【ほん怖】4年ぶりの夏!『ほんとにあった怖い話2022』8/20放送!実録心霊ドラマ・神尾楓珠コメント!連載「Jホラーのすべて」でも注目度急上昇!

pick-up インタビュー・コメント オススメ テレビ・ラジオ



今年も稲垣吾郎が真夏の夜をゾっとさせる!
注目の俳優・神尾楓珠が実録心霊ドラマで熱演!



フジテレビでは8月20日(土)21時から、土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』を放送する。
1999年にスタートした『ほんとにあった怖い話』(通称:『ほん怖』)は、実際に人々が体験した怖い話をリアルに描くリアルホラーエンターテインメント。心霊体験をした視聴者の証言をもとに、ゾッとする恐怖や心霊現象の不安に翻弄(ほんろう)されつつも立ち向かっていく姿を描く。そんな『ほん怖』が今年も帰ってくる!『ほん怖』クラブリーダーは稲垣吾郎が務め、小学生を中心に構成されたクラブメンバーと共に恐怖体験を紹介していく。

今回は実録心霊ドラマの一つ『非常通報』を中心に、シリーズ初出演で主演の神尾楓珠らキャストのコメントや場面写真を紹介する。



『ほん怖』クラブリーダー 稲垣吾郎





人気記事ランキングでも一位を獲得した「ほん怖」秘話


「ほん怖」といえば、当サイトの人気連載企画「Jホラーのすべて 鶴田法男」でも触れている通り、元々は、鶴田法男監督が31年前に手掛けたオリジナルビデオ「ほんとにあった怖い話」から生まれた企画(原作は同じ朝日新聞出版のコミック)。
鶴田監督はドラマ版でも監督を務め、佐藤健主演の「顔の道」など、数々の傑作を生み出している。
連載の中でも、度々、ドラマ版の裏話(「顔の道」制作裏話、ドラマ版「ほん怖」誕生秘話)などが披露されているが、今回の新作ドラマスペシャルの情報解禁後には、連載の注目度も急上昇。日替わりの人気記事ランキングでも一位を獲得した。これには鶴田監督もSNSでメッセージを寄せている。
過去の「ほん怖」の秘話を紐解けば、新作がより楽しめることは間違いないだろう。











「ほん怖2022」実録心霊ドラマ新作『非常通報』!
シリーズ初出演で主演の神尾楓珠のコメント、キャスト場面写真を紹介!




ドラマパートの1つ『非常通報』では注目の俳優・神尾楓珠がシリーズ初出演で主演を務める。

今回神尾が演じるのは、警備会社に勤める新人警備員の高橋亮太(たかはし・りょうた)。ある日、亮太は先輩警備員の西田哲志(にしだ・てつし)と共に夜間業務をしていると、管轄内のシルバーセンターから非常通報が入る。深夜の通報に恐る恐る現場に向かう亮太だったが、通報現場に到着すると住人の山内一茂(やまうち・かずしげ)が苦しんでいた。すぐさま救急車を呼ぶも間に合わず山内は帰らぬ人となり、亮太は「自分がもう少し早く到着していれば…」と悔やむのだった。そんなある日、亮太は恋人の如月美沙(きさらぎ・みさ)とデートしていると、美沙の母・郁恵(いくえ)から着信が。夕方にもかかわらず帰宅を促す連絡があり、亮太は美沙に不満をぶつける。言い合いになると美沙は先に帰宅しようと歩き出すが…亮太は美沙の様子がおかしいことに気付く――。

『非常通報』でホラー作品初主演を務める神尾は、テレビドラマをはじめ映画やCMにも引っ張りだこ。話題作への出演が途切れることなく続いている注目の俳優である。特に今年はすでに公開された映画作品だけで3本、そして舞台では『薔薇とサムライ2―海賊女王の帰還―』の公開を控える。また、ドラマ作品では『ナンバMG5』(2022年、フジテレビ系)での親友思いの硬派なヤンキーが記憶に新しいが、『17才の帝国』(2022年、NHK総合)、『オールドルーキー』(2022年、TBS系)など立て続けに出演している。さまざまな作品で幅広い役どころを演じている神尾が恐怖体験を通じてどのような表情を見せるのか…注目いただきたい。










神尾楓珠コメント


――『ほん怖』への出演が決まった際の感想を教えてください

『ほん怖』は小さいころから見ていた番組で、夏になると家族や友人と見ながら叫んだり楽しんだりするのが毎年恒例の行事になっていました。そんな『ほん怖』にまさか自分が出演できるとは思っていなかったので、とても光栄です。佐藤健さんの『汲怨(きゅうえん)のまなざし』や、本仮屋ユイカさんの『訪問者』は特に怖かった思い出があります…。

――脚本を読んだ感想は?

短いストーリーの中に盛りだくさんの内容と恐怖が詰まっています。「ゾッ」としたり「怖っ」と感じたりするポイントが1回だけでなく何度もあるので、最初から最後まであっという間に見終わってしまうぐらいの濃い内容になっています。

――神尾さんが最近体験した不思議体験はありますか?

なぜかいつも、トイレへ行った後に…ズボンのチャックを閉め忘れて出てきてしまうんです。忘れモノなど多い方ではないと思うのですが、そこだけは直らなくて…。だから毎回、収録本番前にはスタイリストさんに“チャックチェック”をしていただいています(笑)

――神尾さんにとって“夏の風物詩”はありますか?

子どもの頃から夏になると、祖母の故郷に親戚一同で集まる家族行事があったんです。でも最近はいとこもみんな大人になって忙しくなってしまったり、特に今は大人数で集まりづらい状況でもあるので、また親戚で集まれる日が来たらいいなと思います。みんなでわんこそばを食べた思い出が懐かしいですね。

――放送を楽しみにしている視聴者の方々へメッセージをお願いします!

本当に盛りだくさんの恐怖が詰まっていて、短編ではなく連続ドラマに近い感覚で楽しめると思います。リアルな恐怖感も楽しみにしてもらいつつ、普段はあまり見せることのない僕の驚いた表情にも注目していただきたいです!





◆プロデュース・大野公紀(フジテレビ ドラマ・映画制作センター)

「ここ数年、ハロウィーンの時期に放送してきた『ほん怖』が4年ぶりに“真夏の夜”に帰ってきました!稲垣吾郎さん率いるほん怖クラブのメンバーに、暑い夜をさらに盛り上げていただきます。『ほん怖』ではタイトルの通り、実際に誰かが体験した心霊現象をドラマ化しています。学校、職場、家庭など、皆さんの身近な場所で起きたリアルホラーをご覧いただき、ぜひ夏の暑さや日常のモヤモヤを吹き飛ばしてください。そしてドラマパート『非常通報』の主人公は、令和を代表する注目の俳優・神尾楓珠さんです。誰に対しても優しいけれど、それが逆にアダとなってしまう――。そんな一見どこにでもいそうな、悩める新社会人を演じていただきます。数々の話題作で多彩な表情を見せる神尾さんは、この『ほん怖』がホラー作品初主演になります。今まで見ることのなかった神尾さんの新たな一面にぜひ注目してください!」







『非常通報』では大友花恋5年ぶりの『ほん怖』でヒロイン!
さらに千原せいじ&田中美佐子が初出演!!



『非常通報』では他にも、大友花恋、千原せいじ、田中美佐子が出演。

注目の若手女優・大友は主人公の新人警備員・高橋亮太(たかはし・りょうた、神尾)の恋人役で、5年ぶりに『ほん怖』出演。また、千原は亮太の先輩警備員・西田哲志(にしだ・てつし)を、田中は大友演じる如月美沙(きさらぎ・みさ)の母・郁恵(いくえ)を演じる。

ある日、亮太は先輩警備員の西田と共に夜間業務をしていると、管轄内のシルバーセンターから非常通報が入る。深夜の通報に恐る恐る現場に向かう亮太だったが、通報現場に到着すると住人の山内一茂(やまうち・かずしげ)が苦しんでいた。すぐさま救急車を呼ぶも間に合わず山内は帰らぬ人となり、「自分がもう少し早く到着していれば…」と悔やむ亮太。そんなある日、亮太は恋人の美沙とデートしていると、郁恵から着信が。夕方にもかかわらず帰宅を促す連絡があり、亮太は美沙に不満をぶつける。言い合いになると美沙は先に帰宅しようと歩き出すが…亮太は彼女の様子がおかしいことに気付く。急に何かに取りつかれたようにうめき声を上げる美沙。異常な姿に焦る亮太の視線の先には山内の姿が…。その場で美沙は大ケガをし、入院することに。その後、事あるごとに亮太の前には山内が現れ、怪奇現象に悩まされる日々が続く。そんなある日、亮太のスマホに美沙から「助けて」というメッセージが入る――。


大友花恋




今作でヒロインを務める大友は『結婚同窓会 〜SEASIDE LOVE〜』(2012年、フジテレビ)で女優デビューを果たすと、雑誌『Seventeen』専属モデルなどを務めながらテレビドラマ、バラエティー、映画と幅広く活躍。『ほん怖』は夏の特別編2017の『お墓はどこでしょうか』以来の出演となる。


千原せいじ



千原は実弟の千原ジュニアとお笑いコンビ・千原兄弟を結成後、さまざまなバラエティー番組で活躍。芸人だけでなく俳優としてもテレビドラマ、映画へ出演し、さまざまな役をこなす。フジテレビ作品としては『新ナニワ金融道』(2015年、フジテレビ)以来の出演となる。


田中美佐子




田中は大学卒業後に女優デビューすると、ドラマや映画を中心にさまざまな作品で主演を務める。近年はバラエティー番組でも活躍し、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では趣味でもある釣りのスキルを生かした企画にも出演している。





◆プロデュース・大野公紀

「ドラマ『非常通報』をより怖く、より魅力的に描く上で、素晴らしい方々にご出演いただくことが決まりとてもうれしく思っています。大友花恋さん演じる美沙は、亮太の彼女であり母親思いの心優しき女性。可憐な雰囲気と共に意思の強さを合わせ持つこの役を演じていただくのは、大友さんしかいないと考えていました。『ほん怖』には5年ぶりのご出演となり、今回ヒロインとしての姿にもぜひ注目して下さい。

千原せいじさんには、亮太の職場の先輩役を演じていただきます。普段は冗談で職場を盛り上げるムードメーカーでありながら、実は強い霊感の持ち主で、周囲が見えているという役を考えたときに、真っ先に頭に浮かんだのがせいじさんでした。現場でもユーモアたっぷりに演じていただいています。

田中美佐子さん演じる郁恵は、美沙の母親役です。優しい母親であるとともに、娘のことになるとある種の恐ろしさも感じさせるという役どころ。物語にとって非常に重要なこの二面性を、田中さんに表現していただきたいと思い、ご出演をお願い致しました。田中さんだからこそ表現していただけた“すごみ“にぜひご注目ください。

リアルホラーとしての怖さはもちろん、それぞれの登場人物がどのように交わっていくのか。その人間模様もぜひお楽しみいただけましたら幸いです!」










番組概要

≪タイトル≫
土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』

≪放送日時≫
8月20日(土)  21時~23時10分

≪出演者≫

『ほん怖』クラブリーダー:稲垣吾郎

『非常通報』
高橋亮太:神尾楓珠
如月美沙:大友花恋
西田哲志:千原せいじ
如月郁恵:田中美佐子

≪脚本≫
酒巻浩史、三宅隆太

≪演出≫
下畠優太

≪プロデュース≫
大野公紀、後藤博幸(FILM)

≪プロデューサー≫
古郡真也(FILM)

≪原作≫
『ほんとにあった怖い話』『HONKOWA』(朝日新聞出版)

≪制作・著作≫
フジテレビ ドラマ・映画制作センター

【公式HP】https://www.fujitv.co.jp/honkowa/

【公式Twitter】https://twitter.com/honkowa_fuji

【公式Instagram】https://www.instagram.com/honkowa_fujitv/




土曜プレミアム
『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2022』
8月20日(土)夜9時より放送!









Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eight + twenty =