国内外の映画祭にて13冠に輝いた衝撃の短編映画『うまれる』6月23日(金)公開決定!予告編解禁!清水 崇、足立紳から絶賛コメント到着!

pick-up インタビュー・コメント オススメ 映画



質問です━。
あなたの子供がいじめで殺されたら復讐しますか?


国内外の映画祭で13冠を獲得し、多くの称賛の声を集めた衝撃の短編映画『うまれる』が6月23日(金)よりテアトル新宿にて公開、またシネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、UPLINK京都においても順次公開することが決定した。
大切な娘の命を理不尽に奪われた母親の、危険で究極な愛情を描いている。
公開決定とともに、ポスタービジュアル、予告編も解禁された。
また、衝撃の短編映画公開を祝い、清水 崇監督、足立 紳監督からの絶賛応援コメントも到着した。




監督は、CMディレクターとして多数の広告賞の受賞歴を誇る鬼才、田中聡。

子供に関する悲惨なニュースを見るたびに、もし、自分の子供が同じような目にあった場合、復讐という気持ちが芽生えるのだろうか、という思いから作品製作のきっかけとなった。





出演は、歴史ある新劇5劇団、青年座、文学座、俳優座、演劇集団円、そしてテアトル・エコーに所属する同世代の女優7人による演劇ユニット「On7(オンナナ)」のメンバー、安藤瞳、保亜美、渋谷はるか、小暮智美、吉田久美、尾身美詞、そして宮山知衣。彼女たちの、映画終盤の狂気に満ちた迫真の演技に注目したい。





賛否両論、必至!理性という扉に隠された人間の奥底に潜む本性が引きずり出され、驚愕のラストから目を逸らすことは許されない本作が、初夏、到来する。







映画『うまれる』予告編











【清水 崇、足立 紳からの応援コメント】





手に汗握り、歯を食いしばらざるをえなくなる!
人には許されざる闇がある!あなたにも!私にも!
ここ数年で、こんなにもスクリーン前で感情的になったのは本作きりだ。
いや、感情的にさせられた。ならざるをえなかった。
親にも、子にも、教育や法律関係の方にこそ観てほしい映画です。
賛否両論出るのはわかるが・・・・・・
目を背けちゃいけない人間の想いを観てほしい。
まさに今この時も、そして昨日も明日も、きっと・・・・・・
報道やニュースでは語られきれない“本当の痛み”を味わえます。
こんな思いに駆られている人がいる事、
こんな思いに駆らせてしまう可能性が誰も十分にある事、を
胸に焼き付けていたい・・・・・・痛すぎる。

清水 崇(映画監督) 









映画が始まった瞬間から終わるまでの約30分間ほど、
瞬きをしなかったんじゃないかと思うほど
食い入るように観ていた。
本物の感情が描かれているからだと思う。
描いてみたいけど、描いて大丈夫なのかな?どうしよ、、
などと躊躇していたらやられてしまった感覚だ。
赤ちゃんは産道を出てくるときがもっとも苦しく
必死というようなことをどこかで聞いたことがあるが、
その苦しさと必死さのようなものが
映画の中にのたうち回っていた。



足立 紳(映画監督)











STORY




安川良子の娘の安川裕美(小学五年生)は天然パーマなのでクラスメイトからいじめられていた。床屋を経営する良子は忙しく、娘が髪の毛のことでいじめられているのを知りながらも何もしてやれなかった。
そんな折、突然、娘の裕美が崖からの転落事故で亡くなってしまう。娘がいじめられているのを知っていた良子は、その事故を疑い、いじめが原因で亡くなったと訴えるが誰からも聞き入れられることはなかった。しかし、あるきっかけから、良子は娘の死の驚愕の真相を知ってしまう。










脚本・監督:田中 聡 (Satoshi Tanaka)プロフィール>

1976年、愛知県出身。
CMディレクター。CMを中心にPVや短編映画など監督作品多数。
CMでは国内外の多数の広告賞を受賞。

監督作品は、初の劇場公開作品であり、中村晴日、三浦誠己、柄本時生、奥貫薫、渡辺哲ら実力派俳優陣出演の短編『小指ラプソディ』(2014)、短編『あの娘の神様』(2019)、短編『あの娘の雫』(2021)、短編『そしてたるんだ腹』(2021)のほか、国内映画祭にて話題となった、戦隊ヒーローになれず、落ちぶれてただ生きているだけの男の悲哀を描いた衝撃作『ひどくくすんだ赤』(2022)。また現在、初の劇場長編作品の製作も控えている。





映画『うまれる』【映画祭受賞歴】

山形国際ムービーフェスティバル2021 観客賞審査委員特別賞
東京インディペンデント映画祭2022 準グランプリ
神戸インディペンデント映画祭2021 準グランプリ
第4回広島こわい映画祭 グランプリ
滋賀国際映画祭2022 優秀賞
第12回オイド映画祭 オールキャスト演技賞
第1回パルマ短編映画祭 審査員特別賞
沖縄NICE映画祭2022 特別賞
第14回福岡インディペンデント映画祭2022 優秀作品
FilmQuest 2022 / Best Foreign Short
2022 FirstGlance Film Festival Philadelphia / Best Director (Short)
2022 Montreal Independent Film Festival / Best Narrative Short










安藤 瞳 保 亜美 渋谷はるか 小暮智美 吉田久美 尾身美詞 宮山知衣
安山夢子 田中千空 望月美友蘭 御守このか 上野璃子 洞澪 鈴木琉月 前原幸來 羽子田洋子 中島愛子 山中志歩

脚本・監督:田中 聡
協力:テアトルアカデミー/青年座/文学座/俳優座/演劇集団円/テアトル・エコー放送映画部 
企画・製作:On7 配給:ニチホランド
上映時間:33分/(C)2021 On7
2021/日本/DCP/カラー/16:9/5.1ch
toge-toge.com/umareru      (R15+)作品




6月23日(金)テアトル新宿ほか全国順次公開



Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven − 8 =