ベルリン国際映画祭への正式招待が決定!熊切和嘉監督×中島裕翔主演によるシチュエーションスリラー『#マンホール』2/10(金)公開!

pick-up オススメ 映画



結婚式前夜、男は幸せの絶頂から、転落した―



『ライアーゲーム』シリーズ、『マスカレード・ホテル』シリーズ等の脚本家である岡田道尚のオリジナル脚本を基に、『海炭市叙景』『私の男』などで海外からも高い評価を受ける熊切和嘉監督が手掛ける、中島裕翔主演のオリジナルシチュエーションスリラー映画『#マンホール』(読み:ハッシュタグ・マンホール)が2023 年 2 月 10 日(金) TOHO シネマズ日比谷ほかにて全国ロードショーされる。

この度、本作が2月16日(木)~26日(日)に開催される第73回ベルリン国際映画祭にて、ベルリナーレ・スペシャル部門に正式招待されることが決定した。




『#マンホール』メインビジュアル














第 73 回ベルリン国際映画祭
ベルリナーレ・スペシャル部門への正式招待が決定!

中島裕翔驚きのサプライズ発表動画も到着!
「ベルリンで会いましょう!」



©2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.


ベルリン国際映画祭は、カンヌ国際映画祭・ヴェネチア国際映画祭などと並んで世界三大映画祭に位置づけられており、1951年から続く歴史ある祭典。なかでもベルリナーレ・スペシャル部門では、エンタテインメント性や話題性、さらに多様性のある特別作品が選出される。

ベルリン国際映画祭ベルリナーレ・スペシャル部門での日本の劇映画の上映は、2016年の黒沢清監督『クリーピー偽りの隣人』以来7年ぶり。今回の正式招待にあたり、中島裕翔と熊切監督からコメントおよび熊切監督による中島へのサプライズ発表動画が到着。





中島は「世界的に栄誉ある映画祭の一つであるベルリン映画祭に迎えて頂けるのはとても光栄です」と感無量。ベルリン映画祭の印象については、「世界中から豪華なキャスト、スタッフが一堂に会する、華やかなイベント。それぞれの映画を通して文化交流ができる素敵な機会だと思います」と話し、「この作品への世界からの反応がとても楽しみです。また一つ世界を学べる機会になると思うので、沢山の事を吸収したいです」とコメント。初参加となるベルリン国際映画祭に向けて期待に胸を膨らませた。熊切監督は『鬼畜大宴会』(97)、『空の穴』(01)以来22年ぶりのベルリン国際映画祭となる。「『#マンホール』は思う存分ジャンル映画への愛を炸裂させた作品でして、それがまさかベルリンのような歴史ある映画祭に選んでいただけるとは、正直まだ狐につままれたような心境です。現地でどんな反応があるのか、楽しみ半分、怖くもありますが、何より『映画俳優・中島裕翔』が世界へ羽ばたく第一歩をともに踏み出せたことが嬉しくてなりません」と久しぶりのベルリン国際映画祭からの招待を喜んだ。
映画祭には中島裕翔と熊切監督が出席し、レッドカーペットに登場する予定。


©2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.



<2010年以降のベルリナーレ・スペシャル部門招待 日本関連作品>


(劇映画)
2016年:『クリーピー偽りの隣人』黒沢清監督
2013年:『東京家族』山田洋二監督
2010年:『儀式』(1971) 大島渚監督

(ドキュメンタリー作品)
2018年:『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』ティーブン・ノムラ・シブル監督












コメント

©2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.




中島裕翔


世界的に栄誉ある映画祭の一つであるベルリン映画祭に迎えて頂けるのはとても光栄です。
世界中から豪華なキャスト、スタッフが一堂に会する、華やかなイベント。それぞれの映画を通して文化交流ができる素敵な機会だと思います。 この作品への世界からの反応がとても楽しみです。また一つ世界を学べる機会になると思うので、沢山の事を吸収したいです。





熊切和嘉監督


ベルリン映画祭への参加は実に22年ぶりになるのですが、『#マンホール』は思う存分ジャンル映画への愛を炸裂させた作品でして、それがまさかベルリンのような歴史ある映画祭に選んでいただけるとは、正直まだ狐につままれたような心境です。
現地でどんな反応があるのか、楽しみ半分、怖くもありますが、何より「映画俳優・中島裕翔」が世界へ羽ばたく第一歩をともに踏み出せたことが嬉しくてなりません。











<STORY>

©2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.




勤務先の不動産会社での営業成績は№1、社長令嬢との結婚も決まり、将来を約束された男・川村。結婚式前夜に開かれたサプライズパーティの帰り道、酩酊した彼はマンホールの底に落ちてしまう。深夜、穴の底で目を覚ました川村は、手元にある唯一の道具・スマートフォンを駆使し、GPSで居場所を探るが誤作動を起こしてしまう。警察や友人知人、果ては元カノにまで助けを求めるも状況は悪化の一途をたどるのだった。ついにはSNSでアカウントを立ち上げ、フォロワーに助けを乞いながら脱出を試みるのだが・・・。









【作品情報】

【#マンホール】(読み:ハッシュタグ・マンホール)

監督:熊切和嘉 『海炭市叙景』『私の男』

原案・脚本:岡田道尚 『ライアーゲーム』シリーズ、『マスカレード・ホテル』シリーズ

出演:中島裕翔『ピンクとグレー』『僕らのごはんは明日で待ってる』、奈緒、永山絢斗ほか

制作プロダクション:ツインズジャパン 

製作幹事・配給:ギャガ

©2023 Gaga Corporation/J Storm Inc.

公式サイト:gaga.ne.jp/manhole/
公式twitter: twitter.com/manhole_movie @manhole_movie
公式Instagram:instagram.com/manhole_movie/
公式tiktok:tiktok.com/@manhole_movie



2023 年2月10 日(金) TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー










【過去の関連記事】






Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

12 + four =