撮影は『パージ』、美術は『死霊館』、衣装は『マリグナント』…監督以外にもホラーの才能が結集!しかし目指した作品はラブストーリー!?10/7公開『ソングバード』の意外な魅力とは!?

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



2024年、世界はゴーストタウン化し、人々は接触を禁止された。
“ハリウッドの破壊王” マイケル・ベイ プロデュースによる戦慄のパンデミック・スリラー



“ハリウッドの破壊王” マイケル・ベイ プロデュースによる戦慄のパンデミック・スリラー『ソングバード』が10月7日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショーされる。

今回は、人気ホラー映画のスタッフが結集した裏側など、『ソングバード』の知られざる魅力を紹介する。




新ポスタービジュアル




新型コロナウイルス COVID-19 は序章に過ぎなかったー
2024年、到死率は56%、死者数は1億1千万を超えた。
隔離を余儀なくされた世界に、希望はあるのか?
これは、近未来への警鐘



© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.



新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、リアルな緊迫感を伴った都市空間――外出制限の真っ只中のロサンゼルスで撮影されたのが、映画『アルマゲドン』(98)や『トランスフォーマー』シリーズで知られる“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイがプロデュースを務めた本作だ。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。2020年7月、ロックダウン下のLAで、iPhone、GoPro、監視用カメラを多用し、撮影を敢行した。

『悪魔の椅子』『ハングマン』などを手掛けるアダム・メイソンが監督を務め、『君といた108日』のKJ・アパ、『ディセンダント』のソフィア・カーソンら新進気鋭の若手と、ブラッドリー・ウィットフォード、デミ・ムーアらベテランとともに、この時期にしか撮ることが出来ないスケール感溢れる作品を作り上げた。

この映画は、決して非現実的な想像の産物ではない。
今の時代のすぐ身近にある、コロナ禍の近未来への警鐘と、自由に向けた可能性の模索。閉塞した終わりが見えない世の中で、我々が「生きる」ための希望の光を探すエンタテインメント大作だ。




10月7日(金)公開『ソングバード』本予告編











美術は『死霊館』、衣装デザインは『マリグナント』…
人気ホラーシリーズを手掛けてきた制作スタッフが集結!
完成した映画は、まさかのラブストーリー!?

© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




コロナ禍が新作映画の公開が延期や中止が相次ぐ中、実際にロックダウンされたロサンゼルスで撮影を敢行した『ソングバード』。
iPhone、GoPro、監視用カメラを駆使し、実際のロックダウン中の街中を映し出した映像は、パンデミック禍のハリウッド映画では初の撮影によるもの。
だからこそ、斬新かつリアルな風景を観客は目の当たりにできる。もしかしたら本作は今後見ることはできないロサンゼルスの風景を収めた作品と言える。


© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




そんな今作の制作スタッフはホラー映画を得意とするアダム・メイソンをはじめ、人気ホラーシリーズの制作スタッフが集結している。

アダム・メイソン監督は『悪魔の椅子』(08)、スリラー映画『ハングマン』(15)などを手掛けてきた。
撮影は『パージ』シリーズのジャック・ジュ―フレが務め、美術は「死霊館」シリーズや「アナベル」シリーズのジェニファー・スペンス、衣装デザインもジェームズ・ワン監督の『マリグナント 凶暴な悪夢』(21)などのリサ・ノルチャが担当している。
製作のマイケル・ベイもこれまでのプロデュース作には『パージ』シリーズや「クワイエット・プレイス」シリーズがある。
まさしくホラー映画ファンにとっては見逃せないスタッフが集結して完成させた本作だが、意外にも監督は「アクションたっぷりのラブストーリーにした!」と断言。


Sofia Carson and KJ Apa star in SONGBIRD © 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




ヒロインのサラを演じたソフィア・カーソンも「愛がこの映画の物語の中心で、そこから私たちは最高に美しいことを学ぶの」と語る。

ホラーの作り手とラブストーリー、一見ミスマッチに思われる組み合わせだが、実はホラーの極限状況は昔から“吊り橋効果”といわれ、男女の距離が縮まり、愛が育まれやすい。加えて、優れたホラー演出は、追いつめられた男女の必死の芝居や、鬼気迫る表情をとらえ、俳優たちの魅力を最大限に引き出す。

つまりホラーのスペシャリストによるラブストーリーとは、最高の組み合わせでもあるのだ。

コロナ禍という極限状況の中で、彼らが生み出したラブストーリーは一体どんな物語なのか?
ぜひ大きなスクリーンで確かめていただきたい!


© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.








STORY

© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.




ウイルスに免疫がある運び屋ニコは、ロックダウン下で恋におち、ドアやスマートフォン越しに愛を通わせる恋人サラと、いつか顔を合わせて触れ合うことを夢見ていた。
しかし、ウイルスの脅威がさらに増し続けるうち、サラの感染が疑われはじめ、彼女は「Qゾーン」と呼ばれる施設に徹底隔離されそうになる。
組織の陰謀が渦巻く中で、ニコはサラを救う唯一の方法を求めて、荒廃したロサンゼルスの街を必死に駆け抜けるのだが―。



© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.









製作:マイケル・ベイ マルセイ・A・ブラウン ジェイソン・クラーク ジャネット・ヴォルトゥルノ アダム・グッドマン アンドリュー・シュガーマン エベン・デヴィッドソン 

出演:KJ・アパ ソフィア・カーソン クレイグ・ロビンソン ブラッドリー・ウィットフォード ピーター・ストーメア アレクサンドラ・ダダリオ ポール・ウォルター・ハウザー デミ・ムーア

監督・脚本:アダム・メイソン 共同脚本:サイモン・ボーイズ  2020年/アメリカ/英語・スペイン語/5.1ch/シネスコ/84分/原題:SONGBIRD

提供:WOWOW 配給:ポニー・キャニオン 

© 2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.  

songbird-movie.jp




10 月 7 日(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー









【関連記事】








Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × three =