、悲鳴の大中小お願いします』って(笑)。なので、大中小やりましたけど、めっちゃ難しかったです」と裏話を披露した。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会

 


そして、本田の印象を聞かれた永江監督は「この作品で本田望結さんが出てくれるっていうのにびっくりしました。明日香役は初めから本田さんみたいな人が出演してくれないと説得力がないとずっと言っていて、ある種、明日香をみんなで守る旅みたいなものじゃないですか。本田さんのようにみんなが小さいときから知っているような、ある種、特別な才能をお持ちの方しか(明日香役は)ないなと思っていたので、出てくれるって聞いたときはめちゃめちゃ喜びました」と打ち明け、「(本田が演じる)明日香ちゃんの説得力が圧倒的でした」と本田を絶賛。

 一方、永江監督と仕事をした感想を聞かれた本田は「本気でまた新しいものを撮りたいです」と目を輝かせ、「『きさらぎ駅』の続きがあったらめっちゃ面白くないですか?なので次があったらいいなと思いますし、また全然違う作品でも監督が率いる現場チームの皆さんの感じがめちゃめちゃ好きだったので、また仕事をしたいとめっちゃ思います」と熱望し、永江監督は「面白いと思った方はSNSや友人、知人に『よかったよ』と広めていただくと、本田さんが言うように続編なのか、また違う形なのかでまたみなさんにお届けできますので、何卒よろしくお願いいたします」と観客に呼びかけた。



©2022「きさらぎ駅」製作委員会




【イベント概要】

映画『きさらぎ駅』Filmarks(フィルマークス) 「プレチケ」限定上映会舞台挨拶(上映前)

<日 程> 9月5日(月)
<場 所> 新宿ピカデリー シアター6 (東京都新宿区新宿3丁目15−15 9F)
<登 壇 者> 本田望結、永江二朗監督
MC:坪内守 ※本作にておじさん役にて出演もされております。
<時 間> 18:30 舞台挨拶 スタート
18:50頃 フォトセッション
18:55 舞台挨拶 終了












DVDも11月2日(水)リリース!


『きさらぎ駅』[DVD]


【発売日】2022年11月2日(水)
【価格】4,290円(税込)

【特典映像】
・メイキング
・予告

※商品の仕様は変更となる可能性がございます。

発売元:2022「きさらぎ駅」製作委員会
販売元:株式会社ハピネット・メディアマーケティング
©2022「きさらぎ駅」製作委員会










作品解説


そこはたどり着いてはいけない異世界


©2022「きさらぎ駅」製作委員会




2004年、『はすみ』と名乗る女性がこの世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界駅に辿り着いた体験をネット掲示板にリアルタイムに投稿していたが、突然、書き込みが止み、『はすみ』と名乗る女性は二度と掲示板に現れることはなかった。その書き込みを見た人々は彼女の書き込みの真偽についてネット上で様々な意見が交わされ、やがて現代版「神隠し」と呼ばれるほどの話題になった。十数年経過しても各種メディアやSNSでのトレンド入りするなど人気は衰えない。そして…遂に今まで語られてきた伝説をスクリーンで体感できる映画「きさらぎ駅」が登場!


©2022「きさらぎ駅」製作委員会




映画の舞台は現在。十数年来、謎とされてきた「きさらぎ駅」について大学で民俗学を学ぶ女子大生の堤春奈が卒業論文の題材と決める。春奈は「きさらぎ駅」の投稿者『はすみ』とされていた葉山純子という女性の存在を知り、調査の結果、ようやく純子とコンタクトすることができ、遂に対面する機会を得る。この出会いが春奈の運命を大きく狂わせてゆくことになる。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会




「きさらぎ駅」の謎に迫る堤春奈を演じるのは、『凪待ち』(2019/白石和彌監督)でおおさかシネマフェスティバル2020にて新人女優賞を受賞後、『タイトル、拒絶』(2020/山田佳奈監督)や『全裸監督season2』(2021/武正晴、後藤孝太郎監督)でヒロインを務めるなど、話題作への出演が続き注目される恒松祐里。彼女にとって本作が映画初主演となる。

他にも女優、フィギュアスケーターとしても活躍する本田望結、モデル・女優として活躍し、ドラマ「ファイトソング」(22 /TBS)やホラー映画『牛首村』など話題作へ立て続けに出演する莉子、『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』で主演を務めた寺坂頼我、『魔進戦隊キラメイジャー』で人気を博した木原瑠生などが登場。そして、物語の鍵を握る葉山純子には佐藤江梨子が演じる。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会



メガホンを取るのは、『心霊写真部』などのホラー作品や、『真・鮫島事件』『2ちゃんねるの呪い』を始めとするネット都市伝説を元にした映画化で定評のある永江二朗。
また脚本は、「紙兎ロペ」「バイ プレイヤーズ」「ガールガンレディ」『鋼の錬金術師 完結編』など、ドラマ、ホラー、コメディなど幅広いジャンルで活躍する宮本武史が担当! 


十数年、誰も辿り着くことができなかった「きさらぎ駅」の正体が今、スクリーンで明かされる。


©2022「きさらぎ駅」製作委員会












KING OF 都市伝説の衝撃が、全国を駆け巡る!




恒松祐里
本田望結 莉子
寺坂頼我 木原瑠生 瀧七海 堰沢結衣 / 芹澤興人
佐藤江梨子

監督:永江二朗 脚本:宮本武史
制作プロダクション:キャンター 配給:イオンエンターテイメント/ナカチカ
製作:2022「きさらぎ駅」製作委員会
(キャンター / イオンエンターテイメント / ナカチカ / BBB / 博報堂 DY ミュージック&ピクチャーズ)
©2022「きさらぎ駅」製作委員会

公式サイト:kisaragimovie.com
twitter:@kisaragi_movie
Instagram:kisaragi_movie




U-NEXT にて独占先行配信中!










【永江二朗監督ホラー作品】



映画『真・鮫島事件』Amazon Prime Video




【過去の記事】





Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

13 − 9 =